2008_11
18
(Tue)18:04

家族みんなで風邪っぴき

 昨日は旦那が早めに会社を切り上げて病院に行って薬をもらってきました。
 娘は元気に動き回りながらもときおり鼻水をだら~りと垂らしてその顔であたひにすり寄ってくるので気づくと洋服の胸元に白っぽい娘の鼻水のあとが走ってたり(笑)。
 かくいうあたひゃあいかわらずのどの痛みと格闘中。
 昨日は朝から頭痛がひどかったのですがようやく落ち着いてきたみたいです。ふぅ。
 どうにか午前中、保育園に行って娘を遊ばせてくることができました。
 今週は木曜に一歳児クラスがあるのでそっちにも顔出せればいいなぁ。

 一昨日読んだ本「瑠璃の風に花は流れる 銀の予言者」
 このあいだの続き。ようやく最新刊においつきました(笑)。
 新キャラの予言者さんにはかなりイライラさせられましたが(オイ)、キャラクターとしてはよくできてるなぁと思います。シリーズが進むごとにどんどんキャラクターが増えてるのに混合しない不思議。
 話は相変わらず王太子さんが暴走している気がしないでもないです。まぁ年下の男の子だもんね(そこかい)。嫉妬しすぎな気もしないでもないがまぁそれだけ主人公に魅力があるってことで(いいのか)。なんか主人公の王女さんが実在してたら絶対仲良くなれなそうな気がすると今更のように感じ始める今日この頃(俗に言う僻みかもです)。

 昨日読んだ本「月色光珠 月珠は黒翼を抱き」
 積読本ー。これで第一部にケリがついたとのこと。うん、ここにきて急展開な気がしないでもないけど……特に弟君の成長っぷりには吃驚。愛しの女の子との距離も縮まってきてるようで何より。
 黒幕あのひとだったんですねー。悔しいけど憎めませぬ。
 それより皇帝さんの登場頻度が少ないのにすごーく印象が残ってるのはどうしてでしょう……

 今日読んだ本「月色光珠 秘密の名前」
 雑誌掲載されていた短編が一冊にまとまったもの。どのはなしも素敵でしたがノックアウトされたのは書きおろしの一編。
 だって有さんが子守してるんですよ! 十か月の女の子を(笑)。うわーうちの娘と月齢同じくらいだーなんて思いながら読んじゃいました。放っておくとはいはいしてどっか行っちゃうのよ~ってのに共感。
 んでもってあとがきにも強く共感してしまう自分が……すごいなぁママさん作家さん。

 創作的小話。
 無造作にメモ帳に世界観を書きつづっているところです。舞台は白いお城のはずなのになんか伝奇モノっぽくなってる気がする……
«  HOME  »