2009_01
12
(Mon)17:18

焦ったってどうにもならない

 娘と旦那が昼寝中でようやく自分の時間を手に入れられました(笑)。
 そういえば十日、ロマン大賞の締切日でしたね。もう駄目すっかり離れてる自分がいて周りのひとたちが祭に浮かれているのをいいなあと指をくわえて見つめることしかできない状況。
 とはいえ焦ることはなし。いまは自分にできることをゆっくりのんびり頑張ればそれでいいのさ。

 昨日読んだ本「月色光珠 想いは夢路に咲く」
 離れ離れになったふたりがお互いを強く思うが故に夢の中で……というちょっぴりホラーチックな展開(違)。今回は嵐の前の静けさ、的な一冊になっていた気がします。
 現にラストでふたりが再会するのだが、そこが妙に浮き立っていたような。落差の激しさみたいなものを感じました。ほかには嫌味な奴だと思ったとある方が実は悪い奴じゃないのかもなんて思える一面を発見したり。うむ、奥が深い。

 今日読んだ本「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと舞踏会の青」
 ついに舞踏会のお話です。相も変わらずたくさんドレスがでてきますが今回の一押しは主人公が終盤で着た緑のドレスかなあ。いままでで一番恋が燃え上がっていたようにも思えます。最後の方は一気に読んでしまいました。もどかしいふたりが気持ちを伝えあう初々しさがまたいいですね(笑)。アディルさんも何か気づけたみたいだし。とはいえまだまだ問題は山積みだけど(騎士発言した彼なんか特に気になる役どころ……)。身分違いとはいえふたりがしあわせになれればいいのになあ。

 創作的小話。
 ただいま「星の音」が47枚目。ゆるやかに進めてまいります。

 今後の投稿予定(とりあえず新年の抱負もどき)。
 創作仲間さんたちが結構箇条書きにされているのでそれに便乗させていただきます(オイ)。
・2月 コバルト短編(現在13枚書いている「第三の父」を送る予定)
・4月 コバルト短編(なんとなく歴史もので考えています)
・6月 コバルト短編(何も考えてない)
・7月 コバルトノベル(可能なら一作品以上)
・8月 コバルト短編(考えてない)
・10月 コバルト短編(予定は未定)
・12月 コバルト短編(まだ先の話)
 ……そんなわけで相変わらず短編ばかり書く一年を予定しております(笑)。その合間に長編を書いて、その出来次第では秋あたり締め切りの新人賞(当然少女系)にでも送ろうかな、なんてことを考えたり考えなかったり(間に合わなきゃ翌年のロマンに送る←単純)。
 ノベルの方は最低一作品、一年間サボった分を考えれば二作品くらいは書きたいけれど、まずは納得のいくものをしっかり書き上げなくちゃいけないなぁというのが正直なトコロ。
 そろそろ育児休筆中の紹介文取り下げるかな……ブログのデザインも変えたい。サイトのデザインも。ああやりたいことたくさんだー。