2014_03
27
(Thu)18:06

休めない春休み

 春休みに入って幼稚園関係のあれこれがほぼ落ちついたと思ったのですが、長い春休みはいろんな意味で大変です。
 このあいだの三連休は三日間外出するという快挙を成し遂げました(ふだんインドア派なので一日は家にこもってる)。
 そのうちわけは金曜日→ほーちゃんの小学校用品をお友達と買いにサイクリング(ふくらはぎ筋肉痛)。
 土曜日→母上と一緒に入学式のワンピースに合うジャケットを買いにショッピング(母上の歩数計の数値1万歩)。
 日曜日→旧知の友とともに横浜まで遊びに行く(やっぱりいっぱい歩く)。
 結果、月曜日のさーちゃんの保健相談を受け付けギリギリの時間に行く羽目に陥る(間に合ったからよし!)。
 ……とまぁバタバタ?な日々です。
 三連休の間、旦那は頑張って子どもたちをみていてくれました。初日はさーちゃんだけだけど。
 友人たちと横浜まで遊びに行けたのは旦那ほか家族の協力(←あたひが遊び呆けている間ドライブに連れて行ってくれた)あってこそ。ありがたやー。

 ちなみに横浜に来たのは八年ぶりくらい?
 社会人時代すこしだけどオフィスワークしたんだよね横浜駅近郊の古いビルで(オイ)。
 どうやらその近所に横浜アンパンマンミュージアム(ほーちゃんが生まれた年にオープンしたからちょうどあたひと入れ違いなんだよな)ができたそーな。そ、そんなところに(ボソ)。
 さーちゃんのお土産も買えたし、久々に中華街行ったし(小学生以来)、おいしいランチとお茶もしたし、女友達と主婦トーク(関東と関西の調味料の話とか)に花を咲かせられて満足でした。またみんなで女子会したいなー、今度はあたひがあっちに遊びに行きたいな。いつになるかわからないけど。そしたら神戸や岡山の方まで足を伸ばして(夢がひろがる)……

 先週読んだ本「終焉の王国」
 積読状態だった一冊読み切り(たぶん)のファンタジー。救いようのない主人公(いろんな意味で)が異世界でツンツンな王子さまと出会って恋をして世界を変えていく、苦しいくらい共感できる、熱い物語でした。

 週末に読んだ本「世界螺旋 ―佐能探偵事務所の業務日記―」
 雑誌cobaltに連載されていた作品が元になっているため、この本を読むだけじゃちょっと不親切だなーと思える部分もまぁありますが、以前から読んでるあたひからすればこういう形でふたりのエンディングを見ることができて良かったなぁと思います。黒幕が身近な人間ってのはよくある話だし(何)。

 さいきん読んだ本「カフェーで恋をして 大正華族ロマン」
 舞台が横浜ということで遊びに行って帰って来てから読んだのでした。余韻に浸りながら当時(大正時代)を想像しつつ、ベタ甘な展開をまったりと味わったのでした。定番ハッピーエンドって読むとやっぱり安心できる(笑)。

 今日読んだ本「影の花嫁」
 あらすじからして自分の好きそうな話だなぁと思ったら案の定でした。憎しみと執着が生み出す歪んだ愛のなかに垣間見えるひとすじのひかりを感じられて、ヒーローが変わっていく姿が好ましい。一部謎は残っている気もしますが、ふたりがこの世界で手を取り合うまでをじっくり堪能できました。意外と好青年だった瀬戸さんの物語も気になります(ぇ)。

 Web拍手お返事。
 卒園式の日記に拍手をありがとうございますー。
 昨日、学習机も無事に届きました。子どもたちは競うように学習椅子の取り合いをしています(汗)。

 創作的小話。
 読書ペースが増えると創作する意欲も増してきます。
 過去の長編を改稿してビズログにでも出してみるかなぁとか、ぼんやり考え中。