2016_10
31
(Mon)13:07

次女との攻防

 今日は小学校がお弁当の日、ということで早起きをして(五時に目覚ましかけたけどけっきょく六時近くなってしまった……朝ってどうして時間が流れるのが早く感じられるんだろう)台所仕事。たいしたことはしていないはずなのに子どもふたりぶん準備して、子どもたち起きてきて、いつものように時間が流れるのかなぁと思ったら。
「さーちゃん幼稚園お休みする~」
 な、なんですと!?
「せきでるしー、せきでるふりしてひきこもるー」
 ……ひきこもるー? って「せきでるふりしてひきこもる」って完全に仮病ですよそれ。
 寝起きが悪いのかなー、時間が経てばいつもどおりに準備するよなー、と思っていたけど、この娘はへそを曲げるとなかなかもとにもどらない(笑)。ただでさえ昨日、顔面から落ちて(←階段の上で飛び跳ねていた)目元に傷がついて気にしているのに(汗)。
 そうはいっても幼稚園バスがくる時間は迫る。機嫌が悪いのは察したので別方面から切り込んでみたら。
「じゃー行く」
 と、素直に幼稚園バスに乗って行ってくれました。さて問題です、なんと言って幼稚園に行かせたでしょう(笑)。
 正解はなんてことない、「帰りお迎えに行くからね」です。幼稚園バスの時間だと最終で一番最後まで幼稚園に残っていないといけないのが寂しいみたい。ふだんはそういうこと言わないんだけど、まぁしょうがない。ママの自由時間が一時間削られるのは痛いが(オイ)。もうちょっとしたら準備しよう。
 単に甘えたいだけなのかなー。ついでに顔の傷に貼れるガーゼとか買ってこようっと。

 週末に読んだ本「淫惑の華 三都艶情」
 電子で読んだので背表紙の色が確認できておりませんが、きっと黒ミルキィだと思います(笑)。
 時代の波に翻弄されるヒロインと彼女を取り巻く三人の男たち……個人的に貧乏くじをひいてる香港の兄さんが好き(オイ)。
 淫靡でアダルティで壮大な物語です。

 一昨日読んだ本「貴公子ラッドの受難 ~彼が麗しの花嫁を迎えるまで~」
 頂き物の本です。わらしべ長者的ヒーローのサクセスストーリー。
 連作短編で雑誌に載っていたエピソードもしっかり組み込まれていました。
 都合の良すぎる展開に苦笑しつつ、さくさく軽快に読ませていただきました。

 昨日読んだ本「心理学者こころ女史の分析 卒業論文と4つの事件」
 こっちも創作仲間さんからの頂き物です。卒業論文にまつわる謎を強面だけどお人好しな主人公と謎めいたヒロインが連作短編形式で解き明かしていく物語。登場する女の子たちがみんなくせ者ですね(笑)。全体的には一冊だとちょっと物足りないかな……

 創作的小話。
 先週末に「メクる」さんの方で「葉桜恋慕」を公開しました。今回はサイトのときに載せていたあとがき(黒歴史)もおまけについてます。「横浜メリーポピンズ」のあとがきもメクるさんに持って行ってもいいんだけどどうしようかな(どーでもいい)。
 それより明日、ティーンズラブ小説コンテストの一次選考結果が発表されるとのこと。どきどき……

 カクヨムさんの方は時間があるときにコツコツ下書きしてボチボチ公開しております。ただいま第三章まで公開済み。
 第四章も編集中ですが、エピソードが長すぎてどこで区切ればいいのか悩んでます(オイ)。
 それよりエントリー作品が500作品以上あるってやっぱり凄いですね。大手のWeb小説投稿サイトの規模の大きさに今更ながらびっくりしております(他人事)。埋もれるゎ……