2007_08
23
(Thu)23:19

抜けない指輪のはなし

 むくみで結婚指輪が抜けなくなる話を年下のPSWの青年に愚痴ったら、
「いいじゃないですかロマンチックで~」
 とよくわからない反応をされてしまったらいむですこんばんわ。まぁ往診車でランデヴーとか今日も綺麗ですねとかよくわからないことは以前から言われてますが。だけど抜けない指輪がロマンチックってどこからそういう発想がでてくるんだ? むしろ呪われてると言われてもおかしくないような気がするのだが。
 まあ、あたひが「でもでも指輪が抜けなくて左手薬指が鬱血して土気色になってしまうのだよ、指切断の危機なのだよ」とことの重大さを説明したら「それは大変だ」と他人事のように納得してくれましたが。
 そんなわけで最近は職場ではプラチナの結婚指輪をつけずに相変わらず長年愛用しているシルバーリングを左手薬指につけている今日この頃だったりします……まあこの指輪もむくむと抜けにくくなるんだけど(笑)。妊娠中はしょうがないかなあ。

 今日読んだ本「王宮ロマンス革命 姫君を探すほころびの都」
 そろそろシリーズは佳境のようなそんな気がする。
 読み終えてヒトコト言いたい、「エヴァさん、あなた男の趣味悪すぎ」(爆)。
 周りにいい男いっぱいいる(ハズ)のに、よりによって何故。
 ……まあそれはそれで面白い展開になりそうですが。伯爵の過去編とも微妙にシンクロしだしてるし。メロドラマなエミール夫妻(仮)の娘もまた愛らしいです。
 まあそんなわけでいろんなところが綻んでるようで。物語が破綻しないことを祈る限り。

 Web拍手お返事。
 8/23 10:00に一件ありがとうございますー。

 創作的小話。
 長編モードに向け、複雑なパズルを組み立てつつある今日この頃。
 男の子のキャラクターは浮かんできたけど、主人公の女の子がありきたりな感じでちょっと物足りない。プロットはまだ脳内でぐるぐるかき回している程度。濃い物語を書きたい。