FC2ブログ
2015_06
25
(Thu)13:28

時間と健康との戦い

 六月に入ってからへんな病気が幼稚園や小学校でぽつんぽつんと出没しております。
 はじめは小学校のなぜか四年生だけで胃腸炎が流行し(そのせいで四年生だけ参観日がなかった)、その後、おなじ棟の一年生や五年生に流行し(それでも林間学校行ってきたそうだ)、先週我が家のさーちゃんも軽く胃腸炎にかかってました(笑)。
 ノロとかロタとかそういうのじゃなくてほんとに一日二日で治る軽い胃腸炎だったので良かったけどね。
 プールがはじまってからはおなじみプール熱や結膜炎、幼稚園では手足口病やマイコプラズマ肺炎、溶連菌にとびひ……なんだか聞いてるだけでゾクゾクしてしまいますが、梅雨の時期って意外と多いんですよね。とびひはほーちゃんが二歳のときになって大変な目にあいましたってこのブログでも書いてましたね(汗)。
 そして我が家のさーちゃん、先週末からちょっと風邪気味かなと思ったら一昨日の夕方に発熱し、昨日は幼稚園をお休みさせることになりました。昨日はさほどだるそうにしていなかったんだけど(どうせ半日だったし)。
 今朝はケロっとしていたのでそのまま幼稚園に行かせてます(笑)。ママ友から「もしかしたら熱中症だったんじゃないの?」と言われてしまいましたが……うーんどうなんだろ? ひとまずプールは今週いっぱいお休みさせます。
 ほーちゃんはいまのところ元気です。喘息の発作も起きてないし(幼稚園のときは季節の変わり目になるとよく咳き込んで夜中に起きていました)、このまま順調に経過を辿っていければよいなぁ~。

 雑誌cobalt最新号ようやく読み終わりましたー。以下、ヒトコト感想でぃす。
「下鴨アンティーク 金魚が空を飛ぶ頃に」……喫茶店のイメージが身近に感じられて良かったです。えびピラフ食べたい(ぇ)。
「あの子をさがして ~ツギハギ横丁午前1時~」……あの子の正体にすこし驚いたけどそれより薬屋さんに驚いた(何)。
「ななつぼし洋食店の秘密 ~決意のポークカツレツ~」……前妻の残した想いに共感。ふたりの今後にも期待。
「あやかしリストランテ 涙色のスイーツ~梅雨の雫を添えて~」……今号の中で一番良かったなぁと思った作品。後味は切ないけど。
「ゆきうさぎのお品書き」……いかにも商店街特集らしい一編。ちょっと地味だけど、好感は持てます。
「岩田虞檸為、東銀座の時代」……おばあちゃんと孫、最強の組み合わせですね。しかも舞台が銀座って(唖然)。
「金物屋夜見坂平の怪しい副業 ――迷信」……主人公の年齢不詳さは相変わらずですが、今回も面白かったです。
「ユーレイギフト 二度目のさよなら、包みます」……筆名また増えてるけど器用に現代を舞台にした作品も書かれてるなぁと感心しました。おばあちゃんっぽいって褒め言葉だよたぶん(←あたひも言われたことある)。
「お菓子の家と廃屋の魔女」……ヘンゼルとグレーテルの物語を現代風にアレンジした兄と妹のちょっと不思議なお話。伏線がきれいにまとまってた!
「ある朝目覚めたらぼくは はじまりのイチ」……文庫を読んでいないからなんともいえないけど、あったかい物語なんだろうなと思えました。エデンみたいな集落が身近にあったらいいのに。
「貸本屋ときどき恋文屋」……微笑ましくていじらしい短編です。続編希望。
「眠り姫とチューリップ」……首の話は園芸家かチューリップ農家じゃないとわからないネタだろうけど、よくロマンティックにまとめたなぁと感心しました(笑)。
「晩夏の幽霊」……若いお坊さんに妙に共感してしまいました。ところどころで笑えるし、男性受けも良さそうな話じゃないかな。
「終わりの夏にさす光 ポストアポカリプス・チルドレン」……イラストが好きです。終末論的な物語はちょっとついていけないというか、読後感がモヤモヤしちゃいましたが(汗)。
 そんなわけで商店街特集、読み終わるまでに時間がかかっちゃいましたが、たまにはこんなラインナップも良いものですね。

 昨日までに読んだ本「少年舞妓・千代菊がゆく! 花紅の唇へ…」
「少年舞妓・千代菊がゆく! きみが邪魔なんだ」
「少年舞妓・千代菊がゆく! 恋に落ちる瞬間」
 創作仲間さんが譲ってくださったので(ありがたやー)、久々の千代菊シリーズ一気読み開始。
 一話完結でどこから読んでもいいんだけど、やっぱりこういうのって一巻から読んでしまうあたひなのです。
 この三作品はエピソードも舞台もさまざまですが(外泊エピソードでまさかの「女の子の(以下略)」発言に爆笑したっ)、シリーズ40巻に入ったからか舞妓二年目に突入したひとつ成長した千代菊ちゃんの活躍をみることができました。完結までこの調子で読むぞ~。

 Web拍手お返事。
 6/20に一件の拍手をいただきました~。ありがとうございます(ぺこり)。

 創作的小話。
 地味にポメラで書き続けている長編がいまどのくらいなのかワードにうつして換算してみたら、なんだかんだで70枚を越えていました。たぶん300枚くらいの長編になりそう。投稿云々はまだ考えないで、いまはゆっくり書いていきたいです。