2010_03
10
(Wed)13:25

残雪わずかに

 昨日の夜は雪が降ったり雨が降ったりで、今朝散歩がてら外に娘を連れてでたらすこしだけ残ってました。雪。
 春の雪は水っぽくて、さらさらしてないけど、これはこれで嫌いじゃないです。実家の方で降る雪って基本的に牡丹雪だったし。こっちに引っ越してからもそんなに変化はないですね、気温は比べればやはり山が近いからか二度くらい低いんだけど。
 娘は「ゆき、のこてる(定番文句)」と言いながら雪解けによる冷たい水たまりを見つけては突っ走ってました。そのなかで転ばなかっただけよしとしましょう(苦笑)。ここ数日は雨上がりのおでかけで靴や靴下が泥だらけです。まぁ本人楽しそうだし周りに迷惑かけなきゃいっか(オイ)。

 一昨日読んだ本「鏡の国の王太子殿下」
 メガネを外したティファニーちゃんのその後。政略結婚に至ったシリン殿下と愛のない新婚旅行で彼の元恋人やら魔やらトラブルに遭遇するという前巻よりファンタジー色が強くなった感じ。あと恋愛色も。ラスト、まさか彼女の方から仕掛けてくるとは(笑)。

 昨日読んだ本「恋人たちのファンタジー・ヒストリカル 愛はロココの薔薇に導かれて」
 今回はフランス王国が舞台。華やかな描写満載で読んでるだけでうっとりします。ポンパドゥール夫人がカワイイんですけど! 政略結婚することになった主人公たちが惹かれあっていくところも丁寧に綴られていて、安心して読めました(笑)。ヴェルサイユの舞踏会のようすや美しい庭園に自分まで足を踏み入れたような感じです。前作より情熱的なのはさすがフランス?

 Web拍手お返事。
 3/8 13:00ごろに拍手をありがとうございましたっ!

 創作的小話。
 とりあえず100枚前後でまとめられるよう書き進めているところ。急展開を目指す78枚目。
 史料と格闘しているとなぜか時刻表トリックを組み立てる推理小説家の気分になるのはあたひだけ?