2011_02
18
(Fri)15:36

本棚のある生活

 寒さがいくぶんか和らいできたこともあり、昨日から部屋の掃除&本の整理に明け暮れております。
 引っ越してきて三年ちょい、すこしは処分したりもしてたけど今年の五月には二人目も生まれることだしもうちょっと本格的に掃除せねばとまずやったことが→本棚の購入(オイ)。
 いやぁ、ずっと本棚欲しいと思ってたんですよ、だけどなんだかんだと後回しになっちゃって(笑)。
 読み終えた本が段ボールに積みこまれたままの姿があまりに不憫なのもあって一念発起。まぁそれほど高いモノでもないしいいや買っちゃえと(旦那に事後報告←ふつうに「あっそ」で終わった)。自分の愛読書を置いておくスペースがあるってやっぱりいいですね(二百冊くらい収納できたかなぁ?)。それでも本は普通に溢れてるんだけど(あれ?)。
 溢れた本の多くは近いうちに古本屋に売っぱらう予定です(これだけで本棚分の値段が返ってきそうだ……)、クローゼットに封印してたものも出したら五百冊くらいでてきたよ(爆)。毎年二百冊以上読んでるから三年間でざっと六百……越えるね、うん、溜まるわけだ。社会人時代の貯金の多くが本に消えてるのが目に見えた瞬間でした(自爆)。
 ちなみに本棚(組み立て式、扉がついているタイプ)を見た娘は「おうちだ!」と勘違い。「絵本のおうちだよ」と教えてあげたら自分の絵本を持ってきて一緒に並べてご満悦。自分も一緒に中に入ろうとしたけどさすがに入れません。昨日は一緒になってドライバー振り回して二時間くらい見てたけど本を並べたり分別したりする作業は退屈だったみたいで時折邪魔されました(笑)。
 娘が幼稚園に入ったら絵本とか増えそうだからキッズ用の収納棚とかも近々チェックしたいなぁと思ってます。まぁ二人目生まれたらそれどころじゃないからね(遠い目)。

 昨日読んだ本「赤き月の廻るころ 奪われた王位」
 シリーズ最新刊。結ばれてもふたりの恋人たちの相変わらずな微笑ましい様子がうかがえます(笑)。
 主人公は国を捨てる覚悟で彼の傍にいることを選び、彼もまたそんな彼女を手放せないはずなのに……ねぇ。
 年下だけど結構強引な新キャラがイイ感じに引っ掻きまわしてくれた感じです。もうひとりの食えない新キャラさんもクライマックスにむけて姿が見えてきたかな……なにはともあれ肉食王子と主人公のカップルを最後まで応援したいです。

 Web拍手お返事。
 2/17 19:00ごろに拍手をありがとうございます。
 今朝の雨で雪はすっかりなくなってしまいました。もうすぐ春ですね。

 創作的小話。
 ビズログさん向けに体裁を整え中の「春達(仮)」、42x34の形式で70枚目まで直せました。とりあえず最後まで直してそれからどうするか考えます。