2010_01
23
(Sat)23:13

夜の日記

 久しぶりに夜にこっちのブログを更新しております。別にいつ更新してもいいんだろうけど、なんか最近は娘が昼寝してるときに更新することが多かったから、妙に照れくさいような変な感じがする(何故)。昼間の更新だと娘が途中で起きてきて書きかけの記事を消しちゃうこともあるけど、夜だとそういう心配は少ないかな(まだ夜中に起きてきておっぱいせがまれるけど)。なので最近は夜、パソコンひろげてちょこっと創作したりすることが多かったです。
 ちなみに今日は旦那が趣味のバンド活動で不在(日が変わるころに帰ってくる)。絶好の創作日和(オイ)。
 とはいえいまは急いであげなきゃいけない書きかけの原稿もなく、新しい物語を模索している最中なので、こうして久々の夜日記なんか書く気になってます。
 というか読み終えた本が溜まってきたってのもある。三冊ともティアラ文庫新刊なのだ(笑)。せっかくなのでまとめて書いちゃいます。苦手な方はスルーしてくだされ。

 一昨日読んだ本「妖かし恋奇譚 黒龍と堕天使」
 今回はあんまし逆ハーレムっぽくなかった(笑)。ツンデレ巫女委員長って属性は女性向けより男性向けじゃないかと思わなくもない……妙に痴漢シーンがリアルだ(ボソ)。堕天使少年の周りの大人は個性強すぎだしお義父さまもあんなだし(笑)、主人公が最初から素直になればそれでおさまったような気がしないでもないゾ(それじゃ話にならないか)?

 昨日読んだ本「太陽神の姫巫女 薔薇の檻に囚われて」
 シリーズ二作目は薔薇の檻なる耽美なものが(笑)。こちらも触手プレイで巫女さんだね(オイ)。
 とはいえ新キャラのマザコン気質のある氷の国の少年王の性格破綻ぶりに絶句。カルザス王がまともにみえた……エロス増量で変態度もアップしてるけど基本的に「愛ゆえに」ですべてがまるくおさまるんだもんなぁ(笑)。

 今日読んだ本「オリエンタル・ロマンス 騎士は花嫁を奪う」
 あ、これも巫女さんだ(笑)。女性向けゲームのノベライズなどで名前は知ってたのですが手に取ったのは初めて。オリジナルのペルシャ風ファンタジーです。ある意味安心できる王道モノ(それでもキス以上はお約束なんだけど)。イラストも好きです。でもタイトル(特にそのまんまのサブタイトルが)ありきたりな感じがしないでもない(ボソ)。

 創作的小話。
 さきほどまでこのあいだ書きあげた短編「浄化(仮)」を読み返してちょこっと直してました。
 月曜あたり印刷して、火曜日には送りつけられるようにしたいです。
 それが落ち着いたらいまいろいろ考えている長編向けのあたらしいものがたりにとりかかろうかなぁと思ってはいるものの、そのまえに娘の通院で実家に行くのでそこで紙プロットをまとめる予定。なので本格始動は二月入ってからです。一月中は比較的のんびりしてると思います。そのあいだに豆雑誌が出て定期購読も届くだろうけど……わーっ(叫)!