2015_01
26
(Mon)15:25

夢見る休日の語らい

 先週末は久々に子どもたちと離れ、創作仲間さんとお茶をしてくることができました。
 文学フリマやコミケに行ったのも数年前になりますから、ほんと久しぶりに潤った感じがします(笑)。
 神社参拝後に甘酒片手に語らったかと思えば、場所を移してケーキも食べたりして。甘いものを食べると尚しあわせな気分に浸れます。
 自分が知らない世界の話や、本の話とか、投稿のこととか……
 結婚、出産のあいだに書く頻度が極端に減ってしまったあたひが、いまも莫迦みたいに夢見ていられるのはきっと、周囲でどんどん夢を叶えたり、叶えようと切磋琢磨するお仲間たちがいるからなんだろうなぁ。
 いろいろ考えさせられ、またためになったひとときでもありました。この刺激もまた、春からの創作活動の足がかりになることでしょう。
 ありがとう、またよろしくね。

 先週半ばに読んだ本「シュガリー・ウェディング フィアンセは国王陛下」
 怪盗ディアスが至高のエメラルドを盗み出すシーンが最高にカッコ良かった! けどその後はひたすら甘い展開が続いて胸焼けしそうになります(笑)。家族に認められて嫁いだ後の幸せいっぱいのラストには思わず共感してしまいました。

 数日前に読んだ本「終焉の王国2 偽りの乙女と赤の放浪者」
 一巻の主人公たちと比べて今回の二人は互いにツンツンしすぎてるからか、なんかもどかしいを通り越してムカムカしてしまったよ(笑)。舞台も隣国になって色濃い新キャラがこれでもかと投入され、別の角度からこの世界をのぞけたようなそんな気分。悪役が魅力的なんですよ(ボソ)。

 週末に読んだ本「呪禁の姫と銀の夜叉 ~誓いの指輪は久遠の絆~」
 前作がけっこう面白かったからその続編で完結編にもあたるであろう今作品もイケるんじゃなかろうかと手に取ったのだが、舞台が中華風異世界から西洋風異世界に変わってしまったからかちょっと入り込めなかった(汗)。だけどひとまずハッピーエンドに落ち着いて安心。ダンディなお父ちゃんは健在です。

 昨日読んだ本「龍王の寵愛 花嫁は草原に乱れ咲く」
 タイムリーなことに創作仲間さんともちょうど話題になっていた作家さんのシフォン初文庫作品(笑)。中華風世界が舞台なんだけど、その北方の元遊牧民族の国へ嫁いだ公主さまと野性味溢れる皇帝のロマンスというだけあって、室内だけに留まらないパッション(ぇ)。基本的にラブとエロときどき陰謀という王道展開で読みやすかったです。

 創作的小話。
 そんなわけで水面下であれこれ動き出している気はするんだけど、気のせいにならないようにしないと(笑)。
 もっとストイックになってもいいのかもしれないね(たぶん無理だけど)。