2014_08
25
(Mon)14:28

いよいよ終わる夏休み

 あと一週間で夏休みも終わってしまいますね~。
 我が家の長女が残している宿題はあとひとつ、厄介きわまりない自由研究でございまふ。
 とりあえず三日もあればなんとかなる(と思う)ので、今日か明日にでも実験(?)させようと思ってます。
 それをレポートみたいな形できちんとまとめるのはたぶんあたひなんでしょうけど。うん、がんばろー。

 先週はじめに読んだ本「奪われた虜囚姫 ファラオの激愛に王女は溺れる」
 古代エジプト風の世界観で繰り広げられた王道の大河ロマンス(笑)。主人公たちよりも周りのキャラクターたちの方が人間味あふれてた感じがしないでもない(ボソ)。どうもこの方の書かれる悪役があたひは嫌いじゃないみたいだ。異母姉と武官のその後とか読んでみたいなぁ。

 先週半ばに読んだ本「離宮の花嫁 ~身代わり姫は琥珀の王子に囚われて~」
 双子の姉妹が入れ替わってあれこれするというよくあるシュチュエーションなのだが、初夜の床を入れ替わるって提案は新しい(笑)。ヒーローが純潔を確かめようと必死になる姿が哀れにも感じられたよ(オイ)。話の展開は王道ともいえる初恋ロマンスで、終始ラヴェンダーの香りが漂うようなお話なのですが、お姉様と騎士がどうしてこうなったのかの方が気になります。

 先週半ばに読んだ本「未来S高校航時部レポート TERA小屋探偵団」
 ロマンスばかり読んでいると口なおしのようにぜんぜん違うものを読みたくなります(オイ)。そんなわけで二十二世紀から享保の世界にタイムトリップした五人組の物語。彼らが江戸時代に出逢ったのは殺人事件にタイムテロリストとの壮絶な戦い!?……もはやどこから突っ込めばいいのかわからないカオスっぷりなのだが、こういうSFもミステリもごった煮な感じ、嫌いじゃないよ。

 さいきん読んだ本「千代の春に風花舞う かりそめ夫婦に白羽立つ!」
「千代の春に風花舞う かりそめ夫婦に祝福の門出!」
 創作仲間さんから譲っていただいた本です。イラストが気になっていたから電子書籍版を購入してはいたのですが、積読状態で(笑)。イラスト堪能するならまだまだ紙媒体の方が優勢ですかね。と、それはともかく。
 鬼と鬼の嫁(仮)が世界に放たれた魔物をやっつけるために奔走する和風退魔ファンタジー。初恋をこじらせている主人公たちが微笑ましくてじれったくてまったくもおと思いながら全二巻、あっさり読んじゃいました。

 昨日読んだ本「月下蜜戯 国王の寵愛は舞姫の下に」
 同じ作者さんが書かれた別の中華風ロマンスと世界観が同じだったからか、すごく懐かしく感じました(話自体は別物ですが)。男前な王様と夢に向かって一生懸命で素直な舞姫のカップリングに萌え。互いに想いあっているのに護るために距離を置こうとするヒーローの繊細なところも、美しく感じられました。

 創作的小話。
 創作仲間さんが断捨離中で、読み終わった本を大量に譲ってくださったため積読本が一気に増えてます(笑)。
 なのでしばらくは創作より読書の方にベクトルが傾くかも。
«  HOME  »