2016_07
27
(Wed)06:32

夏休みに入って

 夏休みがはじまってもうすぐ一週間が経過します。
 なんか夏休みに入ったとたん天気が悪い日が増えた気がするのはあたひだけ? 最初の週は小学校の水泳指導が中止になってました(苦笑)。雨だと仕方ないかー……
 子どものころは夏休みって長いよなーと思っていましたが、大人になった今はそれほどでもないか? とも思ってしまったり。
 娘たちははじまったばかりの夏休みをマッタリ過ごしております。宿題やれー(ボソ)。

 先週読んだ本「魔道士の研究日誌 精霊はハチミツがお好き?」
「魔道士の研究日誌 召しませ愛しの王子様?」
「魔道士の研究日誌 ハチミツよりも甘い恋?」
 以前読んだ「魔道都~」の話と同じ世界観(時代は違う)で、個人的にはこっちの話の方が好きです。
 ヒロインが天然で最強で天才なところが放っておけない(笑)。生まれた人工精霊も基本的にはカワイくて最強でした(何)。

 先週末に読んだ本「魔女が死なない童話 林檎の魔女の診療簿」
 雑誌掲載された本編に後日譚が加わった愛あふれる一冊。
 ほんとに地の文に「暗く静かに妻を溺愛する夫」って書かれてて思わず吹いた(オイ)。

 日曜日に読んだ本「占い師ティアリス・セーブル 誰が王子を殺したの?」
 マザコンヒロインが探偵になって王子殺しの真実に迫るミステリー? 全体的に暗くてモヤモヤしてて真相解明しても微妙な読後感でしたが。爽快感もないし。いろいろ考えさせられるんだけど、微妙……

 一昨日読んだ本「エロティクス・エンペラー 男装の巫女は帝王の手に堕ちる」
 犯罪臭漂うロリ巫女と幼馴染で一途な皇帝のヒストリカルロマンス(だと思う、突っ込みどころは満載だけど)。互いに想いあっているのにヒロインの無垢な言動に翻弄されちゃうヒーローには哀愁すら感じちゃいました(オイ)。

 昨日読んだ本「楽園で恋をする ホテル御曹司の甘い求愛」
 久々な現代TL。初蜜夢文庫~。沖縄の離島が舞台の南国フルーツのような甘いラブストーリー。
 等身大ヒロインがハイスペックヒーローに迫られて揺れ動きながらも恋に落ちていく過程が丁寧に綴られていて微笑ましかったです。凛ちゃんのキャラに癒されました(笑)。

 夏休みに入ったからか読書量が増えてます(オイ)。なかなかパソコン作業ができなくてねぇ……

 創作的小話。
 どうにか朝に時間を捻出してブログ更新や小説の更新をしていきたいなぁとひっそり活動中。
 自サイトで掲載して好評だった「横浜メリーポピンズ」もメクるさんで読めるようにしました。今後もちょっとずつ短編小説を中心に移転していければなぁと思います。自サイトの整理整頓もしたいんだけどそこまで手が回らなくてごめんなさいって感じです(なんせ壊れた古いPCにHPのデータ全部持ってかれた)。期限があるわけでもないのでこれらの作業はゆっくり楽しみながらやっていくつもりです。
 それより。メクるさんで開催中の小説コンテストも夏休みに入ったからか、参加作品が増えてきた感じです。現代TLも興味あるけど今から新作上梓するのは難しいだろうなぁ……
 まずは「春ひとひら(以下略)」を規定文字以内におさえて完結させなくては。
 今までは原稿用紙換算何枚の世界にいたから規定文字ってのにも困惑しております(今更)。まぁ、なるよーになるさ!
2016_07
18
(Mon)06:16

近づく夏休み

 あっという間に時間が経過している気がします(汗)。
 先週から幼稚園の午前保育がはじまってからは特にそれを痛感しております。無事幼稚園の夏祭りも終わりました。今年も雨だった(某先生が雨女だからだという説が地味に浸透している)けど最後に花火を見られて良かったです。今回は役員じゃなかったから気楽なものです。
 明日で小学校も給食が終わるし、もう夏休みが目の前なのですね……
 夏休みになるとよけいに自分の時間を捻出できなくなります(いつものこと)。パソコン作業もどーなることやら。
 できれば睡眠時間は削りたくないのですが(体力がない)、早起きしたり時短家事にいそしんだりして頑張りたいものでありまふ。

 先週読んだ本「魔道都の修理屋 あなたのモノにはなりません!」
「魔道都の修理屋 甘いささやきはキケンです!」
 創作仲間さんから譲っていただいた本です。ネット発小説。はじめのうちは世界観とか理屈っぽくて入り込むのに時間がかかってしまいましたが(汗)。正直地味だし(オイ)。イラストが可愛いのが救いかな。
 個性的な神サマやオレ様貴族の不器用な愛情表現などが微笑ましかったです。具神の一途な想いが届く日は来るのかな……

 週末に読んだ本「溺愛の誤算」
 双子の弟の死から立ち直れない妹が男装して弟の友人に会いに行ったら思いがけず溺愛されてしまう話(オイ)。
 相手役のヒーローがいろんな意味で凄い。二次元妄想少女が現実に自分の目の前に現れたことで暴走するわけですが(違)、ヒロインよく引かなかったし誤解しまくってたなぁ(何)。それよりいかにも悪女ですって感じの彼女の母親の悪役っぷりが清々しいほどでした(こういう悪役書きたい!)。

 創作的小話。
 夏休みに入ったら余計に創作活動に時間が取れなくなると思います(涙)。
 早めにメクるさんの方、完結に向けて動いていきたいものです。
2016_07
05
(Tue)11:30

次女の歯科検診

 昨日一昨日と三十度越えの暑い日がつづいておりましたが、今日は一転、過ごしやすい陽気になっております。
 ただ、空模様が梅雨の季節特有のどんより雲なのが気になるところ。
 今日はさーちゃんの歯科検診を入れたから幼稚園までお迎えに行かないといけないのだ(汗)。バスだったらもうちょっとゆっくりできるんだけど悠長にしてるとお姉ちゃんたちが帰ってきちゃうので。それより歯医者嫌いのさーちゃんを無事に連れていけるかが心配だ(笑)。
 ほーちゃんは最近まで歯科検診に引っかかったことがなかったのですが(このあいだ初めて歯医者に行った)、さーちゃんは三歳検診のときから「虫歯ありますよー」と言われ約半年に一回の検診を受け続けております。やっぱりお姉ちゃんと一緒に小さいころからチョコレートやキャンデーやら食べていたからでしょうね(苦笑)。まだ乳歯だけだけど、これから永久歯へ生え変わることを考えると小さいうちからちゃんとケアしないといけないよねーというわけで歯医者通いを続けているわけです。本人ギャン泣きだけど。
 旦那は旦那でここ最近頭が痛いと騒いでおります。今日ようやくお医者さんに行くみたい。たぶん副鼻腔炎だろうなぁ、抗生物質飲んでとっとと治せー。

 週末に読んだ本「アリスの国の殺人」
「残照 アリスの国の墓誌」
 高校時代に図書館で借りて読んだ「アリスの国の殺人」、電子復刻版が出ていたので思わず購入。
 初めてこの作品読んだとき、衝撃受けました(初出が自分の生まれる前だったってのにも驚いたものである)。改めて読み直してもそれは同じ。チェシャ猫が透明な状態で殺害されてるとか、主人公が不思議の国のアリスと結婚するとか、ハチャメチャすぎる。なのにしっかり本格ミステリしてるところや、ポンポン飛び出す言葉遊びで生まれる巧みな台詞回しにノックアウトされます。小説なんだけど映像的というか。やっぱ好きだわー。
 そんで先日出版された「残照」に繋がるわけです(話自体は別物だけど共通の登場人物がいるからシリーズって呼べる?)。人生の定年が近い辻先生の渾身の一冊。しょっぱなから墓石のシーンにドキッ。死んでから切り裂かれた女性の謎にゾクっ。
 今まで飄々としていた名探偵(すでに故人)、那珂先生の隠された過去が凄すぎてもう何も言えません。胸にこんな熱い想いを抱いていたなんて。
 そしてミステリ好きが集まる新宿ゴールデン街の「蟻巣」もついに閉店。時代の流れを感じます。
 律儀にシリーズを終わらせていく先生の姿に脱帽です。でも、長生きしてもらいたいです。

 創作的小話。
 相変わらずぼちぼちとメクるさんの方で「春ひとひら(以下略)」を連載中です。閲覧者さんいつもありがとうございます。
 閲覧者数とかしおりの数とか数値になって表れるの怖いよーとオドオドしてましたが、最近はようやくそれにも慣れてきた(?)感じです。うん、怖がる必要なんかないよね(今更)!
 そんなわけでほかにも何か過去作品をアップしたいなぁとがさごそしております。久々に素材屋さんめぐりしてみたり。
 余裕があれば新作も書いてみたいなぁ。でも現実はこれからどんどん切羽詰まっていくのだ。ああ夏休み(遠い目)。

 追記には先月の読書メーターまとめを載せておきます。先月はけっこう読んだ気がします。

続きを読む »