2013_04
30
(Tue)16:45

四月のおわり

 ゴールデンウィーク前半は旦那のおじいちゃんの三回忌と動物園でした。
 法事の方はさーちゃんの関係であたひだけなかなか参加できずにいたのですが、今回ようやく家族みんなで行くことができました。お経を読んでいるあいださーちゃんがぐずっちゃうかと心配したのですが、そんなこともなく、無事に終わってよかったです。次は四年後かぁ……
 昨日行ってきた動物園はこぢんまりとしたところ(江戸川区にある行船公園内の自然動物園)ですが、以前ほーちゃんが二歳くらいのときに行って喜んでいたので今度はさーちゃんに見せてあげようという思いつきで昼頃に出発して夕方まで外にいました(笑)。さーちゃんはミーアキャットとワラビーとハイイロリスに興奮してました。帰りは都バスに乗って一時間くらい揺られてましたがここでもぐずることなく無事に帰ることができました。ゴールデンウィークだったこともあり混雑してたけどね。まぁ許容範囲でしょう(何)。
 今日はほーちゃんいつもどおりの幼稚園。明日はこいのぼりあげと柏餅の日だけど天気が心配な今日この頃であります。

 昨日までに読んだ本「緑のアルダ 石占の娘」
「緑のアルダ 荒れ野の星」
「緑のアルダ 千年の隠者」
「緑のアルダ 謀略の都」
「緑のアルダ 虹の白夜」
 創作仲間さんに譲っていただきました。今更ですがこの場をかりてありがとうございますっ。
 もう十年ほど前のシリーズになるのですね。なんだかそんな気がしない(笑)。
 ファンタジーって色あせないなぁ、というのをこういうときに感じます。
 物語の方はまだまだ続いていて、道のりは長いのですが……ゆっくり主人公たちの旅を追っていきたいなぁと思います。しょっぱなから用心棒くんが貧乏くじ引きまくってる感じでしたがそちらの方は落ち着いたかな~。

 Web拍手お返事。
 最新記事をはじめ過去の記事にいたるまでまんべんなく拍手をありがとうございます。
 過去のほーちゃんもうすぐ二歳の記事を読むとさーちゃんの成長具合の違いがよくわかります(苦笑)。
 あんまし喋ってくれないなぁとか(ボソ)。

 創作的小話。
 長編の方はちょっとした問題が発生したため一時凍結(要するに資料不足とかそういうこと)。
 書きかけの短編を先に形にしたほうがいいかな、と思い始めたところです。
 なかなか書き進められないけれど、書く事を忘れちゃいけないなぁという気分なのであります。
2013_04
23
(Tue)15:23

二歳へのカウントダウン

 げんざい一歳十一ヶ月のさーちゃんもいよいよ来月の四日で二歳のお誕生日を迎えます。
 ここにきてようやくお喋りが出てきたようで、「アンパンマン」「アンパンチ」「まんま」「まま」「ぱい」「わんわん」「ぶーぶ」「えび」「おっとっと」など、毎日のように口にするようになりました。
 なかでも面白いのが「ごらごんごーる」、これ、どうやら「ドラゴンボール」と本人、口にしているようです(笑)。「ぼーる」なら言えるのに「ドラゴン」はまだ言えないのだ。だから一緒にすると「ごらごんごーる」。ときどきイタリアのチーズと聞き間違えます(それはゴルゴンゾーラ)。
 とはいえ、まだまだ言葉より先に手や足がでることもしばしば。毎日のようにほーちゃんとおもちゃの取り合いやらお菓子の取り合いをしております(まさかアイスまで奪おうとするとは……)。
 昨日は友達の家の階段からくるくる回りながら転落して鼻血出しました@さーちゃん。少しだけ泣いて何事もなかったかのように遊びだしたのには驚いた。階段の上り下りがひとりでできるようになってからというものの、危うい行動とりまくりなのです。ほーちゃんと比べるとやっぱり活動的かも?

 それからほーちゃんが生まれた時から使っていたAB型ベビーカーがついに壊れました。
 慌てて近所のリサイクルショップに行ってB型ベビーカー購入。片手で事足りることでおなじみのコンビ ベビーカー combi F2 AB-240 オイスターホワイト(WH)。オイスターホワイトって色なのだ(白でいいじゃん:笑)。
 まともに買うのより半値以下でゲットできました(笑)。おいおいオプションは揃えるかもしれないけど、いい掘り出し物でした。わーい。
 いままでのベビーカーが重すぎたからか、この軽さに最初驚きました。ほんとに片手で折りたためる(オイ)!
 三歳まで使える仕様だし、自家用車のない我が家のことです、なんだかんだ毎日のように活躍すると思います。

 先週読んだ本「王子様の猫」
 気になるソーニャ文庫の創刊ラインナップ本。歪んだ世界で紡がれる残酷さと美しさを併せ持つおはなし。
 ある意味これもストックホルム症候群なのかな~。絶望的なまでに甘美な閉塞感が漂っていて、それでいて最後まで抜け出せない麻薬のようなエンディングが待っています。狂いゆく中で起こるどんでん返しが素敵。

 先週末読んだ本「暗殺姫のアドレッセンス ~陰謀は金のツンデレ王子~」
 昨日読んだ本「暗殺姫のアドレッセンス ~誓いは白の目覚める姫君~」
 一巻だけ読んでいてその後ご無沙汰になってたシリーズ、完結していたことを知って二巻と三巻一気読み。
 だけど主人公たちを差し置いて脇役の方が魅力的に見え出した(あれ?)。最終巻なんてほんと花嫁を送り出す父親のような兄的存在が美味しいところかっさらっちゃってます。主人公たちも頑張ったと思うけどね(笑)。

 Web拍手お返事。
 先日の日記に拍手をありがとうございます!
 もうすぐゴールデンウィークですね~。早い早い。

 創作的小話。
 何も進展してません(逃)!
2013_04
17
(Wed)15:47

南から春の突風

 今日は暖かくなると言っていたのだがまさかこんなに強い風が吹くとは思わなんだ……
 というくらい強い風が吹き荒れております。こりゃ外遊びできないわぁ。
 なのでほーちゃんは幼稚園が終わってお昼ご飯を食べてから近所のお友達のおうちへ。
 さーちゃんは家でゆっくりお昼寝中。そろそろ起きそうだけど(汗)。
 今週末から家庭訪問も始まるそうで、我が家は来週の月曜日に組まれております。
 まぁ、今回の担任の先生は去年も年長組を担当されているので安心してお任せできると思います。バス通園だとなかなかお話する機会ないんだけど(オイ)。

 さてさて、ここでさらりとcobalt最新号ヒトコト感想を。
「伯爵と妖精 ―春を待ちわびて―」……本編完結おめでとうございます、なんだかこの通りの未来が見えそうで微笑ましくなりました。
「ベリーカルテットの事件簿 落ちたブロンズ像と奇跡の姉妹」……推理物としては物足りない感じだけど舞台設定や身分差のあるヒーローとヒロインのやりとりにグッときました。
「体育館と秘密のスケッチ」……前作の続編ともとれるけど、今回の話もまた独特。
「有閑牧師のスイートレシピ」……牧師さんがヒーローって珍しいですね。しかも独占欲丸出しな気が(笑)。
「そろばん姫の甘やかな計算違い」……面白かった! 旦那さんのキャラクターが好き~。
「ハーフ・クラウン ~王公爵夫妻の蜜月~」……これも蜜月? と多少疑問に思うところもあれど、続きが気になる終わり方であります。
「ベルジェ伯爵家の夜の秘密」……秘密がわかってからのふたりの夜の過ごし方がとても気になります(ボソ)。
「月の王冠」……イラストが素敵。最後の最後であの展開にびっくりでした。
「吸血鬼は炎を越えて」……オチに笑ってしまいました。ほんとに遠足みたい。
「キョンシー・プリンセス ~乙女は糖蜜色の恋を知る~」……キョンシーにまで姫がつく時代(笑)。タイトルのインパクトそのままに、ヒロインの危うい恋を追体験した感じです。
「狼王子に捧ぐ億万のキス」……ヒーローが色っぽい。だけどアラビアンな話ってどれも似たような印象になっちゃうなぁ。
「花嫁は極彩色の夢の中」……王道な感じもするけど嫌いじゃないなぁ。読みやすい。
「ミエナイ糧」……説教臭い話でしかも最後の方グダグダですがこの人じゃないと書けない感じの深い物語だなぁって思った。
 ……蜜月特集、もっと甘甘な話が読みたかったなぁ(ボソ)。新人さんたちの作品の方が色っぽかった気がする。

 一昨日読んだ本「不埒なロマンス小説の書き方」
 面白かったです、めんどくさい俺様男の乙男! というかエロガッパ公言してよろしいのでしょうか(笑)。
 小説家小説としても編集者ヒーローの言葉のひとつひとつが身にしみる(?)ためになるストーリーになっております。エロいけど(←これ褒め言葉)。イラストもまさかあの方が描かれたなんて、とちょっと驚きでした。次回作も楽しみです♪

 昨日読んだ本「罪恋 花嫁は兄に奪われて」
 乙女向けゲームやドラマCDのシナリオを書かれてる方が書かれたロマンス小説、とのことで興味深く読ませていただきました。婚約者に恋ができないまま初恋の実兄に溺れていくヒロインの姿が可愛いです(ぇ)。周りのキャラもいい人ばっかりでそれがちょっと物足りなかった(笑)。

 Web拍手お返事。
 過去の日記にパチパチ拍手をありがとうございます。
 いきなり三年前の日記記事に拍手されたりするとそれはそれで驚きますね(な、なにがあったんだ……?)。

 創作的小話。
 まったく違う世界の話がぽっと浮かび上がってきてそれを短編にしたくなってきた(謎)。
 長編はエロマンティック路線(仮)で書いていきたいなぁ……
2013_04
08
(Mon)16:45

おめでたいことの連鎖

 旦那サイドの友人はほとんど既婚者なのですが(同学年なのに:笑)、ようやくあたひの友人たちが結婚ラッシュに入ったらしく、先月ひとり、来月もうひとり(おめでた婚)、そして昨日友人からメールで知ったのだがもうひとりも秋頃結婚式を予定しているなんて話を聞いて「なぬ!?」と恐れおののいている今日この頃だったりします。
 ……続くときは続くんだよね。今年はうれしはずかし寿貧乏なのだ。
 しかもあたひの場合、放置できない乳幼児ことさーちゃんがいるため、遠く離れた結婚式場に行って直接お祝いするのが難しかったりするのが悲しいところ。そのため三月(鎌倉の教会で挙式をしたとか……遠すぎる)と五月挙式(東京某ホテル)の友人には「乳飲み子がいるから申し訳ない!」と平謝りでお祝いの品を送って(五月の友人にはこれから贈るところ、赤ちゃんが生まれるから玩具も一緒にあげたいな、なんて考え中)おります。
 さーちゃんの乳離れは夏頃(二歳三ヶ月くらい?)できたらいいかな、なんて思ってるんだけど、秋挙式の友人のときにはお祝いに駆けつけることができるかなぁ……まだまだ予定は未定なのでありまふ。
 来年になればほーちゃんも小学一年生だし、さーちゃんもちゃんとしゃべれるようになっているだろうから思う存分(?)友人たちと遊んだりできるだろうけど(笑)、もうちょっとの辛抱かな~?
 なにはともあれ、おめでたいことが連鎖しているときなのだ。

 月初めに読んだ本「白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの」
 展開がガラリと変わる第四巻。新たな登場人物も加わり、物語の深層に更に食い込んでいった感じ。
 主人公夫婦は三巻の疵を引きずっているものの、それどころじゃなくなってきているような。
 とはいえラストシーンに既視感を覚えるのはなぜだろう。どっかで似たようなシチュエーションを読んだのかなぁ……

 昨日読んだ本「伯爵と妖精 白い丘に赤い月満ちて」
 祝本編完結! 九年間も続いていたのですね。読み始めたのが学生時代だったから……そう考えると主人公たちの愛の軌跡を辿るだけで当時の自分がわかってしまうという(笑)。自分が結婚した時とリディアが結婚式した時がほぼ同じなんです(←どーでもいいって)、だから実家から結婚していまの家に住んでから本棚に並んでいるのは既婚後のエピソードだけ(←更にどーでもいい)。深夜枠で放送されていたアニメもはじめの数話は頑張って見てたなぁ(遠い目)。機会があればまたみたいな~。雑誌でも完結記念の小冊子が付録についてて真っ先に読んでしまいました。ってどんどん話がずれてます(逃)。
 今回ぐっときたのはアーミンの選択とニコのエピソードです。特にアーミンとケルピーの同志のような関係、好きでした。

 Web拍手お返事。
 ここ数日の記事にパチパチありがとうございます~。
 さーちゃんも気づけば一歳十一ヶ月目に突入です。ようやく「おいしー」とか「わんわん」とか言い始めた感じです(お姉ちゃんと比べるとほんとゆっくりだ~)。

 創作的小話。
 ここ一週間文書を開く暇がなかったため動きはないです。
 メモ帳に手書きでアレコレ書いてるけど、プロットと呼べるほどの物体でもないなぁ(汗)。

 それから先月の読書メーターの記録を追記に載せておきます。
 相変わらずマイペースな読みっぷりです。

続きを読む »

2013_04
02
(Tue)15:07

春の雨と桜の四月

 ……もう四月ですか(汗)!
 一年の四分の一が終わってしまった(笑)。
 新年度ということで昨日から頑張るぞ、なんて人も多いでしょうが、残念ながらあたひゃそれどころじゃありませぬ。とりあえずブログのテンプレートを春にしたよ。桜だよっ。
 ほーちゃんの春休みもあと十日で終わります。早いっ。本当に年長さんになるのだなあ。
 とはいえ宿題のすうじのドリルがようやく半分? ちゃんと終わるのかなぁ(苦笑)。
 とりあえず残り十日弱、ほーちゃんさーちゃんのいる毎日、バタバタしながら過ごしております。

 先月読んだ本「白竜の花嫁 隻眼の黒竜と永遠を望むもの」
 この方の作品を読むときってなんか身構えてしまう(笑)。げんざい最新刊をゆっくり読んでるところであります。
 いやはや、またもや心を抉られてしまいました。少女向けでここまで残酷になれるのはある意味凄いと思うのですが(ボソ)。でもまぁトラウマになるほどではないか(何)。竜と人間の究極の愛の哀しくも美しい末路。
 桜の季節にぴったりで、イラストも美麗で、読後感がまたあとを引くのです。後味悪いのすら魅力に感じてしまう……

 雑誌コバルト最新号は明日あたり届くと思います(←ネット注文)。
 最近投稿してないから発売日に慌てて買わなくなった……いいんだか悪いんだか(笑)。
 でもまぁ、届いたらいつものように楽しく読んじゃうと思います。
 一緒に創作仲間さんの最新刊も買ったのだ。こっちも楽しみです、エロマンティック♪

 創作的小話。
 少女向けか乙女系か微妙な長編を書き始めているところ。とりあえずソーニャさんとこの形式で文書設定してみた。序章4枚くらい書いてます。