2008_10
03
(Fri)15:41

帰宅

 帰ってきました。
 実家でのまったりした日々を思うと、この家事育児と追いかけっこ状態ってのは意外と体力つかうんだなぁと改めて痛感。
 娘はついにはいはいからつかまり立ち、が→何もないところでたっち、という進化を遂げ(笑)、このままだと誕生日までにはスタスタ歩いてそうな勢いです。わあー放っておけないよぉ(オイ)。

 帰郷中に読んだ本「黒耀姫君 ~はじまりのゆき~」「黒耀姫君 ~うつろいのつき~」
 ちなみに「黒耀姫君」のルビは「オブシディアン・プリンセス」。普通に読めません(笑)。
 萩原麻里さんが久々に少女向けに書いたファンタジー(ビズログさんです)とのことで出産直前に(たしか二日前)旦那と本屋に行って買ってそのまま忘れ去られてました(オイ)。いつの間にか二巻も刊行されていて残すは完結編のみというところまでいってました。まぁその前に読もうかなと思ったので実家に逆輸入(笑)。
 ファンタジーですが相変わらずマニアックな設定が美味しいです。国津神と皇帝が同時にでてくる話なんてどうなのよ(ボソ)。ただイラストが幼い感じがしてあんまし好きじゃないなぁ(個人的に)。
 なにはともあれ全三巻予定なので残すは完結編を残すのみ、早く読みたいなぁ。
 帰りは荷物になるので置いていきました(笑)。

 実家にあったので読んだ本「イチゴミルク ビターデイズ」
 自分が持参した本を読み終えてしまったので実家の自室の本棚(千冊以上古本屋に売ったがそれでもまだ残っている)から引っ張り出して読みました。積読本だけど嵩張ったから引越しの時に荷物に入れてなかったみたいです(他にも分厚い歴史小説や海外小説が数冊ほど居残りしてます……今度正月にでも読もう:笑)。
 青春の甘いのと苦いのが身にしみる一作。
 たしかにイチゴミルクって青春の味かも(何)。
 それにしても「同類は交尾可能」に爆笑しちゃったよ。二十四歳しがないOL、なんだかもうひとりの自分を見ているような気分になったなぁ。うん、壁井ユカコさんのこういう話、すきだなああたひ。

 家に帰ってきたら定期購読の青色雑誌さん到着されてました。
 とりあえず帰ってきて荷物を置いて娘に授乳を済ませて速攻で本開きました(オイ)。別に投稿してないけどさっ。
 ……なんか短編の常連さんの名前が少なくなってきたような(?)。それとも筆名変えた方とかもいるのかなぁ。知ってる名前の方もまぁいらっしゃいますが。なんかあたひと似たような筆名の人がここ最近でてきてるみたいでなんだかなぁとも思うのですがまぁそれはこっちの話。
 まだ中身は全然読めてませんが、まぁ一か月もあれば読んじゃうことでしょういつものごとく。

 そして創作の方は相変わらず進んでいないんだよねー。いわずもがな。
 あ、娘が昼寝から覚めた模様なので今日はこれにて(逃)。
接種   
«  HOME  »
  帰郷