2015_07
10
(Fri)14:01

突発的にヤゴを飼う

 じめじめした梅雨らしい日々がつづいてましたが、今日はようやく晴れの空を拝めます。セミの声も聞こえてきて、夏が近いのも頷けます。
 さーちゃんは今日で一学期のお弁当が終了。来週から早帰りの日々です。もう夏休みっ。
 ほーちゃんもまもなく夏休みに入るわけです。いろいろと持ち帰ってきます。ヤゴとか。

 ……ヤゴ、家に持って帰ってきて飼うなんて話、聞いてなかったんですけど(笑)。

 生活科の授業でプール掃除の前にみんなでヤゴすくいをするーって話は聞いてました。
 そんで、つかまえたヤゴを教室で飼育してるって話も。
 ひとり一匹ずつ持ち帰ってくるとは聞いてなかったよ。ひとり一匹!
 半分にカットしたペットボトルに水と木の枝とヤゴが入ってました。二日くらい餌あげなかったら旦那に「このままじゃ餓死するぞー」といわれたので昨日ホームセンターで冷凍赤虫と黒メダカを二匹買ってきました。
 ぜんぶペットボトルの容器に入れたらカオスになりました(当然)。
 ヤゴは動くメダカにさっそくちょっかい出してたのでいったん別容器に隔離。そしたら渋々赤虫を食べてました。五匹くらいちゅるーんと。
 今朝、メダカの一匹がお亡くなりになっていたので(たぶん酸欠)、ヤゴの容器に入れたら喜んで内臓を食べてくれました(オイ)。
 お食事していたのはほーちゃんが学校行っている間の出来事でした。なんかママの方がヤゴ観察日記書けそうだな(書かないけど)。
 生き残ったメダカもただいまヤゴっちと同じ容器のなかで泳がせております。こっちのメダカは元気です。ヤゴっちすごく食べたそうにしてるけど(笑)。メダカもちょっかい出されて逃げ回ってます。君は非常食だよ(非情)。
 なにはともあれ、ヤゴっちが無事にトンボになるまで見守ることができたらいいなぁ。

 ここ数日に読んだ本「少年舞妓・千代菊がゆく! 最初で最後の恋」
「少年舞妓・千代菊がゆく! 笑顔のエンディングに向かって」
「少年舞妓・千代菊がゆく! かまいませんよ、男でも」
「少年舞妓・千代菊がゆく! 大好きですよ、別れても」
「少年舞妓・千代菊がゆく! 一夜限りの妻」
「少年舞妓・千代菊がゆく! 十六歳の花嫁」
「少年舞妓・千代菊がゆく! 二人だけの結婚式」
 つ、ついに読み終わってしまいました。千代菊シリーズ。十二年前というとあたひゃ学生ですね、うひょー。どおりで年とるわけだ(今更)。
 切ない「最初で最後の恋」のエピソード、結婚を諦めさせるため奮闘する宗方さんに、急展開すぎるもうひとりの求婚者、まぁすったもんだあった末に三種類のマルチエンディングというラストまで凝った設定にぐうの音もでませんで。個人的にはソフトBLな感じのハッピーエンディングがすきです。最初の「一夜限りの妻」も捨てがたいけど、出雲大社駅でのラストシーンにしみじみ。
 長いシリーズを読み終えるときってなんだかまだ終わってないような感覚を持ちますね。この先の皆に幸ありますように。

 Web拍手お返事。
 7/5の朝早くに拍手をいただきましたー。ありがとうございますっ。

 創作的小話。
 ポメラでぽつぽつかいてる話はげんざい80枚目を通過したあたり。のんびりまったり。
 子どもたちが夏休みに入ったらまた滞りそうですが、少しでも進めていければいいなぁ。

 追記には先月の読書メーターまとめを載せておきますね~。

続きを読む »