2007_04
04
(Wed)23:57

春雷吹雪いて桜雨

 朝から雲行きはどんより。
 午後からぱらりぱらぱら小雨が降りだし、それが気づけば春雷を呼び嵐へ変貌。
 地面を叩きつけるような雨音を余所に事務机に張り付いて月初の仕事に励むアタクシ。うん、頑張った。
 診察終了後に掃除機かけてたら患者さんがつれてきたのか雨に濡れた桜の花びらが床に落ちていた。季節柄。
 この雨で桜、散っちゃったかなぁなんて思いながら家に帰ったら「え、雪降ってたよ」とのこと。
 ……雪!?
 花冷えですね。白い息が飛び出すわけだ。

 いま読んでる本は「義経(下)」
 木曽義仲の短すぎる栄華と失墜を経て、義経は打倒平家に向けて動き出す。スピード重視で勢いよく飛び出す彼が合戦で繰り広げる奇策に読んでるこっちも乗せられてしまいます。壇ノ浦の戦いまで読んだ。明日には読破できそうです。
 坂東武者が苦手な海戦に挑み勝利を掴む。騎馬戦と異なる西の戦の描写に感心しっぱなし。
 国語の教科書ではるか昔に習った平家物語の某シーンなんかが目に浮かんだよ。
 平家は壊滅したけれど……ここがきっと、最盛期だったんじゃないかな。義経の人生で。

 Web拍手お返事。
 4/3 午後十一時に二件、4/4 午後十一時に五件ありました。
 いつもありがとうございます~。こんな感じですが見守ってくださるとこれ幸いです☆
 あまねさやさん>
 お祝いのお言葉ありがとうございます! 今更ながらのブログデビューです(笑)。

 創作的小話。
 ノベル用にと考えている話がどうにも長編化しそうで悩んでいるところ。潔く別物で勝負すべきか考え中。まぁ今考えてる話をもっと鋭利にすればいいだけなんだろうけど……加減が難しいねぇ。