2007_06
12
(Tue)23:18

地に足、情緒

 おやすみの火曜日。なんかいつの間にか結婚準備に追われる曜日と化している。まあ火曜と土曜以外休めないんだからしゃーないのだが。来月になれば式の一週間くらい前から一気に休暇が取れそうなのでそのときに手作りグッズの追い込み作業とかしちゃいたいなぁなんてことを漠然と考える今日この頃(その頃には送れてようが送れていなかろうがノベルが終わって落ち着いてるだろうし)。

 そんなわけで引き出物とか引き菓子とかそーいったものを探す旅。
 いまの時代、なんでもかんでも商売なわけでして、結婚式場でこういうイベントもしちゃうんですね。午前で仕事を切り上げてくれた旦那と合流し、ふたりで出かけた次第でありまふ。
 同じ会場内にずらっと引き出物や引き菓子が並ぶ光景は圧巻です。そして試食攻撃に晒されるわけです。バームクーヘン食べ過ぎだから@あたひ。
 おめでたいもの、というわけで妙にかつおぶし業界からスカウトが来る。鰹夫婦節(これで「かつおぶし」と読むとか)だからだと。こちらも試食ならぬ試供品の山をいただきました。うむ、かつおぶし……
 旦那とはベタに食器とお菓子でいいかなぁなんて言ってます。最近じゃこれにプチギフトとか追加するのですがこれは別に式場で準備しないで持ち込みでもオッケーなのでいっそのこと手作りでなんかするかと無謀なことを考えております。ドラジェとプチギフトが同じモノだなんて気づかなかった。
 ……ぐるぐるまわって、カタログと試供品の山をもらい、決定するのは今度の土曜日になりそうです。汗。

 その他にも会場装花とテーブルクロスの実演(仮)を見て当日のイメージを膨らませたり、演出コーナーのオプションプランなどを拝見したり、プロのビデオやカメラ撮影の営業トークをきいたり(でも高いからムリ)……そういえば結婚式まであと四十日切っちゃったんだよな、あっという間じゃないかと焦ったり(遅いよ)。

 そして夕食は婚礼料理の試食会。
 実際に披露宴で出されるお料理を食べられる貴重な機会。シャンパンやワインのサービスもあり至れり尽せり。会場では生ピアノの演奏や思いがけない演出とドラジェのプレゼントまで。まあお金とるから仕方ないか(笑)。
 結婚式当日は緊張して食べられるかどうかも微妙ですが、今日の時点では全品ぺろりといただけました。苦手なナマモノもなかったし、ボリュームも丁度良かったし、なにしろ給仕さんがカッコよかった(爆)。旦那も「なんか溶け込んでる」と言ってた給仕さんです、なんつーか映画の中みたい……

 決めなきゃいけないことはあれもこれもあって、地に足がついてるんだかそれすらわからなくなってて、旦那が仕事用マイ電卓取り出して明細の確認とかしてる(ある意味職業柄)のを見て自分もしっかりしなくちゃと思うのだがそれでもあれもこれもと思いついては泡のようにしゅわしゅわ漂って「お前が結婚式に夢を持ってるのはわかるがお金のこともしっかり考えないといけないんだぞ」なんて窘められたりしてだけどゲストに対するおもてなしはしっかりしたいじゃないかなんてことをぼんやり思ったりしてああわけがわからない。

 夕食後に庭園で舞う蛍を見て、すこしばかし現実逃避。
 明日からまた仕事と創作がんばるべ。