2010_11
08
(Mon)15:39

幼稚園面接

 土曜日は幼稚園面接でした。娘は両親と受付をすませて早々引き離され、先生と一対一でお話をしたそうですが、あたひにも旦那にもどういう話をしたのか報告してくれませんでした。まぁ泣き叫んで嫌がることもなくそれなりにおしゃべりはしたそうなので(と、先生は言ってた)うちの子にしてはまぁまぁかなと(オイ)。それでもいつもと何か様子が違うぞという感覚はあったのか、妙に身体をカチカチにしてました。あ、やっぱり緊張するんだ(笑)。
 その後は親を挟んで三者ならびに四者で面接(うちは旦那も連れてきたから四者だった)。できることとできないことについてあれこれ質疑応答をしたのでした。「偏食しますか?」「ひとりで脱ぎ着できますか?」「お昼寝はしますか?」みたいなあれこれ。他の子がどうなのかはわからんけどまぁ半分はできる部類だと思います@娘。あとはオムツだけだなー(ボソ)。まぁこればっかりは個人差だし三歳の誕生日迎えてから入園までにできれば理想かな。
 無事に面接を終えて通園バスのお迎え場所をどこにするか確認してひとまずおしまい。家から歩いて三分くらいのところにあるマンションの前で拾ってもらえそうです。公園側だと遠回りになるし交差点まで行くと道路渡らなきゃいけないからちょうどいいかな。
 後日入園許可証と今後の予定が郵送されるそうです。ドキドキ。

 週末から昨日にかけて読んだ本「紅玉の契約 姫君の無謀な婚約」
「紅玉の契約 クールな従者のお家事情」
「紅玉の契約 宗主さまの最後の約束」
 シリーズ完結までこの週末で一気に読んじゃいました。一癖ある世界観に浸るまですこし時間がかかったものの読みはじめて馴染むとこの勢いの良さに手が止められなくなります。天然美形お兄さんと暴走姫君が恋と自覚せずに恋に狂う過程がとても面白く(オイ)、また切なくて、あて馬状態の橘さんが可哀想に思えます(笑)。最後の最後で我儘ぶりを発揮するマリエル総帥の姿もある意味哀愁が漂っておりました。こういう話を読むと暗器で戦うお姫様もカッコいいなぁと単純に思うあたひです(ボソ)。鳴海ゆきさんのイラストも素敵でした。

 Web拍手お返事。
 11/5、11/6、11/8と計7件もの拍手をありがとうございます!
 昼寝中の娘が夢を見て泣きだしたので慌てて抱っこしたらまた寝ました。

 創作的小話。
 この週末にがーっと書き進めてみた。たぶんあとで直しに走りそうだけど、いまはこの勢いを殺さずにこのまま書いていきたい気分。
 ようやく鍵になる人物が登場しそうな201枚目(あれ? 今月中に200枚書ければ充分って言ってたのダレ?)。