2009_10
30
(Fri)16:17

ばたばた月末

 ここ数日妙に忙しない……気がするのはなぜだろう。娘の昼寝の時間がずれまくったり、そのせいで夜もなかなか寝なかったり、ってのがつづいているから仕方ないのかな。
 ちなみに昨日は午後二時頃に昼寝に入って夕方まで起きてこなかったから夜十一時くらいまで寝てくれなかったよ(だから創作は進展ナシ)。寝かしつけられたら夜の執筆タイムだー、なんて思ってたのに一緒になって寝てた模様。まあ仕方ない。その分今夜書けるといいなあ(仮)。
 今日の娘は通常運行。さっきまでバナナ食べてました(笑)。最近バナナを見ると「食べゆ~」と指差して求めるのです。しかもバナナの発音が「ばなーな(banana?)」と英語チック。絵本で見た林檎を「りんご」ではなく「あぷるー(apple?)」と言ったり、マグカップに書いてあるバイオリンを「べーちゅ(bassのこと)」と言ったりと単語は増えてるみたいですが……バイオリンをベースと間違えてる時点でどうなんだろ(ボソ)。まあかわいいから許す(オイ)。
 んでもってまた実家行ってきます(娘の通院諸々)。こっちの準備もあってばたばたしてるのです。
 そういうことでまた一週間弱日記お休みすると思います。

 一昨日読んだ本「女神の娘の恋歌 暁は伯爵、黄昏は魔王」
 久しぶりに響野先生の本を読んだ気がします。初めてコバルト以外から本を出されたとのことでどんな話かなと思い手に取ったのですが、ヒロインの年齢18歳って時点で少女小説というより乙女小説ですね(何)。職業意識のしっかりした司祭の主人公が頑張ってる姿がカッコいいです。謎めいた伯爵さんのキャラクターも魅力的。昼の顔と夜の顔って奴ですね(ボソ)。つづきものになるのかな? なるようならもっと女神世界堪能したいです。特に主人公の母親の話とか気になるです。

 昨日読んだ本「毒姫と赤い伯爵」
 ここ数日伯爵めいてるけどたぶん気のせい。気になるレガロシリーズ新刊です。ピカレスクロマンってジャンルらしいけどそんなに悪党っぽいひといなかったなぁ(笑)。血をはじめとした体液が致死毒になっている暗殺者の少女が初めて暗殺以外の仕事に携わって人間らしさを取り戻していく話にもみえるし、変態少女趣味の男ふたりが主人公を奪い合う話にみえなくもないです。ゴシックな雰囲気やそれに見合った本の装丁も素敵。この方はゲームシナリオからBLから乙女小説からイラストからなんでもできちゃうようで、その才能を生かした活躍には目を瞠るものがあります。羨ましいなぁ(オイ)。

 Web拍手お返事。
 昨日AM7:00台、今日12:00台と久しぶりの拍手をありがとうございますた★

 創作的小話。
 ここにきてちょっと停滞中(昨日寝てたし)。
 実家行ってる間にもういちどプロット見直してみます~。

 ルルルカップ参加予定の皆様、最後まで頑張ってください! 応援してます♪