2010_06
29
(Tue)14:13

初スイカ

 保育園でスイカ割りをしました。
 なぜスイカなのかはよくわかりませんが、六月のお誕生会ということで(笑)。
 うちの娘は棒でスイカを叩くのを拒絶したため、なぜかママがタオルで目隠しされて叩く羽目に。
 思いっきり棒を振りあげたらごーん、と頭上で音がして、その後、下に置かれていたスイカにポン、と当たりました。どうやらあたひの背が高すぎて棒が天井の非常灯に当たってしまった模様です(朝雨が降ってたからスイカ割りは室内でブルーシートを敷いて行ったのです)。他のママさんは当たる気配すら見せなかったのになぁ……
 娘は生まれて初めてのスイカを数口齧りました。おそるおそるガジガジ。それからしばらくしてからまた「あーん」と口をあけてスイカを齧る。ガジガジ。その後は「いらな~い」と残りを押しつけて旅に出ていきました。
 食わず嫌いするかと思えば、少しは食べたのにびっくり。残りはこちらでいただきました。うーん、ジューシー。
 今年初のスイカ、というか今年再び食べる機会があるかどうかも謎なスイカ。なにはともあれごちそうさまでした。

 昨日読んだ本「砂漠の薔薇と海の星 灼熱の悪魔はささやく」
 奪略系ラブロマンス(ってそういうジャンルあるのかな?)。雰囲気的に「アルカサルの恋物語」に近いけどこっちの方が情熱的でファンタジー要素が強いかな。魔導師さんや使徒が出てくるし。小国の王女が初恋のひととの婚儀を前に砂漠の国の俺様王子に誘拐されてサァ大変、という(オイ)。王子さまの寵愛っぷりが殆ど偏愛っぷりに等しいね。本体を持たないジンさんや王子を「ぼっちゃま」と呼ぶグレディさんなど周囲のキャラもいい味出してます。ズンズン!の意味がようやくわかったよ(笑)。

 Web拍手お返事。
 6/28 19:00ごろに3件の拍手をありがとうございます。
 いまは雨がやんでいるので洗濯物を外に出したところです。

 創作的小話。
 主人公が敵方に落ちたところを書こうとしているはずなのに主人公が悪役っぽくなってきた90枚目。
 ここにきてキャラクターたちが暴走をはじめた模様。当初の予定では悪役やっつけて大団円なのにっ(あれ?)。ヒーロー役がここにきてヘタレてきたのも問題だ(笑)。
 上限115枚以内におさめられるようこれ以上の混乱は避けねば(汗)。
«  HOME  »