2016_08
30
(Tue)17:00

夏休み終了のカウントダウン

 と、いうわけでほーちゃんが相変わらず読書感想文と格闘中。
 明日には終わらせないと明後日から学校なのですが、本人は「なんとかなるよー♪」と楽観的。
 去年も8/31に読書感想文を終わらせたよね、君(ボソ)。
 今年は何も手助けしないぞー、まったくもぉ。

 先週は幼稚園の夏季保育があったおかげでデジカメのファイル整理や小説の更新などができました。
 幼稚園の宿題もあとは「なつやすみのカレンダー」の思い出ページに写真をコラージュするだけ(仮)。
 さきほどまでプリンターを起動させて夏休みに撮影した写真をプリントアウトしてました。たくさん撮ったけどなかなか子どもたちの良い写真はないですね(汗)。切って貼って作らねば。

 先週読んだ本「お狐様の神隠し 最強稲荷にド好かれて困ってます」
 どういうわけか電子書籍端末のレイアウトがおかしくて、結局タブレットで読んだためふだんより時間がかかってしまいました。
 ジュエル文庫は問題なく読めたんだけどなぁ。ジュエルブックスだと読めないのか(苦笑)。
 物語の方も、期待外れでした(当たりはずれの激しい作家さんだからなぁ)。設定とか面白い部分もあるんだけどなんかいろいろ残念……たぶん狙ってたんだろうけど全体的にBL臭がプンプンしてて、TL読みたい読者からしたら(以下略)。

 週末から週初めに読んだ本「仙女の箱庭 君に捧げる、天帝の玉座」
 創作仲間さんから譲っていただいた本。名前は知っていたけど実際にこの作家さんの本を読んだのは初めて。
 連作短編のように物語が進んでいったのではじめのうちはまごついてましたがラストで突き抜けた感じです(何)。
 還暦ヒーローと年上童顔ヒロインという設定が斬新すぎる(笑)。

 昨日読んだ本「着物憑きお紺覚書」
 こちらも創作仲間さんにいただいた本。はじめてだなぁ招き猫文庫。
 江戸時代の人情モノで、着物に残る「想い」を紐解いていく優しい物語。個人的にお師匠様が気になります。
 ふと「下鴨アンティーク」とテーマが似てる? とも思いましたがあれは舞台が現代だし同じ土俵で比べるものじゃないわな……

 創作的小話。
 ようやく「メクる」さんで連載中の「春ひとひら(以下略)」の第二部が終わり、第三部に入りました(まだ冒頭部分だけど)。
 子どもたちの夏休みが終わったら、ラストスパートかけていくつもりです。
2016_08
22
(Mon)16:52

お盆終了、八月後半

 またまたご無沙汰しておりました(汗)、お盆も無事に終わり、台風の訪れとともに秋の足音を小耳に挟んでいる今日この頃であります。今日一日は台風が暴れてそうです。子どもたちが持って帰ってきたホウセンカやトマトの鉢植えが強風に倒されております(直してもすぐ倒されるので倒しておくことにした)。
 ちなみに幼稚園の夏期保育は明日から。今日からじゃなくて良かった(笑)。

 お盆は富山の祖父に会いに行ってました。ずーっと「北陸に新幹線できたら遊びに来なさい」と言われていたので(学生のときからン十年くらい言われ続けた……)。我が家の家族四人と実家の両親、妹夫婦の合計八人という大所帯。
 叔母ちゃんがゴールデンウィークの頃から旅館の手配をしてくださっていたので(仕事上お盆しか休めない、という暗黙の了解)、日本海が臨めるお部屋や露天風呂を堪能させていただきました。子どもたち(祖父からするとひ孫になるのか)もちゃっかり朝風呂入ってます(笑)。
 おじいちゃんにはまた来年もおいでー、と言われたけど毎年行くのは大変だよー(汗)。
 富山観光をした後は足を延ばしてお隣石川県へ。金沢の宿は埋まっていたとかで、泊まったのは山代温泉。家族向けの大きな旅館だったので温泉の温度もほどよく(笑)、さーちゃんもしっかり肩までつかってました。
 帰りは金沢駅から北陸新幹線「かがやき」に乗って帰りました。行きは「はくたか」だったからのんびりした感じだったけど帰りはなんかあっという間だったなぁ……
 日本海で海水浴もしたし、旅館のプールでほーちゃんは人生初のウォータースライダーをしたし、父上の還暦祝いもしたし、バタバタしたりもしましたが楽しいお盆の北陸旅行でありました。旦那も日本海での海水浴は人生初だったらしい(笑)。

 先週初めに読んだ本「百花恋情 禁断の後宮で乱されて」
 美しく儚いヒロインが皇太子妃と運命の恋に落ちて結ばれるのかと思いきや、ヒーローがとんでも設定でした(何)。
 なんというか想像の斜め上をいく展開……? 双子皇子の将来が心配(ボソ)。

 先週半ばに読んだ本「生贄の花嫁 花嫁は黒伯爵の甘い生け贄」
 ここまで「生贄」を全面に出さなくても、と思わなくもないが(笑)、耽美でオカルティックな感じは嫌いじゃないです。
 クセになったら抜け出せなくなりそうですが(ぇ)。人形のふりをして恋に落ちるヒロインってエピソードに萌えました。

 先週後半にかけて読んだ本「天眼の神子姫 吸血騎士は夜明けに誘う」
「天眼の神子姫 優しい悪魔は黄昏に笑う」
「天眼の神子姫 気高き乙女は宵闇に帰す」
 一巻だけ創作仲間さんに譲っていただき、あとは完結巻まで自力で集めたのち一気読み(笑)。
 ヒロインのあんまりな箱入り娘っぷりにはじめのうちはイライラしちゃいましたが(オイ)、面倒見のよいヒーローがこのまま育てきってくれそうなのでよしとします(ぇ)。個人的にサーナキアさんと初代巫女姫の切ない恋が知りたいです。

 昨日読んだ本「鬼姫恋語り 運命の主は鬼狩りさま!?」
 こちらも創作仲間さんから譲っていただきました。聞いたことない作家さんだったのですがゲームシナリオ書かれてる方みたい。
 和風ファンタジーなんだけど、ラブコメが斜め上を突っ走ってる状況ではじめのうちは別の意味でイライラしてました(みなさん個性的すぎてそのなかでかろうじて守役に共感できた)が、話が進んでいくうちに「こ、ここからこういう展開……!」と驚かされたり。要するに話を聞かないバカップルたちにちゃっかり絆されちゃう感じですかね(オイ)。

 Web拍手お返事。
 8/17に久々の拍手いただきました! ありがとうございます、嬉しいです♪
 サイトの整理整頓もしていきたいのですが、なかなかそこまで手が回らなくてゴメンナサイ。

 創作的小話。
 お盆の間は「メクる」さんでの小説更新もお休みしておりました。
 先週末からちょこちょこっと更新再開しております。これからペースあげて頑張るぞ~!
2016_08
10
(Wed)15:33

今年のお盆は新幹線

 気づけば八月になっていました。ご無沙汰しております(汗)。
 夏休みもようやく中盤です。子どもたちは暑いので家のお風呂で水遊びをしたりかき氷を作ったり、クーラーの効いた部屋でまったりしたりしております。宿題は今年も後半に頑張ることになりそうです……
 まだまだ暑い日が続きますね(苦笑)。

 先週は実家でのんびりしておりました。
 今週末は新幹線に乗って祖父に会いに行きます。北陸新幹線!
 子どもたちは初めての新幹線に大喜びです。うん、なんか家族旅行って感じだね(何)。
 ただ、お盆の帰省ラッシュと重なるので人ごみも凄そう(汗)。楽しんできます~。

 読んだ本もずいぶん溜まってました(汗)。ざっくりと感想述べマス。

 先月末から今月はじめに読んだ本「獣王子の花嫁 王都への帰還」
「獣王子の花嫁 雪の花の誓い」
「獣王子の花嫁 祝福の降る谷」
 一巻だけリアルタイムに読んでいたのですが(ちょうどさーちゃん出産前後でバタバタしていた)、二巻以降未読だったので完結巻まで一気読み。人間だけど獣の王子として育てられた複雑なヒーローがこれまた複雑な生い立ちの王女ヒロインと政略結婚(異種族婚?)するにあたってまぁいろいろあったわけで。二巻で王都が舞台になってからは王道ファンタジー路線になっていたのにびっくりしました(オイ)。

 先週読んだ本「二日月」
 ほーちゃんが読書感想文の課題図書で読みたいというので買ってあげた本。なぜかママが先に読んでる(笑)。
 大人が読んでもぐっとくる家族の話。子供でもわかるように書かれている、感性に訴える、ってのがすごいなぁとも思った。

 先週半ばに読んだ本「ロスト・グレイの静かな夜明け」
 創作仲間さんに譲ってもらった本。死んだ少女が誰も知らない世界で生き続ける話(あれ?)。
 物語のテーマ自体が哲学的で、いろいろ考えさせられる、穏やかでちょっと寂しい読後感。

 今朝まで読んだ本「神破の姫御子」
「神破の姫御子 ―龍笛に啼く―」
「神破の姫御子 ―紅色の闇―」
「神破の姫御子 ―真白の雫―」
「神破の姫御子 ―黒き龍の御子―」
 初期のビズログ作品(けっこう大人っぽい作品や和モノが多くて個人的に好き)。この話もずっと気になってました。
 和風ファンタジーとはきいていたけれど、架空の鎌倉時代あたりが舞台になっていたんだと知ったのは読み始めてから(もっと古い時代かと思った)。血のつながらない兄妹(しかも異種族恋愛)の切ないラブストーリーでもあり、戦う女の子の話でもあり、神さまが好き勝手する話でもあり、世界観にどっぷり浸れた感じです。ヒロインの名前もカワイイ。一途なお兄様キャラには悶えたけど、個人的には高遠さんのようなキャラが好きです(ボソ)。

 創作的小話。
 ペースは落ちていますが「メクる」さんの方で「春ひとひら(以下略)」を連載中です。
 夏休み後半に入れば幼稚園で夏期保育がはじまるのでもう少し活動……できると思いたいです(仮)。

 追記には先月の読書メーターまとめをば。

続きを読む »