2009_07
27
(Mon)13:03

夏風邪ひいた

 どうにも、娘がくしゃんくしゃんと夏風邪ひいてるなぁと数日前から思ったのですが、一昨日あたりからそれがあたひの方に伝染ったらしく、夜中に「なんか身体熱いなぁ」と体温計ではかってみたら38℃ちかくあったのでした。翌日には微熱になってたし、いまじゃほぼ平熱なんだけど。
 身体のふしぶしがぴきぴき痛くてだるくて動くのもおっくうだというのに夏のじりじり暑い陽気で更に溶けそうな感じ。鼻はつまったままだから娘がうんちしたのも気付けない(オイ)。あー嫌だ嫌だ。
 ちなみに娘の方は風邪の症状がおさまってるようで、ときどき水っ鼻をだす以外は問題ありませぬ。鼻水放っておくとカピカピになっちゃうのでそれは気をつけなきゃいけないけどね……

 今日は午前中に久しぶりに隣駅の銀行まで行って通帳の記帳をしてきました。ずいぶん行ってなかったから「犯罪に使われた可能性があります」なんて銀行から警告じみた手紙を受け取ってしまったのだよ(しかも実家に届いてた……そういえば住所変更してないし)。だから重たい腰をあげてベビーカーに娘を乗せてえっちらおっちら。給料日過ぎてたからちょっと並んだけどぐずられることはなかったです、ホッ。
 それから駅前の本屋で亜美さんの新刊を購入。一緒に豊島ミホさんの新刊が並んでいて思わず買いたくなったけど財布の中身と相談の上今日は諦めました(オイ)。たしかそろそろ豆雑誌も発売になるよねー。あとで確認せねば。

 一昨日読んだ本「魔王子の花嫁」
 乙女系小説なんだけどキス以上の展開がお約束という新レーベル、ティアラ文庫。
 可愛らしいイラストとは裏腹、内容は男性向けエロ小説を書かれてる女性作家さんなだけにけっこう刺激的(笑)。ファンタジー作品でこういう話はあんまし読んだことなかったので新鮮でした。
 個人的にお姉さまと摂政のグレンさんのカップリングが気になります。お姉さま素敵……

 昨日読んだ本「伯爵は聖乙女にキスをする」
 同じくティアラ文庫から。こっちはほんとにノーマルな男女のロマンティックな恋物語(だと思う)。
 とはいえ主人公の日本人の女子高生が実はジャンヌ・ダルクの生まれ変わりで相手の伯爵さんもその前世の恋人、なんて美味しい設定があるんだけど。その辺の謎解きとか楽しかったです。ヨーロッパ全土で繰り広げられるさまはまるでハーレクインっぽいよ(笑)。

 昨日読んだ本「ヴァンパイア・プリンセス」
 もういっちょティアラ文庫。あんがい癖になるよ(オイ)。
 とはいえこっちの話はBLとかで免疫がないとけっこう堪えるかも。物語やキャラクターはすごい魅力的なんだけどねー、エロシーンの量が上の二つと比べたらかなり比率高い。しかもツンデレ×ツンデレだから「イヤよイヤよも好きのうち?」というじれったさがこれでもかと続きます。吸血姫であり淫魔でもあるリリスの少女と俺様な屍鬼の究極の愛の形に賛否両論はありそう。それより他のキャラクターの扱いが可哀そうに思えてきました(あとがき参照)。ほんと鳴瀬とか(笑)。

 創作的小話。
 そろそろロマンティックな展開に持っていきたいのにまだ眼球抉ったり血を流したりしてます(オイ)。
 ただいま231枚目。