2011_03
16
(Wed)14:16

すこし前へ

 今日もまだ地震はつづきます。ちょっと強い揺れ(震度4くらい?)がちょうど娘が昼寝に入ったところだったので(娘が寝ているときに限ってよく揺れるのは何故)、ひとりこたつにしがみついておりました。毎日のように揺れがつづくと神経まいっちゃうひとも出そうですね。だけどいまのところこっちはライフラインも整ってるしあたたかい寝床もあることを考えるとそう贅沢も言っていられませぬ(近所のマンションの土台がかなり浮き上がってたりひび割れていたりはしてるけどっ!)。
 ささやかながら募金させていただきました、すこしでも前へ。頑張れ東北。
 月曜日からはじまった計画停電も気づけば三日目。うちの地域は昨日あたりから停電する地区がでてきたようで今朝はうちの町も停電していたようです……ってのもそのあいだ家にいませんでしたスイマセン(逃)。娘が「公園行こう!」と言いだしたので家事を終えて十時くらいに家を出ちゃったのです。そんで二時間くらい公園で遊んでたら市役所の放送で「停電にご協力ありがとうございました」云々……あ、停電してたんだ(オイ)。家に帰って冷蔵庫と冷凍庫確認したけど無事です、うん、平日午前中の数時間の停電ならたいした影響ないですね。いつもなら保温にしておくポットも朝からコードを抜いてるし、外出時は冷蔵庫と洗濯機以外のコンセントを外してるので節電の方もまぁこんなもんでしょう。ちなみに我が家には懐中電灯がありません、あるのは太い蝋燭(結婚式で使ったもの)だけ。それでもなんとかなるよきっと(←夜の停電が怖いよ)!
 昨日は旦那が帰宅困難者ならぬ通勤困難者(電車に乗るのに二時間以上並んでいた)になってしまって結局会社に行けなかったけど今日は通常通りお仕事してます。娘の三歳児検診も延期です。家のトイレットペーパーがあと2ロールしかありません(どこの店行ってもないので実家から送ってもらうことになりました:笑)。
 ……まだまだ日常に戻るのは難しいかもしれないけれど、すこしずつでいいから前に進みたいものであります。

 週末に読んだ本「12粒の宝石姫 ―月は惑わす―」
 一月から六月までの誕生石にまつわるプリンセスストーリー。時代も場所も異なるなか繰り広げられる愛の試練はどれも読みごたえたっぷり。個人的にダイヤモンドのお話にときめきました。すでに後編も発売されたそうなので近いうちに男神と女神の勝負の行方を追いかけていきたいです。

 一昨日読んだ本「不幸な恋の終わらせかた」
 もし自分がいまの旦那と出逢わなくてふつうに仕事をしていたら、この物語の主人公のようになっていたかもしれないな、なんて漠然と思ったり。恋がうまくいかない悪循環をどうしたら断てるのか。死者と生者の結婚式。不思議な蜘蛛の銀糸がカレイドスコープのように張り巡らされたなかを俯瞰するような、そんな感覚がいつまでも続きました。

 昨日読んだ本「身代わり伯爵の花嫁修業 Ⅲ禁断の恋の手記」
 ヒーローと同じ嗜好の胡散臭い従兄が大活躍(笑)。彼とフレッドが絡むところを見てみたいとふと思ったり。
 花嫁修業編完結とのことで主人公カップルはこうしてようやく婚約までこぎつけた(?)けど、まだまだ物語はつづくみたいです。誰がじいやになるのか、なんて気の早い話題まで出てきてこの先もあれこれ楽しませてくれそうです。

 創作的小話。
 地震の影響でパソコンする時間もふだんより減っております。いまは「暁」の紙プロットをほそぼそと進行中です。メモ帳いっぱいに書いてみたい。

 Web拍手お返事。
 無事の報告に拍手をありがとうございます、以下お返事です。

小滝さん>
 メッセージありがとうございます、こちらは余震の数が減ってきたものの、毎日のようにぐらぐらしてます。それでも家族元気に生きてます。とはいえ同じ県内で津波の被害に遭われてる方も多々いらっしゃるので心苦しいのも事実です。明るい気持ちで未来を見据えていきたいです。