FC2ブログ
2017_08
28
(Mon)17:31

宿題が驚きの白さ

 ようやくほーちゃんが宿題にとりかかりました(遅いよ)。
 そして「終わる気がしない」「集中力がもたない」「さーちゃんが邪魔する」etc、文句ばっかり言ってます(笑)。
 さてさて、あと四日で終わらせることができるかなぁ? もうママは何もしないぞ。自力でどーにかしてくれぃ。

 先週読んだ本「傲慢貴族の惑溺愛」
 前妻と愛のない結婚をしたことで臆病になっていたヒーローが、惑いながらもヒロインに溺れていく姿がイイ(何)。
 ヒロインもそんな彼を必死になって愛して、彼の周りのひとたちを、家族の形をも変えていく。なんとも味わい深いヴィクトリアンロマンスでした。

 週末に読んだ本「蜜夜 薔薇の花嫁は愛に溺れる」
 教会から迫害を受け、森の中で身を隠して生活していた魔女(この場合医術者)ヒロインがどうしても治したいひとがいるという執念で彼女を求めるヒーローと出逢い、恋愛関係になるも、治したいひとというのがヒーローの婚約者だった、というあらすじからしてぐっとくる設定。ジャンさんのようなヒーローの幼馴染がいい味出してました。

 昨日読んだ本「溺愛志願 恋人は檻の中」
 サブタイトルが素敵。望まない結婚を目前に控えたヒロインが、祖父の遺した書物を読み解くためにワケアリな囚人に会いに行き、恋に発展するというロマンティックな物語……中世イタリアを彷彿させる世界観もあたひ好みでした(笑)。

 創作的小話。
 さきほど野イバラさんを更新しました。ゾウリムシの出てこないイチャラブ回です(仮)。
 珍しく章タイトルをひとつ飛ばしておりました。「ロミオとジュリエット」から「白雪姫」へ訂正しております(何)。ロミジュリ回は次章のタイトルに使用予定です。え、どっちでもいいって?
 次あたり修羅場というか話が佳境に入るはず……

 また、「銀翼のアリーチェ」を無事に完結まで公開することができましたー。
 あとがきでは当時のこととか選評とかちょろっと触れてますので、よかったらのぞいてみてくださいな。

 そんで九月に入ったら、新しい物語を書き始めるかも? 異世界トリップリベンジか? それとも?
 そのへんのことは子どもたちが二学期入って自分の時間がもっとまとめて取れるようになったらブログでお伝えしまーす。