2009_12
24
(Thu)14:28

今年もクリスマスがやって来た

 メリークリスマスであります。
 と、いうわけで昨日実家より戻ってまいりました。
 とはいえまた年が明けたら実家に行くんですけど(笑)。
 実家にいる間に娘の誕生会とクリスマス会を一緒にしてきました。
 誕生日プレゼントはアンパンマンの木のおうちと人形の玩具。値段を聞いて卒倒しそうになったけど「7割引きだから買ったのだよ」という素直な言葉にホッ。娘はお人形遊びの概念がまだちゃんとしてない(人形の布団に自分が寝転んでみたり人形の家に入ろうとゴジラのごとく足を踏み入れたり……)みたいですがそれなりに遊んでおりました。クリスマスプレゼントも込みです勿論。
 病院はそれなりに混雑してました。午前の予約で三十人待ちは厳しいー。なんとか一ヶ月分処方してもらったのでこれで来年は二月ごろまで行かなくて大丈夫でしょう。
 そんで家に戻ってきてからは今度は旦那と家族三人でクリスマスの予定。だけど旦那の仕事柄残業になる可能性も無きにしも非ずなのでどうなるかは謎。とりあえず鮭のムニエルとローストチキンの準備をしよう。
 御馳走作って待ってるよ~。

 そいでは読み終わった本が溜まって来たのでいつより早足で(仮)。

 先週読んだ本「蘭契の花嫁 綺羅纏絡」
 読んでてまず思ったのが「乙女が喜ぶ一発逆転(By,ルルルカップ)ってこういうことじゃん!?」という邪な考え。
 んでも今回の中華花嫁シリーズの話はちょっと淡泊だった気がしないでもない……

 実家に行く前に読んだ本「ウェディング・オークション その香りは花嫁を誘惑する」
 乙女の限界に挑むという漢気溢れるティアラ文庫新刊。前作のヒーローとは正反対な今回の王子様のキャラクターはまさしく蛇のようだ(笑)。

 実家で読んだ本「そぞろ迷図 猫眼夜話」
 古本屋で買って積読本になってた「猫眼夜話」のシリーズ二作目。正直どんな話かすっかり忘れてた(オイ)。
 とはいえ幽霊に憑かれやすい青年と幽霊が視えすぎる少女のやりとりやら個性派な探偵さんたちが謎を追う姿なんかは読んでて楽しかったです。偶然が重なりすぎるというコワぃ展開もまた面白いものですね。

 創作的小話。
 実家に帰ってるあいだは何もしてません。
 行く前日に「時華(仮)」を351枚でかなり無理矢理完結させたので、昨日の夜はそれを削る作業してました。
 なので現時点ではギリギリ350枚。とりあえずこれが最終稿かなぁ。時間ないんだもん。
 今夜はあらすじ書きに専念したいと思います。印刷する暇も考えるとほんとこの数日が勝負です。これが終わってから年賀状作業するので(オイ)。とりあえず12/28投函目標っす(仕事おさめかぃ)。
 それが終わり次第年末年始の準備をするよ(遅っ)。大掃除やおせちづくりは三日で済ませてやる(希望的観測)!
 ……だって今年中に投稿しないと年明けはずっと実家にいるから〆切に間に合わないのだ(ボソ)。
«  HOME  »