2007_07
23
(Mon)23:28

あたひたち、結婚しました

 と、いうわけでブログのテンプレートを結婚報告ハガキ風にしてみた(笑)。期間限定のタイトルプレートです。
 なかなかいい写真がなくてこんな風にごまかしてしまいました(汗)。
 いくつかピックアップしたものをフォトショップで加工。ふたりの写真はほんのりぼかしてバックには薔薇の写真。ウェルカムボードは妹の手作り。
 もっといい写真があればよいんだけど……今度友人たちからデータをもらうかー。

 結婚式の日。
 基本的に慌しい。花嫁ってほんとうに食べる暇ないんだね(ぇ)。
 挙式は午後から。お昼に焼きおにぎりをひとつだけ食べてからタクシーで式場へ。12:30控え室に入り、ヘアメイク&和装着付けスタート。
 黒い引き振袖を着て、赤いガーベラの生花を結い上げた髪に飾り、いつもより大人っぽいメイクをする。
 14:30仕上がり。そのままフォトスタジオで写真を撮ってから、親族が待つ控え室へ。その間見知らぬおばちゃんに「きれーねー」「黒引きが似合う花嫁さん初めて見たわぁ」などと誉められ思わず「ありがとうございます~」とにこにこしてしまう(オイ)。まあ存在感あります。黒に赤に金ですから。
 挙式開始は15:15。神殿に案内され、介添えさんに言われるがまま挙式スタート。三々九度の儀では極度の緊張により腕が振るえてオーバーゼスチャアになってしまいましたが(汗)。指輪交換もお互い手が震えてたなぁ、ふるふる。
 なにはともあれ滞りなく神さまの前で夫婦の誓いをしました。
 
 妹に「誓いのキスないのー?」とうるさく言われたけどそれはキリスト式のはなしなので無視。

 それから庭園へでて写真撮影。天気予報では雨なんていってたけれどこの頃には薄日がさしていてイイカンジでした。風もなかったから髪型もくずれなかったし。
 親戚一同や友人一同でわらわら集まって撮るのだが、あちこちからカメラを向けられまるで記者会見のよう。旦那が「どのカメラに顔向けりゃいいんだ」とぼやいてたのに共感。実際に現像してみると目線がどっかいっちゃってるのも多し。あははは。
 その後、あたひと旦那はいったん控え室に戻り、招待客のみなさまは披露宴の受付へ。その間に飾り付け準備中の披露宴会場で余興のリハをさせていただいたり。振袖でピアノ弾いた……
 予定では16:45から披露宴開始でしたがなんだかんだずれこみ17:00からと相成りました。
 会場の演出担当者さんに「お迎えにまいりましたー」と呼び出され、緊張する暇もないまま司会をつとめてくれた旦那の友人T氏の「新郎新婦入場です!」に背中を押され、どたばたと入場。着物の裾を踏んで転ぶなどという失態をおかすこともなく、なんとか高砂へ。
 プロフィール紹介や祝辞の後、ケーキカットとファーストバイト。けっこうケーキってかたいんだなぁなんてことを漠然と思った。
 その後乾杯の音頭とともにお食事開始。前菜を食べ終えスープに手をつけはじめたところで「それではここで新婦お色直し退場です」……ってまだスープ食べてないのにぃと思いながら渋々退場(オイ)。その後旦那も退場して、洋装へお色直し。

 花嫁さんは当日忙しくて食べる暇ないのだよ、というのを痛感する。

 三十分くらいで和装を洋装にチェンジ。アップにしていた髪をおろして飾りをオレンジの薔薇とブルースターに。ウェディングドレス着用後再びフォトスタジオへ行き、それから披露宴会場へ。
 キャンドルサービスとともに再入場。たぶんこれが一番の見所だったかと。
 意外とブーケが重かった(オイ)。片手でしっかり握ってなきゃいけなかった……ただ単にあたひに握力ないだけですか(ボソ)?
 メインキャンドルまで無事に点火して、高砂に戻り食事再開。
 けれどスープはすでに冷めていて(当然)、いつの間にかメインの肉料理までテーブルには並んでいる。
 友人達による余興を楽しみながら、花嫁は料理と格闘中。
 旦那が呆れていた。でもお腹すいてたのだよ(逃)。
 旦那も余興でベース演奏と歌の披露をする。見てあげなきゃと思いつつフォークを持つ手はとめられません(ぇ)。
 その後歓談時間が設けられようやくホッとして食事にありつける(しつこい)。
 時間がないので魚料理はパスして肉料理と赤飯だけ食べました。
 気づけば食後のデザート。フルーツ盛り合わせを食べ、紅茶を頼み、さっきカットしたウェディング生ケーキ(チョコレートの「Happy Wedding」プレートつき!)がやってきたところで。
「それではここで新婦によるピアノ演奏です」

 ……ウェディングケーキひとくちもありつけなかった(滂涙)!!!

 時間が余ればピアノ弾いてあげてもいいよ、と言ってたのにいつのまにか仕組まれてました(きっぱり)。
 歓談のあとに新婦のピアノ演奏、その後両親へのお手紙朗読と花束贈呈というのが向こうのシナリオだったようで。
 要するにウェディングケーキ食べられなかったわけで(しつこい)。
 ピアノ演奏。まあ発表会じゃないし気楽に弾こう、ってことで「愛の夢 第三番」無謀にも挑戦。調律師の友人かなちゃんに譜捲りをお願いして演奏開始。ドレス姿だからペダル踏み間違えるわ、緊張で指は思い通りに動かないわ、頭の中真っ白になって譜面見てるのに一小節飛ばしちゃうわで……あたひ的には「いいのかこれで!?」と落ち込んだのだが観衆の評判は上々。まあ今日の主役だから大目にみられたか、それともみなさんお酒で酔っててそれどころじゃなかったか(笑)……とりあえずことなきをえました。ふぅ。

 そして手紙朗読と花束贈呈。手紙なんて結婚式前夜にうんうん唸って強引に考えて書き上げたのできっと誰も感動しないだろうとあたひゃあっさり読み上げたのだが。
 予想に反して泣くひと続出……ぇ?
 うちの両親が泣くかもとは思ってましたが、旦那の両親も涙ぐんでまして、それを見た旦那も代表謝辞で。

 メガネ外して涙をぬぐぅ。

 やばい、あたひより旦那が泣いてる(爆)!
 ……それを見てようやく自分の目も潤んだかと(遅)。
 そして旦那の男泣きを見て、大学時代の男友達ごんちゃんほか数名ももらい泣き。
 なんだかんだ涙あり、笑いありの披露宴となったのでありました。
 終わってみればすべてよし、なのかも。


 Web拍手お返事。
 クッシーさん>拍手ありがとうございます、おかげさまで素敵な結婚式になりました♪ 赤ちゃんも一緒に喜んでくれたかと思います。
 彩音さん>これからは旦那と赤ちゃんと三人で新生活です☆ 幸せのお裾分けができるような家庭をつくっていきたいです。

 結婚式の後のこと。
 いつの間にか手配された二次会に参加するべくそのままダーツバーへ行ったり、新婚初夜は結婚式場隣接のホテルでラグジュアリーなひとときを過ごしたり、十九歳の誕生日に旦那からもらったシルバーリングを結婚式のゴタゴタで紛失していたりと相変わらずバタバタしてましたが、まぁそれはまた気が向いたら書きます。
 とりあえず結婚式が無事に終わってホッとしてます。気が抜けたサイダーのような気分(何)。