2016_12
31
(Sat)07:50

年のおわりのご挨拶

 大晦日です。
 おせちは筑前煮とぶりの照り焼きを残すのみとなっております(黒豆と肉巻きと栗きんとんは昨日までに作った←快挙!)。
 そんなわけで今年はいつもより余裕をもって新年を迎えられる? かなぁ。
 大掃除は子どもたちが学校や幼稚園に行ってる間に窓掃除と床拭きした程度なので、冬休みが終わってからもう少しお手入れしたいなぁと思う今日この頃です。寒すぎると逆に何もする気が起きな(以下自主規制)。

 先週から今週にかけて読んだ本「赤と黒の針騎士 茨に誓う彼の名は」
「赤と黒の針騎士 預言に挑む恋の名は」
 この方の作品を読むのは初めてでしたが、ファンタジー世界の緻密なまでの舞台設定に圧倒された感じです。
 預言によって決められた世界で繰り広げられるヒロインの恋の行方にドキドキ。二転三転する食えないヒーローや女子力の高い妹のキャラクターも良かったです。

 一昨日までに読んだ本「明治東亰恋伽 紅月夜の婚約者」
「明治東亰恋伽 恋月夜の花嫁」
 積読になっていた乙女ゲームのノベライズ作品。異世界トリップもののはしりともいえるんじゃなかろうか(今更)。
 奇術師によって明治時代に連れてこられた現代の女子高生が著名なヒーローたちと知り合い、化学反応を起こしていくというストーリー展開も読み応えありました。ゲームは未プレイですが、この世界観は好きだなぁ……

 そんなわけで今年もあとちょっとなのです。
 今年を振り返ろうかなと過去のブログ記事をみたけどたいして役に立たな(オイ)。
 自分の創作的には今年の二月に雑誌cobaltで短編小説新人賞最終候補に選ばれたのが寝耳に水ですかね(思い返せば今年のことだった!)。ちょうど雑誌が休刊してWebへ変わろうとする直前(第180回)だったため、紙媒体で選評が読めたのが嬉しくも切ない思い出。Webコバルトになってからはなかなか読みに行けてません(苦笑)。でも、いろんな企画も開催されているのでなんだかんだチェックはしております。
 自分的にはコバルトでの投稿はずっと短編で成果をだしたいと思っていたから、ひとまずこれで満足してしまったのですが(ダメじゃん)、時間に余裕がでてきたらまた書くかもしれません、短編(あと、ノベルも←今回参加される皆様頑張ってください!)。
 ちなみに「銀翼のアリーチェ」は、公開するならメクるさんで公開したいなぁと考えてます。いつになるかはわからないけど(逃)!
 そして六月から突発的にはじめた小説投稿サイト「メクる」でのTLコンテスト参加。乙女系作品はいっぱい読んでいたけど、自分で書いてそれをひとさまに読んでいただくという試みは初めてだったのでドキドキでした。いままで雑誌での投稿ばっかりだったから、Webからのコンテスト参加ってのも新鮮でした。まぁ結果はアレですが(なんでヒロインじゃなくてヒーロー転生させたんだ!?)。
 メクるさんを通じて知り合えた方々もいらっしゃるし、この新しいご縁も素晴らしい未来へ繋げていきたいなぁと思ってます。
 そこからカクヨムさんにもチャレンジしてみようと飛び込んでみたり。先週から第二回カクヨムコンテストがはじまっているので年明けあたりから現代ファンタジー部門に何かしら投稿してみたいなぁと計画中です(仮)。こっちは創作ノート機能とかぜんぜん使いこなせてないし、投稿するだけして放置してるところもあるのですが、時間があればもうちょっと遊んでみたいな(希望的観測)。

 そんなわけで今年もカボス的日常におつきあいいただきありがとうございました(ぺこり)。
 ようやく私生活と創作のバランスがとれてきた2016年かな。来年はさらなる飛躍目指して(目指すだけ?)……!

 よいおとしを!