FC2ブログ
2018_06
27
(Wed)16:33

曜日感覚がおかしい

 気がついたらもう六月も下旬ですね。小学校の参観日に振替休日にネズミーランドに旦那の体調不良が重なりただいま曜日感覚がおかしなことになっております。先週末くらいからバタバタしてました。

 あと、ひいおばあちゃんが亡くなりました。113歳。大往生です。
 自分が生まれた時からおばあちゃんで、親戚一同からも仙人みたいなひとだと思われているような、ある意味伝説的人物でした(若い時は学校の先生、六十歳過ぎてから神主の資格を取得して三十年近く現役、剣道とオルガンが得意なスーパーおばあちゃん)。
 80歳の時に自分の遺影を撮影したのに、それから20年以上経っても出番がないと笑いながら話していたと祖母が言っていたのが印象に残ってます。撮りなおしたのかなあ……?
 90歳のお祝いの時に親戚一同で集まったのだが孫・ひ孫が30人近くいたのです。あれから二十年、玄孫も増えました。
 自分の結婚式に呼びたいとも思ったのですがそのときにはすでに100歳を越えてホームで車椅子生活だったため叶いませんでした(写真送った)。従姉みたいに子ども連れて一度くらい顔見せに行けばよかったかな……
 元神主さんなのでお葬式は神道式(仏様じゃなくて神様になるの。法事は回忌ではなく祭扱い)。自分は小さい子どもがいるため参列しなくていいよと言われたため遠くからお祈りすることに。落ち着いたらお墓参りがてら神社に参拝しに行きたいな……(片道二時間以上かかるけど)

 月曜日は授業参観の振替休日で以前から義母と約束していた某夢と魔法の国に行ってきました。
 ほーちゃんさーちゃんは三年ぶり、けーちゃんは当然のことながら初めて。暑かったです。娘ふたりは初めての絶叫マシンに大はしゃぎ(さーちゃん「骨が折れるぅ~!」と騒いでた)。けーちゃんはくるくる回るファンをじーっと見てました。
 火曜日は旦那が体調不良で会社を休んだため扇風機を買いに行きました(何故)。
 なんだかんだパソコンに五日間くらい触れてなくて発狂寸前でした(笑)。

 先々週に読んだ本「薔薇は偽りの花嫁」
 姉の身代わりに花嫁になることになったヒロインがヒーローに惹かれつつも、相手は自分を望んだわけじゃないと引け目を感じる彼女の姿がいじらしく感じられたり、互いに距離を縮めていったと思ったらまさかの展開にドキドキしたり……ラストシーンは感動的でした。

 先週はじめに読んだ本「香り蜜話 乙女と勇将の淫らな純愛」
 運命の相手を判別でき、そのうえ甘い花の香りで相手をノックアウトさせちゃうヒロインがお堅いはずのヒーローをなし崩し的に攻略しちゃう話(違)。可愛らしいお話だけど、基本的にエロ八割です(笑)。

 先週半ばに読んだ本「王女と奴隷 虜の姫は傲慢な舌に溺れる」
 深い。ちゃんとラブシーンもしっかり入っているのに物語も重厚感があって、すっかり浸ってしまいました。
 一途なヒーローとヒロインが結ばれてもたびたび危機に見舞われてハラハラさせられちゃうのも一度や二度じゃないところがイイ(何)。男ふたりの執着っぷりも見ものでした。

 先週末に読んだ本「ご主人様の恋の手ほどき」
 改めて腹黒ヒーローの良さを痛感(笑)。どちらかというとソーニャっぽい話(何)。
 ヒロインを妹や娘のように溺愛しながら傍に置きつづけていたヒーローがすこしずつ軸をずらしていく姿がイイですね(笑)。

 創作的小話。
 バタバタしている間にムーンさんで連載中の「水の都で月下美人は」の感想コメント&評価をいただきました。
 初めてだったので嬉しいです。ブックマークの方も35件まで増えました(おお、一クラス分だ)、ありがとうございまする。
 今週も平日昼間にちょこちょこ更新中です。なんとか金曜日分までは予約投稿できてます(ホッ)。
 自転車操業状態なので来週以降の予定は未定です。できればこのペースで続けていきたい……物語もようやくヒロインの出生の秘密とか呪いとかファンタジーっぽい要素が出てきました(遅)。六万文字越えた~。
2018_06
11
(Mon)16:40

梅雨入り

 六月最初のブログになっていたみたいですね(あれ、先週書かなかったっけ……←忘れていた)。
 いつの間にか梅雨入りして洗濯物が乾かない日々が始まっているし、子どもたちのプール開きも始まったし(とはいえ梅雨の間はなかなか泳げないと思う)、赤子は生後五か月目を迎えてごろごろ寝返りうっているしで相変わらずバタバタな日々を送ってます。
 昨日慌てて水着につけるゼッケンを縫い付けてました。娘ふたりぶん。赤子が昼寝中にダイニングでちまちま。ついでにほーちゃんのお裁縫道具に名前つけ。待針にも名前を油性ペンで書かないといけないって言われて職人みたいな作業してました。ちまちま。
 今朝はさーちゃんが名札と宿題のプリント忘れて学校行っちゃった(先週は月曜日に上履き持っていくの忘れて学校で借りてきた←そして洗って返すのだ)。前日にしっかり準備してるはずなんだけど、忘れ物をするさーちゃんです。不思議~。

 月末月初に読んだ本「ムシウタ 14.夢謳う虫たち(上)」
「ムシウタ 15.夢謳う虫たち(下)」
 シリーズ完結巻。美しすぎる伏線の回収の仕方がほんと見事としか言いようがないです。そしてたくさんのキャラクターたちそれぞれの未来もしっかり描かれていて、ラストは微笑ましい気持ちになりました。学生時代から読んでいた長いシリーズだったから途中読めずにいたけどこうして最後まで読むことができて良かったです。

 先週末に読んだ本「双囚 ふたりの姫は愛獄に堕とされる」
 電子版を予約してた丸木先生の待望の乙女系新作。「監禁愛アンソロジー」の短編と同一世界観、これだけでおかわり何杯もいけます(何)。Wヒロインって構図も素敵。いろいろ刺激されました。ネタバレになりそうなので何とも言えないのですが、あえて××ない物語ってのも斬新かつ情熱的。一途なアダムくんの暴走っぷりが清々しいほどでしたよ(違)。

 一昨日に読んだ本「身分逆転 再会と復讐と愛」
 なんだこのヒロイン(いい意味で)。いろいろ思うところはありますがヒーローと一緒に謎を解くような感覚でロマンスを楽しめました。ラブシーンの上手さは流石。

 昨日読んだ本「金の王子と男装のシンデレラ 迷惑な一目惚れ」
 初めて読んだ作家さん。男装のシンデレラってタイトルは間違っちゃいないんだろうけど本人は男装しているわけじゃないんだよね(笑)。迷惑すぎる王子様のキャラクターが「いいのかこれで!?」って感じでしたが、それよりもアンヘラさんの存在感が眩しかった……

 創作的小話。
 メクるさんの方で「恋愛麻酔 i f」の公開をはじめております。
 こちら、TL本編のスピンオフ短編(だからタイトルがイフになってる)でありながら原点にあたる作品で、自分なりにも思い入れのある作品となっております。
 本編を既読の方には「おや、このエピソードどこかで……」とか発見してニヤニヤしてもらえると嬉しいなぁ……
 また、本編を知らない方もこれ一作で「恋愛麻酔」の世界観がなんとなく理解できるかな、って感じの物語です。
 後編もそう遠くないうちに公開しますです。本編再開はまだまだ先になります~。

 それからもそもそ執筆中の「水の都で月下美人は」、どうにか40000文字を越えました。ふぅ、ギリギリだぜ。
 そして昨日の時点でブックマークが20件越えました。メクるのときは17件が最高だったので……いいの? 嬉しいデス。ほんとありがとうございます。
 先週は読者さんの反応をみたかったのでイレギュラーに土日も時間を変えて予約投稿してみたのですが、アクセス解析みたらそんなに変化なかったしストックも少なくなってきたので今週からまた平日昼間に1パートの予約投稿に戻しました。とりあえず6/15更新分まで。その先はこれから書きます(オイ)。
 自分でもなかなか書かない西洋風ヒストリカル(仮)なので、なかなかサクサク書けないのですが、調べ物を含めて楽しく書いてます。ストックが切れる来週からどういう形で公開していくかが悩みどころです……

 追記には先月の読書メーターまとめを載せておきます~。

続きを読む »