2007_11
24
(Sat)23:32

紅葉とか、満月とか

 何かが起こるかもしれない満月の夜。
 別に何も起こってません(笑)。
 ハラノコは相変わらずで、このお腹が居心地いいのだとでも訴えたそうにうごうごしてます。

 昼ごろに新宿で旦那と一週間ぶりに会って、東急ハンズで手帳に差し込む細身のボールペンと替え芯を買ってから、HMVに寄って、それからお昼ご飯を食べて、新宿高校の脇を歩いてのそのそ新宿御苑を散歩してまいりました。
 新宿御苑の木々は赤いのもあったし黄色いのもあったけど、見事な紅葉! と呼べるほどではなかった……かなあ。だけど森林浴は気持ちいいね。昨日に比べると暖かかったから、歩くのも苦ではなかったです。
 道端に落ちているどんぐりや枯葉もまた乙であります。この時期じゃなきゃ見られない風景、なのかもしれませぬ。
 こうやって旦那と手を繋いでハラノコ抱えながら散歩するのも最後かもしれないなぁなんて思うとちょっぴり感慨深くなったり。
 芝生の上で子どものおむつをかえている夫婦(旦那が「公然わいせつ罪に問われるのは幾つからだろう?」と本気で心配していた)や、落ち葉をかき集めては父親に投げつけている幼子の姿などなど、微笑ましかったです(オイ)。

 散歩の後、あたひの実家に旦那来訪。
 ふたりでハラノコの名前とか考える(今更)。
 だけどなかなか「コレ」ってものがない。
 今月中に生まれたら「秋」にちなんだ名前、十二月入ったら「冬」にちなんだ名前、になるかもしれませぬがそこのところは微妙。
 紅葉とか楓とかもいいなぁって思ったけど、旦那が「会社の人の娘さんが楓っていうからそれはヤメテ」と言ってました。そういえばあたひも職場で「頼むから桜だけはやめてね」って言われたなあ(某さくらクリニックに出勤してたため)。あと、秋だと「月」にちなんだ命名も多いみたいですねー。冬だと「星」になるみたいだ(だけど「聖夜」で「いぶ」って読ませるのはどうなんだろ……)。木の実の名前もカワイイかも、でも名字との画数や相性を調べるとそれはそれで微妙だったり。
 いくつか呼びかけてみたものの、あんましいい反応はしてくれなかったです(笑)。
 だけど旦那が「そんなこというとハラミにするぞ」と呟いたら「それはやめてくれ」と咄嗟に胎動が帰ってきました(汗)。あたひが「ハラコ」とか「ハラミ」とか「カルビ」とか言っていたからかもしれませんが(肉かよ)。ちなみに「軽美」で「カルビ」です(冗談だよ~)。
 ちなみに旦那が「いつ生まれるんだ~?」とハラノコに問いかけ、「一週間? いや、八日?」と口にした時点で「……ポコッ」と動いたので、「十二月一日か二日あたりに生まれるんじゃないの(仮)?」という話に落ち着いてます(いいのかそれで)。
 ほんとにその日に生まれたらすごいなー。