2015_11
24
(Tue)14:46

不健康日和

 健康ってやっぱり大事だなぁと思う今日この頃です(しみじみ)。
 あ、どうもブログでは二週間ぶりになりますらいむです。えーとこの二週間何してたかというと発熱したり腹くだしたり頭痛でのたうちまわったり寝込んだりしてました(涙)。まだ完全に復帰はできていないのですが、ひとまずパソコンひろげられるまでには復活したので(ふぅ)。いろいろと悪い状況が重なったって感じです。今年で一番最悪な日々だと思う(今更)。

 そもそも。
 ほーちゃんが小学校で風邪をもらってくるからいけないんだ(オイ)。胃腸風邪の一種だったらしく、嘔吐してから頭痛を伴う発熱、それが五日近くつづきまして。学校休ませて看病して、ようやく復活したと思ったらうつっていたわけです(笑)。このパターン王道な気がする(たいていお姉ちゃんが病気してママがもらう)。
 寒気と頭痛、発熱ではじめの二日ぐったりしていたら三日目のあたまから下痢もはじまりやれ腹痛と頭痛のダブルパンチがこの三連休にひっかかったわけです(ひたすら寝てた)。頭が痛くてお腹が痛い状態だと何もできないね!←開き直り。
 連休最終日にようやく熱が下がって溜まっていた洗濯や他の家族の食事の準備をすることはできるようになったけど、まだお腹の調子は落ち着いてなくて今朝もトイレとおともだちになってました(現在進行形)。いつまでつづくんだろう、ぐふ。
 ちなみにその間に我が家のさーちゃんは幼稚園で遠足行ったり大根掘り行ったりしてます。時々咳したり鼻水は垂らしてますが驚くほどに元気です。休んでないよ(笑)。
 さすがに半袖は着なくなりましたが(遠足の日に先生に着替えさせられて以来素直に長袖を着てくれるようになりました、先生凄い)。この調子で発表会もできるといいな~。
 そう、週末が小学校の音楽発表会(歌と合奏)なのです。その翌週が幼稚園の発表会(ダンスと劇)。このパターン十月(運動会)と同じですねいやはや(遠い目)。
 ……そんなわけで早めにこの不健康な日々を抜け出したい今日この頃です(つくづく)。

 先週はじめに読んだ本「獣 ―けだもの―」
 今回は腹黒さが薄い(?)一途で巨大なヒーローですが、そのぶん脇役たちが腹黒というか性格に難アリな感じ(笑)。
 弟のハシムみたいな二面性キャラにときめく自分もいますが(オイ)、ヒロインが溺愛されて猛獣使いになるという展開が面白かったです(あれ?)。

 先週半ばに読んだ本「僕の可愛いセレーナ」
 ヒーローが愛ゆえに彼是暴走してしまうのはともかく(オイ)、悪役父娘のキャラがかなり好きです。彼らのクズっぷりと哀れな末路が(以下略)。それからヒーローを影で支える共犯者的な執事さんが美味しかったです(笑)。

 先週半ばに読んだ本2「臆病な支配者」
 最初っから衝撃的な展開にページをめくる手が止まりませんでした。魔性ヘタレ男のひねくれた愛憎に翻弄されるヒロインがとぉってもいじらしい(愛人って!)。客船だったり豪華列車内だったり、彼らの人生を変える伏線になる舞台描写も素晴らしかった。何よりお人よしな伯爵がイイ人過ぎて(笑)。

 先週末に読んだ本「狂鬼の愛し子」
 イラストも美麗な和風ロマンス(?)。架空の国が舞台だけど平安以前あたりがモデルになっているのかな、巫女とか隣国当主とか世界観やネーミングの設定ひとつひとつにときめいてしまいました。鬼神のようなヒーローがヒロインを必死になって救おうとする一種の狂った愛が切なくドラマチックです。

 連休前半に読んだ本「侯爵様と私の攻防」
 腹黒紳士がわが道を行く! という感じのアップテンポな印象のラブコメディ。夜這いからはじまるラブストーリーってのもよく考えると新鮮? 逃げ回る主人公を手のひらの上で転がして観賞しているヒーローみたいな図がいいです。脇役たちも濃かった……

 昨日読んだ本「償いの調べ」
 落差(この前に読んだ作品と同じ作家さんなのに!)が激しくて色んな意味でときめいてしまいました。
 こういう王道ハーレクイン的シチュエーションも好き。修道院って舞台も絵になる……ヒロインだけが償うのかと思えば、エピローグまで謎めいていたヒーローもまた、というひねたオチのつけ方も良かったです。

 Web拍手お返事。
 11/19に拍手をありがとうございますー。
 ただいま体調不良気味につき何事もいつも以上にゆっくりになっております(涙)。

 創作的小話。
 さいきんは就寝前に布団のなかでポメラをひろげてぽちぽちしております。亀の歩み。
2015_11
10
(Tue)14:29

間違えた朝

 当番の日だとばっかり思っていて、今朝は通常より一時間近く早く家を出て雨のなかさーちゃん連れて幼稚園に行ったら、「一日違いますよ」と言われて恥ずかしい思いをしたらいむです、こんにちわ。
 家に帰ってプリント確認したら、ほんとだ、明日になっている……だけどあたひが以前書き込んだスケジュール帳には今日の日付が(汗)。どうやらあたひが勘違いしていたみたいです、あははははは(逃)。
 ひとまず重大なミスじゃなくて良かったと思うことにしよう。明日は晴れるみたいだから自転車で行けるだろう。うん。

 先週読んだ本「みせもの淫戯」
 明治大正のモダンレトロな雰囲気と、母親の違う兄弟のドロドロっとした確執はメロドラマを観ているかのよう。
 そんななか、ヒロインがしょっぱなから大変な目にあっていて嗜虐心煽られます(笑)。もしくはいじらしい、というべきか。
 絶体絶命のピンチで起きた一発逆転的な佳境シーンも読み応えがあって全身に震えが走りました。そーきたかー!

 一昨日読んだ本「愛の種」
 ヒロインが和名でヒーローが西洋名といういっぷう変わった設定。異国から嫁いできたヒロインが異文化に触れながら彼を知っていく話なのかと思ったら、そうでもなくて拍子抜け。ヒーローがひとり暗躍しまくって幼な妻ヒロインを溺愛している、という王道展開(極端に見えなくもないが乙女系だとそれくらい当然か?)。当て馬のふたりも個性が強すぎ(笑)。ちょっと物足りなかった……

 なんとなーくですが今月は乙女系小説月間になりそうです(オイ)。ここぞとばかりに積読になっているソーニャ文庫を中心に読み進めていきます(笑)。歪んだ愛、ばっちこーい!

 Web拍手お返事。
 11/8に一件の拍手をありがとうございます。マイペースなブログに遊びに来ていただきありがとうございます。
 テンプレートの微調整ももうちょっとしたいところです(←が、HTMLを忘れている)。

 創作的小話。
 ポメラで自己満足な長編(投稿するにはあんまりな設定、完成したらそのときどうするか考える)を書き続けてはいるものの、何枚目なのかぜんぜんわからなくなってきている(汗)。
2015_11
06
(Fri)14:41

そろそろあれこれ冬支度

 今週も小学校と幼稚園を行き来してなんだかんだ忙しい日々が続きました。
 十一月最初のブログになります(笑)。
 そんなわけでブログのテンプレートも冬っぽくしてみました。まだ微調整していないけど(汗)。
 久々にHTMLと格闘しております。CSSって何だったっけ、とすっかり忘れている自分がコワイです。

 月末に読んだ本「ヴァンパイア・エロティクス」
 すっごく久々のヴァンパイア・プリンセスシリーズ(続編?)。主人公が知的で巨乳なお姉さんに変わってますが世界観は当時のままで久々に出てきたキャラたちに懐かしさも感じました。物語自体が独特で“不死”を巡る彼らの物語はまだ不完全だけど、古い因縁とか解明できていない部分などなど、続編に期待したいです。

 月初めに読んだ本「皇帝陛下は逃がさない」
 シリアスな話かと思えば、思っていたよりもコメディタッチで「あれ?」と思ってしまった(笑)。この作者さん、こういう引き出しも持ってらっしゃるんだ~、と感動。王道展開が笑えます。ヒーローの溺愛の方向性の問題だともいえますが。変態有能ヒーローのヒロイン攻略が見ものです。ラストの会話もエッジが効いてます。

 今週読んだ本「水底の花嫁」
 うん、こういう話を書かれる方って印象があったからさぁ(上記の続き)。記憶を失った人妻と今度こそ彼女とともに愛に溢れた世界で生きようとあがく旦那様の後悔から始まるラブロマンス! ミステリアスなヒーローの背景がタイトルにある水底のように重くて歪なんだけど、美しくて……イラストも良かったです。今度こそ幸せになって欲しいなぁ。

 創作的小話。
 年末までにまた短編でも書ければいいなぁと思ってますがどうなるかは謎。
 そういえばノベル大賞の締め切りが一月になったんですよね(年末年始は忙しいのにッ)。今回も参加は難しいかなぁ(遠い目)。

 忘れないうちに先月の読書メーターまとめを載せておきまーす。
 追記からドゾ。

続きを読む »