2009_05
07
(Thu)12:55

連休のおわり

 今日から仕事再開という方も多いみたいですね。うちの旦那もそのひとり。だけど木曜金曜と出勤してまた土曜日曜とお休みとなると気が抜けそうな気がしますね(笑)。
 連休中は主に近所のお散歩ばかりしていた気がします。まぁ、娘もちいさいですし。
 先日は旦那の母方の祖父のおうちへ遊びに行きました。ほーちゃんのひぃおじいさんになります。あたひが行くのは三回目かな。
 伯母さんたちや親族も勢揃い状態でけっこう賑やかでありました。娘は猫のレオくんに興味津々で昼寝するまでずーっと追いかけっこしてましたよ(笑)。

 一昨日読んだ本「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと宵の明け星」
 最新刊。身分違いの恋は叶ったからといってそこでめでたしめでたしとはいかないもの。というのをあらためて目の当たりにしてドキドキしました。それにしてもシャーロックって乙女系男子なんだろうか(素朴な疑問)? ちょっと女々しいとこもなきにしもあらずってか(ボソ)。
 それより今回一番驚いたのは母上さまの天然っぷり。たいしたものだ(笑)。その場面が一番強烈だった。いままでの話の筋忘れそうになったもん(汗)。

 昨日読んだ本「伯爵と妖精 魔都に誘われた新婚旅行」
 蜜月真っただ中のお二人さん、フランスへ新婚旅行するの巻。
 薔薇色海岸とか海底都市とかファンタジックな舞台にいつも以上にトキメキました。
 オープニングがちょっぴりサスペンスちっくでいつもとなんか雰囲気違うかも、とも思った(笑)。
 とはいえ妖精がからんでいるし、ふたりの愛が試されるというお約束の展開も相変わらず。
 いろいろあるけど新婚生活楽しんでるみたいだなぁってのはすんごくわかりました(ボソ)。ナイトガウン一枚の隔たりなんか関係ないよ(オイ)。愛し合うふたりは無敵だと思うなぁ。
 ちいさなすれ違いと和解の中に平穏な夫婦生活、というエンディングの文章には思わず共感しちゃうあたひなのでありました。

 創作的小話。
 なんとか短編「しっぽ(仮)」を28枚書いて第一稿完成。しばらく放置予定。
 そのあいだに中編のプロット考えて書きはじめないと……間に合うように頑張らなくっちゃ!