2007_10
01
(Mon)23:34

本に埋もれる

 腕が痛い。大量に本を持ったからだと思われます。
 引っ越しに向けて部屋の整理整頓はじめました。
 でるわでるわ、本、本、本。
 気が遠くなりそうなくらい文庫本がでてきました。
 とりあえず500冊くらい現在一人暮らし中で空室になっている妹の部屋に移動。古本屋さんに出張買取してもらおうかなあと思ってます。
 この作業でほぼ一日潰れました(でも終わってない)。
 あぁ疲れたー。

 とはいえこれはまだ氷山の一角。
 引出しをあければ更に文庫がコンニチワ、クローゼットの奥の衣裳ケースにも100冊以上は封印されているだろうし、本棚になった食器棚にもまだまだ大容量の本が……雑誌やボロボロのもの(古本屋で20円で買った辛うじて読める自分が生まれる前に出版された本など)は資源ゴミにせざるおえないけど、それ以外の本はリサイクルできるかなあ。とりあえず売ってもいい本は売ります、完結したシリーズとか読みきり作品とかつまんなかった本優先で。生活費の足しになるかは微妙だが量が量なので……
 とはいえサイン本とか集めてる途中のシリーズ本とか捨てられないシリーズ本とかも当然あるわけで。そういうのは新居に持っていきたい(実家に置いておくと母上が捨てる危険性高し)、ケド。
 旦那の方も「スティーブンキングとエディングスの本は絶対捨てられない」と新居に持っていく模様で。
 このままだと、新居の一部屋が本で埋まりそうな気がしてならない今日この頃。
 いっそのこと大容量の書棚を買うか、という話もでてきてます。旦那がニッセンニッセンと騒いでる……どうなんだろうあの本棚。

 その傍らでようやく新しく買ったPCを起動させたりしました。
 あたらしいPCの名前は「桜桃梅(ゆすらうめ)」です。機体の色(VAIO typeC ラグジュアリーピンク)から命名。いまつかってる冬蛍のグレーより華やかな感じです。液晶キレー。
 とはいえ父上が不在だったためLAN接続できず……今度立ち会ってもらおう。本格的に動かすのはもうちょっと先になる、かな。