2010_10
01
(Fri)13:30

おひさ

 というわけでやっぱり一週間ぶりの日記になってしまいました。
 どうもご無沙汰しております、一昨日実家から戻ってまいりました。ほんとなら昨日日記書こうと思ったんだけどそういう日に限って娘が昼寝しなかったりで落ち着けず(苦笑)。
 まぁ向こう行って娘の病院行ったり東京おもちゃミュージアム行ったりこっち戻って来てから産婦人科行ったり役所行ったりで相変わらずバタバタしてるのですが(汗)。しかも昨日のうちに投稿してたふたつの作品の結果が判明したりして。まぁそれは創作的小話にて。

 実家にいる間は天気が雨ばっかりで外に出るのもおっくうでした。とはいえ火曜日にはほーちゃんのじぃじことうちの父上が有給休暇を取ってくれたのでみんなで東京おもちゃミュージアムへ。四谷第四小学校跡地の四谷ひろば内にある不思議な空間でした。理科室が休憩室になってて突然自販機があるアンバランスさに萌えた(オイ)。
 ちなみに家からタクシーで行ったのですが娘が車のなかで寝てしまったため着いてから一時間ほど貸し切り状態の広場で眠っておりました(何しに行ったんじゃ)。でも目が覚めてからはそろばん玉のプールにおおはしゃぎでしたよ~。

 それから妊娠経過報告。
 このあいだ行ったときは心拍が確認できないため「妊娠はしているけど生きてるかわからん(オイ)」状態でしたが今回検査してもらったら「卵、巨大化してますね。ちゃんと心臓動いてますよ。おめでとうございます(笑)」にバージョンアップ(違)。ちなみに妊娠7~8週目で出産予定日はまだわからんとのこと。とりあえず五月中旬くらいだって。そろそろつわりらしき症状もでてくるかな、と言われてますがいまのところお腹がすいて眠くなるだけです。五月生まれかぁ……

 そんで溜まりに溜まった読了本メモ。ざっくり書いときます。

 実家に行く前に読んだ本「碧の祝福 神々の求婚」
 誰が求婚されるのかと思ったら主人公じゃなかったのですね(笑)。常識知らずな神様たちの騒動、楽しく読ませていただきました。

 実家に行く前に読んだ本2「天命の王妃 占者は光を放つ」
 絶好調なシリーズ第二弾。突然のライバル登場! 押し掛け女房的なところはあれど憎めないキャラクターですね。主人公は自分のちからと向き合うようになって成長している感じです。

 実家に持ってって読んだ本「オーディンの熱き鼓動 シュバルツ・ヘルツ―黒い心臓―」
 禁断の甦生術やら神秘的な世界樹の話やらウルテアさんとの決戦やら見どころたくさん。奏くんの「怪獣大戦争」や「バビル二世」発言にはちょっと突っ込みたくなったけどね(笑)。

 実家で読んだ本「夜を待つ姫君 ~スワンドール奇譚~」
「針の魔法 ~スワンドール奇譚~」
 気になってた積読本。三巻も出るような話をきいていたけどとりあえず既刊はこの二冊みたい。
 スワンドールという中世風の国が舞台の不思議な物語たち。イラストレーターさんが異なるのも魅力的。

 昨日読んだ本「瑠璃の風に花は流れる 虹の奏者」
 雑誌収録された短編が一冊になったため分厚いながらもすんなり読めます。最初と最後に書き下ろされたそれぞれの両親のエピソードが微笑ましいです。早く本編のつづきが読みたくなりました。

 Web拍手お返事。
 留守にしている間も拍手をありがとうございます。
 バタバタしつつ、十月に入りました~。

 ついでに創作的小話。
 昨日発表されたえんため大賞ガールズノベルズの二次には当然ですが残ってません。むしろ一次に残ってたのが不思議だったくらい(オイ)。夢を見せてくれてありがとう、次頑張るよ、ってな感じです(←次の〆切が臨月なので出せない可能性の方が高いけど。まぁ焦らず次の次の次くらいでもいいや!)。
 そんで本日発売の青色雑誌最新号(うちは定期購読なので昨日届いてましたが)。気になる短編の結果は「もう一歩」。今年書いて出した作品のなかでは一番の出来だと思ってたので「もう一歩」に残ったのは嬉しいけど、なんか微妙(もう一歩から上にいけないもどかしさ……)。この手の話は需要がないのかなあ(ボソ)。
 そういうわけでいまから短編書きます(まだ何も手ぇつけてないけど!)。あと一週間で投稿できる状態に……できるかな?
«  HOME  »