2007_09
04
(Tue)22:28

葡萄の季節

 精神科にお仕事に行ったら巨峰やマスカットを大量に(どうやら「あたひと赤ちゃんの二人分」らしい)ご馳走になりました。秋の果物の季節なのですねー。冷蔵庫が葡萄で溢れてて圧巻でした(房ごと「もさっ」と入ってた)。PSWの女の子が夏休みを取っていて山梨に行ってるそうでまた葡萄が増えそうだとも言ってました。だけど葡萄ばっかりあっても日持ちあんまししないから早く食べなきゃいけないだろうなぁ。

 今日読んだ本「Romeo×Juliet 赤き運命の出逢い」
 シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を元ネタに生まれたアニメーションのアナザーストーリー的なノベライズ。周囲は「ルルーシュ」で盛り上がってたようですが、あたひゃ実は「ロミジュリ」派だったのです(笑)。
 アニメは公式サイトで過去二話分が無料配信されてるので興味のある方は是非覗いてみてください(こちらはもうクライマックスですが)。ベタな恋愛要素が華麗なファンタジー世界と見事に融合して壮大な中世革命劇を生み出しております。ジュリエットが男装して生きのびたなんて設定に萌えます。両親の仇の息子とお約束のように惹かれあうところもまたツボです。浸れます(何)。
 挿絵を担当されているCOMさんはコミックスも出してます。こっちの方がアニメに近い雰囲気が味わえます。これはこれで素敵。
 こうしてみるとシェイクスピアを元によくもまあこんな話を作り出したなぁと感心しちゃうわけです。侮りがたし、古典名作。

 創作的小話。
 旦那に言われていること。
「12時までには寝ること。小説を書くなら日記を書き終えてから書くように」
 ……昨日は創作してて、夢中になってたら12時をちょっとだけ過ぎちゃったため(オイ)、日記書くのを諦めて就寝したわけ。
 ずっとプロット書いてるわけにもいかないのでここいらでと書きはじめたらいろいろ設定が新たに生まれ始めたのです。序章を一気に書き上げ、第一章をちまちま書いているところ。トータルで10枚くらい。
 今夜もこれからすこしだけ書き進めていくつもりです。
«  HOME  »