2015_03
23
(Mon)17:01

ようやくの開花

 明日でほーちゃんも一年生が終わります。そして春休みがはじまるため、相変わらずバタバタな日々が続きます(笑)。
 さーちゃんも四月になるといよいよ幼稚園生。ようやくカウントダウンが始まるくらい?
 先日ブログに書いた蕾は、ようやく青い花びらを見せ始めました。まだ完全には開いてないけど、ようやくここまできた、って感じです(汗)。ちなみに青いアネモネの球根です。綺麗な花が咲いたらつぶやきのほうで写真載せるかも。
 そういえば東京でも桜が咲き始めたみたいですね。もう春はすぐそこだー。

 先週はじめに読んだ本「恋路十六夜 唐紅の姫と花氷の君」
 気になっていたパラレル風平安ロマンス。身分ある姫君と忌むべき生まれの陰陽師の青年が惹かれあい、愛を実らせるまでのロマンス。結ばれるまでの時間が長いのですが、そのぶんなかなか想いを伝え合えないふたりの行方や周囲で渦巻く陰謀にハラハラさせられた感じです。

 先週半ばに読んだ本「恋ひ恋ひて 義兄に奪われた夜」
 話の展開の仕方とかキャラクターとか平安時代の行事やしきたりの描写に妙に馴染みがありました(笑)。シフォン文庫の作家さんの多くはコバルトでも書かれていらっしゃる方らしいので、きっとこのどこかで読んだ感覚もソレなんだろうな。ハイスペックなお兄ちゃんの正体が納得できるモノで面白かったです。

 先週後半に読んだ本「後宮の星詠み姫 ~天命は皇帝の手に~」
 兄だとばかり思っていた皇帝に正妃になれと求婚され、あれよあれよという間に大人の階段を上っていく妹ヒロイン(笑)。甘やかされラブというだけあって安心して読み進めていくことができました。珠黎皐夕さんのイラストもヨカッタ。

 先週末に読んだ本「とろける蜜月 ~溺愛に恥じらう幼妻~」
 社交界デビューと同時に求婚され、あれよあれよという間に(以下略)。「後宮の~」と同じ作家さんなので慣れてくるとすいすい読めました(オイ)。とはいえ、七歳年上のダーリンと婚約期間中にアクシデントが起きて大変なことになるわけで。結婚式まで地味にドキドキしてしまいました。あ、最後はちゃんとハッピーエンドです(笑)。

 さっき読んだ本「二人の皇帝 ~淫らな愛の板挟み~」
 この方の作品を読んだのは初めてでしたが、冒頭からぐいぐいと読ませてくれました(笑)。双子が忌み嫌われる国の皇帝に嫁いだ主人公なのに、まさか旦那様がタイトルのような状態で(汗)。行動的で愛嬌あるヒロインに旦那様が夢中になっちゃうのもわからないでもないですね。

 創作的小話。
 春休みの間は何もできないと思います(逃)。
 そのぶん、たくさん本が読めたらいいなぁ……