2014_09
22
(Mon)14:56

蕾、開くは秋の花

 またもや日があいてしまいました、もう九月の後半に入っているなんて信じられない(汗)。
 夏のあいだ毎日のように花を咲かせていた朝顔も、気づけば一日にひとつ花をつけるかつけないかまでに減ってしまいました。ほーちゃんが小学校からもってきた鉢はすでに学校に返却しているのですが、春に上級生からもらってきた種を家でも育てていたのです。こちらは青紫っぽい花が多くて、学校のピンク色の花とはまた違う趣でした。
 朝顔が姿を消していくのに反比例していくかのように最近家の周りで見かけるのがマリーゴールドをはじめとした小菊の類。おおきな花よりも小降りなものが多いかな~。
 もうちょっとしたらお役ごめんになった朝顔を取り出して春に花を咲かせる球根でも植えようかなと考え中です。以前八重咲きチューリップを植えたらすごくきれいだったのだ。

 それでは恒例の読んだ本のメモ。
 ほぼ自己満足ですがよろしければドゾ。

 先週はじめに読んだ本「拡散希望 140字の死亡宣告」
 一冊まるまる恐怖の世界に彩られたケータイ小説版、現代ホラー。時代だなぁと感じる部分はあれど、根本にあるものは昔ながらの呪術で、そこがよくできてると思いました。特にクライマックスに仕掛けられているアレは思春期の女の子たちのトラウマになりそうですね(笑)。

 先週読んだ本「溺愛エクスタシー ~天才彫刻家の誘惑~」
 リアルラブTLって生々しい印象があってふだんは手に取らないのですが、ヴァニラ文庫さんが一周年記念価格で出していたのでつい(オイ)。意外と読んでみたら俺様幼なじみの正体が笑うしかないくらいファンタジーでした。これなら楽しく読めるね(何)。

 先週読んだ本「恋獄の愛玩姫 ~花嫁は後宮に囚われて~」
 創刊当時から気になっていた本をようやく読めました(笑)。皇帝と皇子が培養乙女を奪い合う(!)というスゴい話。皇帝のモノになったはずなのに心は初恋の皇子の元にあったヒロインがだんだんと官能の世界に入り込んでいく姿にドキドキしたっ。

 先週半ばに読んだ本「Wウェディング・オークション
 密謀の王子と欺かれた花嫁」
 タイトルは物騒(?)ですが双子の王子さまに迫られて大変な目にあっている庶民派ヒロインが最後の最後まで笑っちゃうほどに欺かれ続けて不憫に思えてくる話(何)。ふたりの王子さまに甲乙つけるのは大変そうです(他人事)。

 先週末に読んだ本「偽りのウエディング」
 偽装結婚のはずがホントの結婚になっちゃった? という王道かつお約束が満載の定番ロマンス。愛のない結婚が自分の宿命だと思いこんでいる主人公を幼なじみのお兄さんが手練手管で変えていく姿が微笑ましかったです。

 一昨日読んだ本「剣の乙女のフォックストロット」
 正義感の暴走する主人公が、国の騒動に巻き込まれたはずが持ち前のお節介でいろんなことに首を突っ込んでいく微笑ましいお話(違)。恋愛濃度はサッパリしていて物足りない感じもありますが、男だらけの国王一家(狐の巣)の関係改善にヒロインが活躍するところや後継者問題でやさぐれていた年下の男の子を魅了してその気にさせちゃうところとかユニークでした。

 昨日読んだ本「海賊商人と真珠の婚約」
 前作(「剣の乙女の~」)が糖分控えめ(?)だったからか、こちらはしょっぱなから主人公が押し掛け女房になってます(笑)。不幸な姫君と呼ばれていた彼女が自分なりに運命を切り開いて幸せを見つける話とも言えるかな。元海賊の旦那様としっかり者のヒロインが織りなすロマンス(ときどき横恋慕のお兄さん)、面白かったです。

 創作的小話。
 小ネタばかりが浮かんでいます(汗)。
 すいませんさーちゃんが昼寝から起きました(逃)。