2009_09
07
(Mon)11:44

眼鏡破損

 週末は家族でららぽーと行ってきたり旦那の実家に行ったりしておりました。
 またもや娘が日曜日の朝に旦那の眼鏡を破壊しまして(もうそろそろ数えるのがイヤになってきた)、あわててメガネ屋さんに行く予定が組まれたけど。眼鏡のレンズが見事に外れてつるの部分もくんにゃり曲がっててお金のない旦那はお顔が真っ青でありました。朝から旦那ぷちっと切れてたもんなぁ(笑)。娘も少しは学んで欲しいものだが……一歳八か月の娘に「パパの顔の一部を壊しちゃいけません」って言っても通用しないだろうし(汗)。あたひゃ昼間コンタクトだからちょっとくらい壊されても平気だけど旦那は眼鏡がないと仕事もできないので(日曜日に壊されてよかったね、ってそのときは思ったよ)。
 とりあえず眼鏡屋で直してもらってなんとか現状維持しております(修理代かからなくってよかったね)。ぱきっと割れたら今度こそ買換えでしょうが(あたひと違って旦那の眼鏡は高くつくので……)。

 週末に読んだ本「緋色の花嫁」
 毛利先生のお蔵出し作品だそうで。読んでみると一部で「?」的な設定もあったのですが、1998年に書かれた作品だと知って納得しました。イラストが増田メグミさんだからか「クロス」を和風っぽくした物語みたいなのかなぁとも思ったけど、それよりけっこうゆるゆるだった気がします。でも没食らった原稿が意外な形で日の目を見るってこともあるんですねー。

 昨日読んだ本「魔法の雫 薔薇の雫」
 お久しぶりな金蓮花先生の新作。これ一冊の読みきりかと思ったらどうやら二巻以降もでるそうで。
 結婚の罠とか策略とか貧乏な騎士とか妙にリアリティのあるロマンティックなお話です(笑)。薔薇の騎士さんにはしっかり者の奥さんが似合います。お城のひとたちのキャラクターも良かったです。

 Web拍手お返事。
 昨日深夜二時頃にたくさんのパチパチをありがとうございます!

 創作的小話。
 みっちり詰め込んだ感じが否めないものの、どうにか本文を規定枚数限界ぎりぎり115枚に押し込みました(笑)。今度はあらすじを800字で考えなくちゃいけませぬ。原稿用紙換算あばうと400枚(削ってからは換算してない)のものをどーすれば800字で収められるのか……とりあえず今週中に投稿したいので今夜か明日にでもあらすじを書けるように努力します。できるかなー?
«  HOME  »