2016_02
26
(Fri)14:43

はるはいそがしい

 約十日ぶりのブログ更新になりました、ごめんなさい(汗)。
 先週から幼稚園の面談期間が入ってなかなかパソコンを開けなかったのでありまふ。
 面談ではさーちゃんの次女っぷり(←何事もそつなくこなして要領よく幼稚園生活を送っている)が発揮されているとのことで、誰に似たんだ此奴疑惑が再燃しているところです(笑)。
 そしてようやく昨日からお弁当再開してくれて、こちらも少し時間に余裕ができたところでもあります。
 とはいえやらなきゃいけないことが溜まっているため、そちらの処理作業にバタバタしているのも事実……
 不器用なのにミシンを取り出して機関銃のように音を轟かせて布を縫い続けたり(幼稚園の役員のお仕事)、クラス名簿をエクセルに入力したり(これも幼稚園の以下略)デジカメで撮影した写真を加工してコラージュ作ったり(これまた以下略)、あれ、こうしてみると幼稚園関係のことしかしてないぞここ数日(今更)。
 ちなみにお雛様は昨日出しました。ふー。

 先週はじめに読んだ本「騎士服の花嫁」
 以前読んだ「千年王国~」の続編ともいえるスピンオフな一編。主人公が王女さまから彼女に仕えていた女騎士に変わったことで前よりも気楽に読めた気がします(笑)。ヒロインがあまりに晩生すぎて頑張れヒーローって心の底から応援したくなっちゃいました。ラブシーンは少なめですがヒロインが愛を知り成長する姿は読みごたえありましたー。

 先週末に読んだ本「海賊王と魔法少女」
 記念すべき花衣先生の100冊目の本!? とのことでいろいろ詰め込まれたヒストリカルでファンタジックなロマンスでありました。このうっとりしてしまう世界観はほんと癖になります。ヒーローとヒロインがぶつかりあって唯一無二の存在へと昇華していく様は見事であります。

 昨日読んだ本「覇王」
 ジュエル文庫の創刊ラインナップに入っていた466ページもある大長編。とはいえ電子書籍で読んでいたため分厚さは感じられず(オイ)、なんだかんだ読み始めたらぐいぐい読んでいってしまいました。大河ドラマのようなこれまたファンタジックなヒストリカルロマンス。学生時代に読んでうっとりした「リアラン~」の主人公がヒロインの性格に投影されていたような気がしたのはあたひだけかな(笑)。切なくて儚くて愛しい物語でした。

 創作的小話。
 創作仲間さんから読み終わった本を譲っていただきました再び(感謝!)。
 今は忙しくて自分の創作まで手が回りませんが、なるべく多くの本を読んで創作に向けてのテンションを保っておきたいです。