2016_05
23
(Mon)14:20

ガスコンロの下

 ゴールデンウィーク前から台所のガスコンロを動かして掃除する! という野望があったのですが(結局ゴールデンウィークは何もできず)、今朝ようやく重たい腰をあげて行動に移すことができました。
 結婚して引っ越してきてから八年以上触れていない場所です、ガスコンロの下。
 ダイニングテーブルに新聞紙をしいて、ガスの元栓からチューブを取り出し(どきどき)、ゆっくり動かしたところ。
 ……なんとも言いようのない、油まみれになったステンレスの台座が出現したのでありました。

 と、いうわけで十日ぶりのブログになってしまいましたまたもや。
 いやはや、ガスコンロの下を掃除しようと思い立ったら家にあったメラミンスポンジが一瞬で消えましたね(笑)。
 メラミンスポンジのおかげで焦げた部分はけっこうきれいに磨けたのですが、まだ完全じゃないのが心残り。
 とはいえ一気に片づけられるような汚れでもないので(なんせ八年分の油)、これからはちょこちょこお手入れしていきたいと思います(どんだけ手ぇ抜いてたんでしょ……)。
 まぁ、台所害虫の死骸が転がっていたということもなく(せいぜい焦げた玉ねぎやパスタの残骸)、純粋な油汚れ(笑)だけだったのは幸いでしたね。今後は放っておかないでちゃんと掃除しようっと(逃)。

 先週はじめまでに読んだ本「瑠璃龍守護録 それは私の花婿様!?」
「瑠璃龍守護録 お迎えします、花嫁様!!」
 ラスト二冊。クライマックス目前には主従逆転カップルのヒロイン→ヒーロー化、ヒーロー→ヒロイン化が加速してた気がします(笑)。男前なヒロインがカッコよすぎ。でも最終巻ではちゃんとヒーローがいいとこどりしてて安心(何)。イラストが最終巻だけなかったのが残念ですが、色濃いキャラクターたちがそれぞれそれなりにハッピーエンドを迎えることができて良かったです~。

 先週半ばから末にかけて読んだ本「神の獣と天の華 銀箱が呼んだ迷子の神サマ」
「神の獣と天の華 契約が招いたキケンな神サマ」
「神の獣と天の華 銀箱が導いた一途な神サマ」
 創作仲間さんから譲っていただいた本です。全三巻。
 新人賞受賞作品なだけあって読みやすく、思いがけない伏線や設定にニマニマさせられちゃいました。
 残念すぎる神さまの暴走する愛情はもとより、美少年の成長にも絆されます。
 個人的にはお酒が恋人の景伊さんみたいなキャラが好きです。「菌類」発言に吹いた。

 昨日読んだ本「世界樹の王冠 ―四人の王位継承者―」
 一冊完結の王道(?)ファンタジー。北欧神話がベースになっている世界観なのでつい先日読んだ「銀狼王の~」シリーズと比べてしまいましたがこちらはしっとり落ち着いた感じ(笑)。自分が何者かわからない女王や彼女の幼馴染たち、過保護なヒーローがそれぞれ自国の王位を継承するためぶつかりあったり協力し合ったりしながら試練に立ち向かう姿は青春っぽくもあります。
 悪神ロキのポジションってやっぱりこうくるかー、なんてことを思いつつ、ラストはぐいぐい読んでしまいました。

 Web拍手お返事。
 すみません見逃してましたっ。昨日拍手していただいたかた、いつもありがとうございます!

 創作的小話。
 さいきん異世界転生TLなるジャンルが気になる今日この頃。
 パブリッシングリンクさんと竹書房さんが企画されているコンテストが六月から応募できるみたいなので出してみようかな……?
 もともと転生系の話は短編で書いたことがあるので、それをもとに話を膨らませてみたいなとあれこれ考え中。
 ようやく重たい腰があがる……か?