2007_05
07
(Mon)23:17

結婚準備、続々

 婚姻届に不備があったため(本籍記入せなあかんのだった!←なぜか我が家の住所は現番地ではなく旧番地が本籍だったらしい)、そして証人の記名捺印が未だのため本日大安吉日の入籍はかないませんでした。まぁ別に次の大安でもいいかと言ってますが(笑)。
 昨日は疲れちゃったのでパソコン開かずに寝ました。結婚式場見学のお疲れもあったんだと思います。んでもって結婚式場も決定しました。やっぱり最初に見た場所になりました。七月二十一日土曜日挙式です。カウントダウンは着々に進んでます。うひー。

 昨日読んだ本「永遠の花園 さびしがりやの王女と始まりの種」
 閑月じゃくさんの文庫デビュー本。このひと、一筋縄じゃいかないはなしばっか書きますね(何)。
 ありきたりなファンタジーと展開で騒動がおさまってめでたしめでたしにでもなるのかと思えば最後の最後でえーそんなのってアリなの? ってどんでん返しが。あれをどんでん返しと呼べるかは謎だが。それで惹きつけられて離さなくしちゃう手腕なのか? ちょっと詰め込みすぎな感じもあったし伏線が上手に拾えてない場所も見受けられましたがあのどんでん返しで「これが新人の武器か……」と納得させられてしまいました(笑)。うん、一筋縄じゃいかないひねくれ感が素敵です。

 今日読んだ本「~リアランの竜騎士と少年王~ 比翼の王冠」
 リアランシリーズもついに十二巻。主人公だってぐんぐん成長するわけです。なんせ愛するヒトが常に傍で支えてくれてますし。このままクライマックス突入しそうだなぁ。
 王子が王として目覚める、ってのが話しの大筋なんだろうけど。前巻で危機一髪だった状況をどう回避し、そこからどう混乱をしずめるか、そのプロセスと彼をとりまくキャラクターたちの心境の動きがよく現れていた気がします。
 むしろ充実した展開をこの薄さで提供できる技術がスゴイと思います、あれもこれもと書いていくとたいてい原稿って長くなるもんだと思うので……

「おめでとう、結婚するんだって?」
「さすが結婚する女は違うなぁ」
「うひひ、色々大変そーだねえ」
 昨日のせんせーはあたひが結婚することをリョーコさんから知らされていたらしく、そんなわけであたひが結婚する報告はしてないのに結婚することが露見してしまったわけで……まぁ不貞腐れた顔でイライラしながら突っかかってきたりしてましたよ。
「先生苛ついてる」とリョーコさんが耳元で囁いていたのが笑えた(オイ)。
 まぁこっちも「ありがとー」なんてふつうに満面の笑みを浮かべて左手薬指のシルバーリング見せ付けて「ほんとなら明日名字が変わるはずだったのだよ」なんて冗談のようにほんとのはなしをしてましたので。
 とはいえ相変わらずあたひをからかうのはやめないようだ。あたひも奴のことはお兄ちゃんがいたらこんな感じかなぁとか思ってるわけだし。
 ただ、できれば結婚報告自分でしたかったよぉ(じたばた)。