2008_11
10
(Mon)17:02

寒気と可愛げ

 寒い。
 ここ数日、ふるふる震えてばかりいる自分です。というかこれは悪寒なのか? 風邪の前兆なのか? 授乳中は風邪引かないなんて都市伝説は信じちゃいけないのか(←以前働いていたときにパートのおばちゃんが言ってた)!?
 授乳中に風邪ひくと薬が飲めないのが痛いのですが、漢方ならすこしは大丈夫らしく、このあいだは葛根湯を飲んで乗り切りましたが。今回もまた風邪の諸症状を引き起こす前兆となるのでしょうか。謎。

 娘は元気です。裸足でフローリングの床をぱたぱた歩きまわってます。「きゃ」だか「ぎゃ」だかわからない舌足らずな言動を繰り返しながらネットのモデムを引っ張ってました(ダメじゃん)。だいじょーぶ、まだコードつながってるから(当然)。
 昨日の日曜日は親父さん(義父)に車を出してもらいオムツなどの赤ちゃん用品を買いに行ってきました。急に寒くなったから慌てて長袖の下着を買ったよ。あと子ども用のパイプ椅子(座ると「ぷー」とか「みー」とか鳴る椅子)も。娘はまだ自分から座ってくれないけど。一家に一台は必要だね、なんて話になりました(何故)。
 あと年賀状撮影にも使えそうな牛柄の部屋着(笑)。これ着せて写真撮って年賀状にしようと思ってます(オイ)。昨日帰ってきてから試しに着せたらかわいかったー(自画自賛)! 旦那も「おっ、かわいいぞー」なんて言ってた。え、親ばか?

 さいきん読んだ本「月明のクロースター ~虚飾の福音~」
 ジャンルはたぶんきっと学園サスペンス。だけどこの舞台設定がかなり強引な気がする。よくある陸の孤島なんだけど(ボソ)。主人公の存在がいちばんミステリアスでしたね(違)。最初から幼馴染の女の子が好きになれなかった(最初から最後まで好きになれないってのも珍しい)のも残念。少年向けだから仕方ないかとも思ったけど……展開も読めちゃったし。
 内容は期待していただけにちょっと拍子抜けするところもあり。だけどまぁこんなもんかなー。雰囲気はすごく好きなんだけど。最初から最後まで得体のしれない閉塞感が漂っていることもあって物語があんまし動いてない感じ……心理的に追い詰めたり追い詰められたりする分には楽しめますが。

 旦那が買ってきた本「キノの旅Ⅻ ―the Beautiful World―」
 旦那が「最新刊でてたー」と買ってきたので彼が読み終わってから拝借。
 毎回同じようですこしずつ違う旅の話。個人的に「賭の話」が面白かったです(旦那と「展開が読めるけど面白いよね」と語りあったのだ)。
 それにしてもついにカバーの裏にまで進出してきましたか……あとがき今回普通だったけど(たぶん、いや、ちょっと長いか)。

 昨日読んだ本「約束されたガーディアン・プリンセス」
 このあいだ散歩がてら買ってきた最新刊。いよいよ佳境らしく、次で最終巻なんだとか。
 仮面夫婦してたふたりがどういうわけか「お友達」ポジションに。
 んでもって奥さんのピンチに頑張る健気な夫の姿はある意味「尽くす男」そのものかと(違)。
 久しぶりに現われてくれた愛人を「夢オチ」にしてしまうのもちょっとカワイソな気が(ぼそ)。
 個人的に薔薇の描写が好きです。行間から薔薇の香りがしそうな感じ(オイ)。

 創作的小話。
 あたらしいお話のキーパーソンが生まれました。
 その前にやりたいことができてちょっと困ってます。
 何から手をつけよう。むー。