2015_10
27
(Tue)14:42

振り回される秋

 あれ、もう十月が終わってしまうの? という感じですこんにちわ。
 幼稚園の制服は夏服から冬服になったはずなのに、相変わらず我が家のさーちゃんは半そでシャツを着て我が道を行ってます(スモッグを着てくれない)。だんだん寒くなってきたけど、いつまで半そでで頑張るんだろう(ボソ)。
 先週は幼稚園と小学校の参観日にはじまり週末のおでかけまでけっこうバタバタしてました。
 昨日も幼稚園行ってカレーライス400人分の野菜を切るお手伝いに行ったんだけど(笑)。毎年恒例のカレーパーティです。さーちゃんははじめてのカレーパーティ楽しんでくるかなぁ?

 先週の土曜日は上京して久々に高校時代の友人たちと高校の最寄り駅のファミレスでだべってきました。片道約二時間かけて(爆)。東京メトロの懐の深さを痛感したよ(直通運転がすごいことになっていた……どこまで行くのサ)。
 子どもたちを旦那に預けて羽根をのばせましたー。周りの仲間たちも結婚や出産や妊活や商売(ん?)や相続税やら(ん?)頑張っているみたい。半年前に生まれたばかりの赤ちゃん連れてきてくれた友人もいて、ああこのぷにぷに感触至福とか思うのでありました。
 あたひはその後独身の友人とちょっと足を伸ばして自由が丘をウィンドウショッピング。こういう機会がないと行かないからなぁ。
 さいきんは二子玉川に映画館ができて面白いことになっているよとか、気になる情報も入手しましたがたぶん行か(以下略)。

 十日ほど前に読んだ本「S系公爵の優雅な戯れ ~水都秘恋ロマネスク~」
 タイトルがあんましピンとこなかったんだけど、ティアラ文庫のデビュー作と同じ水の都を舞台にした話だということを知り手に取った一冊(電子だけど)。同じ世界観で繰り広げられているとはいえ、話はまったくの別物。公爵サマに憧れていた主人公が魔女疑惑で捕まって取調を受ける王道展開と小道具や舞台の設定が映えました。監察牢城とか部屋牢とか名前がイイ。

 先週読んだ本「暴君王子の執愛 奪われた純情」
 面白くてついつい一気読みしてしまったこちらの作品。性格破綻しているであろう腹黒皇子が天然要塞の主人公をネチネチと追い込んでいったかと思えば暴走しちゃってさぁ大変という……それでも一冊におさめて(おさまりきっていないけど!)ハッピーエンドに雪崩れ込むのが凄いです。読み応えたっぷり。

 昨日までに読んだ本「F-エフ- 黎明の乙女と終焉の騎士」
「F-エフ- 茨の刻と青の地図」
「F-エフ- 巡る月と始まりの物語」
 気になっていて積んでいた本。第一部というだけあって壮大な物語のはじまり、という感じでまだ全体的にはモヤモヤしてます。謎だらけだし。だけど主人公が異世界トリップして過酷な現実と向き合いながら成長して強くなるという展開は大好きです(オイ)。だんだん男前になるんだよね(笑)。個人的には神剣とのやりとりが好きです。騎士さんも魅力的なんだけど、好き嫌い分かれそうなキャラだと思う。第二部がはじまったらまたのんびり読んでみようと思います。

 創作的小話。
 子どもを寝かしつける前に布団の上でポメラ開いてぽちぽち打ち込んでます。
 そういえば読書メーターまとめを載せるの忘れてました。以下、遅れたけど追記のほうでまとめておきますー。

続きを読む »

2015_10
17
(Sat)12:02

のんびり土曜日

 先週は幼稚園の運動会、その前の週は小学校の運動会でした。
 どちらも無事に行えてヨカッタです。幼稚園の運動会は天気が心配だったけど、薄日がさすなかでできたので小学校の運動会のときのように日焼けに泣くこともありませんでした。
 ちなみに昨日は幼稚園年少さんのはじめての遠足の日だったのですが、雨で来月に延期になりました。週明けは幼稚園の保育参観日と小学校の学習参観日が待っております。まだまだ落ち着けません。
 今日は通常通りの土曜日午前保育でちいさいさーちゃんが幼稚園に行っているので少しだけパソコンできます。もうちょっとしたらお迎えのバスの時間だけどそれまでにブログ更新しちゃいます(笑)。

 十月はじめに読んだ本「魅惑の饗宴 ―スワンドール奇譚―」
 久々に読んだスワンドールシリーズ。第七巻にして一巻のエピソードにつながる伏線みたいなのも見えて今更ながら「そうだったのか」となりました。今回は料理がテーマなだけあっておいしそうな描写がたくさんでした。ミルククリーム食べたくなった(笑)。

 それから雑誌cobalt最新号完読。毎回書いてる自己満足なヒトコト感想。
「Dream Stage 2015」……桑原労働組合って部分で噴いた(笑)。すごい楽しそう!
「曇天王国の憂鬱 嵐を呼ぶ王子と青空の騎士」……ラブ米らしい王道展開にニマニマしつつ読んじゃいました。
「書店男子と猫店主の長閑なる午後 うたかたの時」……一番リアリティあるなぁと感じたのが編集さんの台詞だと思ったのはあたひだけ(ボソ)?
「舞妓・桃香と赤い櫛」……京都の母子家庭で家が置屋兼お茶屋の男の子が主人公(あれ?)って時点でレアだと思うけど、そう感じさせない現代人情モノ。イラストもヨカッタ。
「時をかける眼鏡 眼鏡の帰還と姫王子の結婚 第二話」……僕も一緒にお嫁入り、というラストに笑ってしまった。次からは新展開ですね。
「神楽文具店もののけ日誌 封筒のなかの真実」……あー、おもちゃ屋さん、ね(笑)。健気な猫ちゃんが愛らしい。
「ひっぱたけ!」……地味だけど攻撃的、っていいね。こういう青春もありだね。
「白雪姫戦争」……その後どうなったのかが気になる。最初に願掛けした女の子の漁夫の利?
「探偵小説には向かない探偵」……舞台が巣鴨って新鮮ですね。時代を超越するような話でした(違)。
「ココロヤジルシ 偽装彼氏と放課後デート」……映像や演劇を扱ってる大学が舞台なんだけど、あんましリアリティがなかった。
「魔王城の会計係」……トンネルを抜けたら、という冒頭はともかく。目の付け所が好きです。
「Aさん」……はじめに張られた伏線と奇麗に決まるオチにゾクッとしました。刺激的。
「花を嘗める」……人間とそうじゃない生き物が心を通わせる、とか、老婆の正体とかにときめいた。

 昨日読んだ本「黒猫と伯爵令息 お菓子の家のおかしな事件簿」
 雑誌掲載されていた頃から「この話好きー!」と思っていたので文庫化はほんと嬉しい。イラストも可愛くて眼福だし、大事に保管しておいて娘にも読ませたいくらい(笑)。書き下ろしの一編は「脱デコチュー」編とでも呼べばいいのかな、甘酸っぱさがたまらなかったです。双子の妹のエピソードもいつか読んでみたい!

 創作的小話。
 ずーっと書き続けている長編に戻ってまた長い旅をしております。これはいつになったら終わるのかな(オイ)。
2015_10
01
(Thu)14:08

多忙なり十月

 気づけばカレンダーは十月に入り、世間ではクリスマスケーキやおせちの予約がはじまったよという今日この頃。
 年末に向けてそろそろ準備をはじめる方もいらっしゃるのですね。
 かくいうあたひも2016年の手帳を購入、マンスリーは今年の10月から記録できるので予定を今の手帳を覗き込みながら書き写していたのですが……
 十月は多忙です(汗)。
 なんだかんだで毎日のように予定が書き込んである。おそろしや……
 ちなみに今週末はほーちゃんの小学校の運動会。今夜から天気が大荒れになるというのですが、予定通り運動会できるのかなぁ。すごく心配。
 それが終わったら実家に帰って病院行って、次の週末はさーちゃんの幼稚園の運動会。こっちは役員のお仕事もあるのでさらにバタバタすること必至。その前にコバ短を投稿しないと(珍)。
 二週間にわたる運動会が終われば少し落ち着くものの(?)、その翌週にはさーちゃんの遠足、さらに幼稚園と小学校の参観日が二日連続で行われるという(見事な図りっぷり)。月末には幼稚園のカレーパーティがあるので野菜切りのお手伝い(包丁持参で野菜を切り、食べないで帰る……幼稚園の園児と先生およそ400人分のカレーライス!)。
 なんか手帳見ているだけでぐったりしてきます(汗)。インフルエンザの予防接種とかも考えなきゃいけない時期ですよねー、子どもが三人とか四人とかいらっしゃるお母様が凄いと本気で思う今日この頃です(苦笑)。

 先週読んだ本「ベリーカルテットの事件簿 薔薇と毒薬とチョコレート」
 雑誌で読んだときよりも主人公のキャラがチャーミングになってる気がしたのは気のせい? 文庫化にあたってイラストレーターさんも変わっていたんだ、そうだったんだ(すっかり忘れている)。そう考えると雑誌で読んだものとは別物って感じですね。けっこう王道なミステリーになってました。続きは出ないのかなぁ……

 先週末に読んだ本「八番街の探偵貴族 始まりは、舞踏会。」
 表の探偵が「ベリーカルテット」ならばこちらは裏、という同じ時間軸で繰り広げられているミステリアスな物語たち。キャラクターもクセのある人ばっかりで深みにはまったら大変な目にあいそうです(何)。謎めいたヒーローとしっかり者の労働少女の組み合わせ、言葉のやりとりが微笑ましいです。

 昨日読んだ本「監禁愛アンソロジー」
 初ジュエルブックスです(電子書籍だと安く読めるのだね)。大人気TL作家陣による贅沢なアンソロ本。しかもテーマが「監禁愛」という……ワクワクしながら読んじゃいました(オイ)。女性向けなので「監禁」といってもエログロというよりは単にヒーローの愛情が迸っていてやらかしてる感じのキラキラしたお話の方が多いです(笑)。とはいえ、そのなかでも丸木文華さんの作品は異色でしたね。世界観にどっぷり漬かってしまいました……これ短編なの!? みたいな(ボソ)。

 創作的小話。
 ようやく「銀翼」をプリントアウトしました。ひとまず小学校の運動会前までに綴じて封筒に入れておきたい。幼稚園の運動会のときにはもう間に合わない(笑)。そんで天気が良い日に投函したいと思います。がんばろー。