2014_11
17
(Mon)06:09

季節は秋から冬に向き

 ……ブログではずいぶんご無沙汰してしまいました(平謝り)。
 なんか出産直後の更新よりヒドイ状況に陥ってる気がする(ボソ)。まぁ、それはともかく。

 さーちゃんの幼稚園の入園許可証が届きました~♪
 これで春からあたひゃひとり時間を満喫できる! と、いまからワクワクしております(気が早い)。
 とはいえ準備はこれから。制服はお姉ちゃんのおさがりがあるからいいとして、手提げや巾着など手作りするものもたくさんあるわけで(……これが一番大変だと思う)。
 落ちつくのはまだまだ先だと思うので今後もブログ更新はこんなんです(逃)。
 なるべく一週間から十日くらいの間隔で近況もどきをお伝えできればいいのですが、パソコンの調子も相変わらずなので(いっそのことネット専用に中古PCでも買った方がいいんじゃないかと思わなくもないが、ブログ更新のためだけにパソコン買うのも変な話だ←タブレットのおかげで最近メールチェックやツイッターなどのSNSは楽になっている)。
 結論。春を心待ちにのんびり進んでいこう(笑)。

 さて。読んだ本の話(時間がないとはいえ、本を読まないとストレスが溜まって結局何もできなくなるので読書時間は削れない)。
 十日ほど前からずっと気になっていた「嫁恋」シリーズをむしゃむしゃと読んでおります(創作仲間さんが譲ってくださった、感謝!)。
 シリーズとはいえ、基本的に一冊で一話構成なのでどこから読んでも構わないのですが、基本的に出版された順に読むのがあたひのクセなので(笑)、以下、現時点で読み終わったところまでずらずら並べてご紹介。

 さいきん読んだ本「そして花嫁は恋を知る 黄金の都の癒し姫」
「そして花嫁は恋を知る 白銀の都へ旅立つ姫」
「そして花嫁は恋を知る 紅の沙漠をわたる姫」
「そして花嫁は恋を知る 緑の森を拓く姫」
「そして花嫁は恋を知る 緑の森を統べる姫」
「そして花嫁は恋を知る 黄土の大地を潤す姫」
「そして花嫁は恋を知る 大河は愛をつなぐ」(番外編)
「そして花嫁は恋を知る 青の大河をのぼる姫」
 ……こうしてみるとぐいぐい読んじゃった感がありますね。異なる時代に異なる主人公、だけど基本的に政略結婚でハッピーエンドロマンス。同じ世界観で繰り広げられているから、一度読んだらすんなり入り込めます。むしろ地図が欲しい(もしかしてあるのかな?)! 個人的に女帝さんとこの娘さんたちの物語が共感できました。ひとりひとりのドラマが主人公だけでなく脇役まで丹念に練られている感じ。以前あて馬だった青年がヒーローに抜擢されていたり(ボソ)。いろんな楽しみ方ができるシリーズだと思います。世界史苦手なあたひですが、浸るのは好きなのよ(オイ)。
 なんか学生時代にがーっと読んだ榛名しおりさんのヒストリカルロマンに近いものがあるかも。雰囲気的に。
 そして今もつづきを読んでます(笑)。また舞台や主人公ががらりと変わったので新鮮な気分で読んでます。

 創作的小話。
 バタバタしているためポメラも起動できずにいます(涙)。
 メモ帳に細々と設定を書いてはいるんです!←そこで満足しちゃ駄目でしょ(逃)。