2009_11
25
(Wed)14:41

たわいもない、発見

 朝は小雨が降っていたもののいまは太陽が顔をだして地面もずいぶん乾いてきております。
 今日は早めにお昼御飯を食べて、それから娘と近所を散策。いつも通り過ぎる道でも、好奇心旺盛な娘に任せて歩くと、思いがけない場所で新しい発見と遭遇できたりします。
 ……えと、ガードレールの話。
 公園の車止めあるじゃないですか、逆U字型の。ふつー、中に顔を突っ込んで覗き込もうなんて考えないでしょう? 娘はそこを素で通り抜けたよ。自分で「ちゅるーん」と擬音つきで。
 身長90cmに満たないちいさな身体ではありますが、身体をくねらせないとやはり貫通することは難しかったらしく、最初のうちは何度も足をごつごつぶつけて「ありー? あれれー?」などと言ってたけど、短時間でコツをつかんでその後はひとりでトンネルごっこを繰り広げておりました。車の通りが少ない道だから出来る遊びですわな。
 そのあいだ、ぼけーっと空見てました。ヘリコプターが飛んでた。娘が「ひこーき」と言って指差してバイバイしてたけど、あれはヘリコプター……
 その後、まだ外で遊びたいとごねる娘を連れておうちへ。イヤイヤまだ遊ぶのと玄関で反抗してたけど靴下と上着脱がせておっぱいあげたら寝ました(笑)。子どもって眠気があっても遊びたがる生き物だってことも、ここ最近のたわいもない発見かもしれません。

 昨日読んだ本「花は後宮にあり!」
 この方の作品は初めて読みました(むしろ全員サービスの小冊子の応募券を集めるために買ったような感じ)。でしたが面白かった~。後宮で働く女の子が主人公で、彼女の周りの男前なルームメイトや女装の麗人(?)などがついてきます。女装キャラ好きなのでこういう話ほんとツボです(オイ)。物語もとってもミステリアスで、謎ときもできて、読み終わる頃にはお腹いっぱいな気分になりました。

 今日読んだ本「華の皇宮物語 帝の花嫁」
 こっちも中華風ファンタジー。前巻の続編。気になってた女性が他の男と駆け落ちしちゃって気落ちしてた皇帝さんだけど気を取り直して他のお妃さんたちのもとで真実の愛に目覚めるというまぁそういう話(略しすぎ)。主人公たちよりも女の悦びを覚醒させられちゃった少将と腹黒宦官さんのアダルティな描写の方が生々しかったよ(オイ)。

 創作的小話。
 短編に煩わされるのもどーかと思うので今月は長編だけ書きすすめることにした。288枚目。
 実家に行って帰ってきて結果見てからでも短編書くのは遅くない(ハズ)!