2007_04
29
(Sun)23:36

医師と事務員のやっぱりしょーもない一日

 せんせーに結婚するって報告できなかった(滂涙)!
 話そうとはしたのよ、でも奴は話させてくれないのだ。
 相変わらず子どもをあやすようなわざとらしい笑顔振り撒いて、あたひの眠そうな顔の前でこれ見よがしに薬品で黄ばんだ手を振り、帰り際にはお馴染み投げキッス「ちゅっ」。
 ……セクハラ魔再来?
 誕生日が過ぎていたので「おっさんおっさん」と囃したのがいけなかったのかなぁ(笑)。三日連続当直でハイテンションだったらしいし(←つーか休め)。ゴールデンウィークも仕事だってー、知ってるよ一緒にお仕事するじゃ~ん(←溶けてる)。
 なんか五月はやけにせんせーが来る日が多いような(当社比二倍くらい)。
 ほんとは土曜日も一日入るつもりでいたらしいけど勤務先の大学病院の当直が抜けられなくなったとぼやいてたので「どっちにしろ土曜日はあたひ休みだよ」とそっけなく言ったら「じゃあ行く意味ないな」ってあっさり言い返された……えっとそれってどーゆー意味?
 まあ今日のろけられなかったので(笑)、そのうち「実は名字変わったのだよ」とか言って驚かせてやろうかと考えてます(オイ)。むしろ「独身時代はもう終わった」とか言ってやりたいね(爆)。今日からいつもつけてるシルバーリングをさりげなく左手薬指につけはじめたのに誰も気づいてくれないし……いじいじ。
 だってあたくし人妻になるのよもーすぐ(爆)!

 今日読んだ本「鳥籠荘の今日も眠たい住人たち2」
 壁井ユカコさんの新シリーズ第二弾。「キーリ」とはまた違った魅力がありますね。
 今回はちょっぴりアブノーマルな恋物語の詰め合わせ。へれんちゃんよく生きていられるねぇ(遠い目)。
 微エロや微グロの頻度はすこし減っちゃいましたが(何)、有生クンと由起ちゃんの過去話に癒されました(笑)。あんなママたち怖いよ……
 ありえないと思いながらももしかしたらこんな物語が身近にもあったりするのかなぁなんて考えちゃうと、それはそれでその物語に取り込まれちゃったんだろうなぁと苦笑を浮かべたくもなるわけで、あー駄目だあたひこういう話超好み(オイ)。

 創作的小話。
 ただいま7枚目。序章をどうにか書き終えたところ。
 このペースで毎日書けると五月中には第一稿できそうですがきっとそうは問屋がおろさないでしょう(確信)。