2017_10
17
(Tue)14:42

急激な寒さ、鈍る動き

 ここ数日の冷たい雨で体調がいつも以上に不良気味です。
 日曜日から左腕が妙に痺れたり痛んだり、しくしくしたり。お風呂に入ると症状がなくなるので単なる血行不良のような気がしてきましたが(オイ)。ストレッチしつつ、あったかいもの飲みつつ、今日もまったり過ごしております。雨だと衣替えとか掃除とかする気になれないのだ……そろそろイ草ラグからホットカーペットに替えたいんだけど。どこから手をつけよう(汗)。
 明日は小学校の参観日だし、週末は病院行ったり病院行ったりする予定があるので今週は何もできません(ヲイ)。
 ちなみにハラノコは元気。また来週健診です。いよいよ体重が1kg到達したみたい。どんどん重くなるのだ。ずっしり。

 先週読んだ本「御伽噺を翔ける魔女」
 よくよく考えるとビーズログ文庫アリスの作品を読んだのはこれが初めてかもしれない。なんか対象年齢が中学生あたりの印象があって、手に取りにくかったというか(ボソ)。まぁもうちょっとしたら娘(ほーちゃんは友人の影響か、さいきんボカロ小説に興味が出てきたらしい)が読むかもしれぬレーベルって感じ(何)。
 カクヨムコンで受賞された作品だけあって、骨太です。児童文学の延長線にありながらライトでポップで切ないお話だと思いました。

 先週末に読んだ本「18禁乙女ゲームの世界でハーレム執着されました」
 お仕事小説の形をとりつつ、トリップ要素もちゃっかりある一粒で二度おいしい感じの物語。
 実際にゲーム開発の現場をのぞいているような臨場感と、ありえないハーレムとのギャップがすごい。
 この方の作品にしてみたら艶要素が少なくて(まぁ攻略キャラが多いし)それがちょっと物足りなかったかも。

 土曜日に読んだ本「月華迷宮の巫女 奪われた純心」
 積読になってました。自身の身体は奪われても心までは奪われまいと必死になるヒロインと愛するのが不器用な王様の王道ロマンス。しょっぱなのジレジレが嘘のように互いの想いが実ってからの展開が一気に来てびっくりした(ぇ)。

 日曜日に読んだ本「傲慢王とシンデレラ姫 ~愛の運命に結ばれて~」
 タイトルには傲慢王って書かれてるけど、それほど傲慢には見えないヒーローでした。ヒロインに対してのデレが強すぎて(オイ)、そんなんでいいの王様(笑)。ヒロインの方が地に足がついているというか、元王女で下働きという環境にいたからかあれこれ考えちゃってるみたいで……これはこれで放っておけなかったです(ぇ)。

 創作的小話。
 もうちょっと病院病院な日々がつづきそうなので新作を上梓するのは諦めました。ひとまず。

 プチプリさんの方で「春ひとひらの雪とけて」第二部ラストまで予約投稿済みです。
 平日のお昼に1エピソードずつ掲載する感じにしたらちょうど10/31のお昼更新で第二部が終わるようになりました。11月に入って落ち着いたら(?)、第三部の方も準備していきます。「朱黒」の方も十一月に入ったら新エピソードあげていきたいです。

 それからメクるさんの方で「斎女神と夜の騎士 ~星の音色が導く神謡~」をあげはじめました。
 先に謝っておきます(お礼短編とかいいながらぜんぜん書けそうにない……)。前作とはまったく関係ないむかし書いた長編ファンタジーです。しいていえばヒーローが生物教師、って共通点しかない(オイ)、自己満足な作品です。
 なので更新頻度も特に決めず、時間があるときにせっせと投稿していくスタイルになるかと思います(野イバラさんのように毎回宣伝はしないと思う)。既に週末金曜日夕方の予約投稿済みです(一気に二章まで)。カクヨム版を移植するような感じかな。

 まぁ出産前後まではこの作品たちをメインにぼちぼち進めていきたいと思います。もしかしたら思い付きで何か短編とか書けちゃうかもしれないけど(こればっかりはわからない)。
 いつもマイペースですがそれ以上にマイペースに、だけど動きは止めないでいきたいな。