2013_12
23
(Mon)15:20

いろいろなものが過ぎ去って

 申し訳ないほどにブログのことを後回しにしておりました、スイマセン(とりあえず平謝り)。
 ほーちゃんの幼稚園の発表会にクリスマス会、実家帰省にお誕生日会、終業式とめまぐるしく日々は過ぎ。
 相変わらず年賀状の準備がまったくもって進んでいないというていたらく(涙)。
 ほーちゃんも冬休みに入っちゃったし、明日から毎日どうしましょうって感じですが、まぁさーちゃんの子守をまかせて(違)、こっちは部屋の整理整頓や年末準備に勤しみたいと思います。というか明日がクリスマスイブなのですね、早いわぁ。

 すっかり忘れていたcobalt最新号のヒトコト感想。
「お釈迦様もみてる 春和景明」……男の子同士でつるむ姿ってたしかにこんな感じがしますね。
「紫陽花茶房へようこそ 白い十字架」……ドクダミがお話で使われるって珍しいなぁと思いながら読みました。
「お兄さまの恋愛指南 恋の罠にはご用心!」……ずいぶん思い切ったコメディだな~、特にお兄様と周辺キャラが(笑)。
「執事は仮初めの主人にひざまずく」……主従関係ってこんなに萌えるのだなと感動してしまったよ(何)。
「英国マザーグース物語 Beautiful May flowers」……人騒がせなお兄さまのその後もわかって(?)楽しかったです。
「リリー骨董店の白雪姫 オパールのうさぎ時計」……イラストが素敵。完結したみたいだし機会があればまとめ読みしてみよう。
「幻領主の鳥籠」……ノベル大賞受賞作。ヒロインのキャラクターが好ましいです。イラストも可愛かったなぁ。
「好奇心は乙女を殺す? 知りたがり姫と英雄王」……あからさますぎる薬の名前にガクッとしつつも、最後までぐいぐい読んでしまいました。ふたりのその後が知りたーい。
「吸血鬼の人生相談所」……その道にはその道のプロがいて、日々遂行されているのだなとぼんやり思った。
「桜と飛行機」……語り口からして淡々としてるけどその独特な文体があとからじわりじわりと来るような。うーん。
 別冊の炎の蜃気楼昭和編もちょっと気になりました。時代設定が「え、そこ?」という驚き。

 創作的総括的小話。
 このあとブログ書けるかどうかわからないのでとりあえず今年の総括(仮)を。
 ……進展なしですね(逃)。やはり一歳から二歳すぎってのは鬼門だわ(ぇ)。
 さーちゃんが三歳過ぎていろいろ落ち着けばもうちょっと自分の時間が取れるかなー。
 そんなわけで今年もおつきあいありがとうございました。
 来年もしばらくはこんな感じです(笑)。

 それから忘れていた先月の読書メーターまとめを追記に載せときます。
 相変わらず本を読む時間もないです。来年はもうちょっと読めるといいなぁ(遠い目)。