2009_04
09
(Thu)13:15

印刷トラブル強引対処

 発端は昨日のこと。
 まぁ要するに壊れちゃったんですわ、プリンターが。
 短編を印刷しようと思っていたところでこのトラブル。
 大慌てで旦那にメールしました、「今晩買いに行こう」って。

 そして昨日の夕方、仕事帰りの旦那と待ち合わせして買っちゃいましたプリンター。
 ある意味逆上してた気がしないでもないです。とはいえ「今日じゃなきゃダメ?」「締切十日なのだよ」との説明ですぐさま了解してくれた旦那さまあっての荒業です。感謝。
 いやー、だってあたひがベビーカーで娘連れてって家電量販店でプリンター買って持ち帰るって無理ですよ(笑)。潰れるって。
 買ったのは前回と同じピクサスのiPシリーズ。五年前の旧型と比べたらかなりカッコよくなってます。値段もまぁそれなりかな(でも一番安いのにはしなかった)、ほーちゃんの写真などを印刷する機会もあるのでクオリティ高めのものを選んでます。だけど無線LANには対応してません。そんなに深くは考えてないけど(どっち?)。ついでに黒インクだけ予備に買っておきました。あと2mのUSBケーブル買ったけどよく考えたら家に短いのがあったからなくてもよかったです(オイ)。
 とりあえず昨日はそれだけで疲れて娘と一緒に寝ちゃったのでありました。

 んで。娘が昼寝に入ったのを見計らって大慌てでインストール。その間にいちど起きてぐずられるもののおっぱいあげたらまた寝てくれたのでセーフ。インストール完了後短編の印刷へ。
 ……終わった!
 とはいえまだ封筒に入れて送りつける作業があるんですよね。夕方には出せるかな。消印は十日になるかもしれないけど(基本的に郵便ポストに投函してます)。
 とりあえずひとりであたふたしながらここまでこぎつけられてホッと一息つけたところです。

 そんなわけで「放課後の天使」ならぬ「ホウカゴの熾天使」、旅立ちます。
 やっぱりタイトル変わりました。更に激しい話になった感じです(謎)。熾天使って言葉を一度使ってみたかったってのもあります、ええ単なる自己満足ですスイマセン。

 そろそろ娘が起きそうなので今日はこの辺にて。読んだ本のコメントは後日青色雑誌のヒトコト感想と一緒にお伝えしますー。
初熱   
«  HOME  »