2013_03
26
(Tue)16:31

桜散歩

 東京ではすでに満開を過ぎている桜も、こちらではようやく八分咲き、な感じです。
 ここ数日また寒い日が続いていることもあって、散っているものも少ないです。
 今週いっぱいは楽しませてくれるかな。
 近所の公園の桜もちらほら見頃を迎えていて、通りかかるたびに意味もなく頬が緩んでしまいます。
 子どもたちはそんなあたひを見て不思議そうにしてるけど、「桜きれいだね~」と言うあたひの言葉にほーちゃんも素直に同意してくれます。彼女の場合、黄色い菜の花の方が好きみたいだけど(笑)。
 杉の花粉も半分以上飛んでいったのでようやくマスクなしでの外出が叶うようになりました。まだ目がかゆいとか鼻がムズムズするとかはあるけど……
 気づけば三月下旬。もう春、なのですね(今更)。

 先週読んだ本「花神遊戯伝 ひとひら恋せ、闇告げる王」
 新章突入、とでもいいましょうか。危険人物が実はこんな身近にいたなんて、という衝撃の展開をしょっぱなからお見舞いされました……というか一癖も二癖もある危険人物(?)が多いんですよねこのシリーズ(ボソ)。それでもめげずに頑張る主人公に共感してしまいます。あと前の緋宮さんの素顔(?)が見られたのがヨカッタ。

 昨日までに読んだ本「上海恋茶館 待ちぼうけのダージリン」
「上海恋茶館 アール・グレイは琥珀のくちづけ」
「上海恋茶館 ジンジャー・ティーは熱くまろやかに」
 気になっていたシリーズ一気読み。全三巻でとりあえず完結しているみたいだけど、あたひ個人としてはもっと読みたかった(笑)。和洋折衷の混沌とした時代を舞台に繰り広げられるミステリアスでロマンティックな物語。読み終えたあとも余韻が残る感じが好きです。モヤモヤして物足りない、って感じにも捉えられるけど。
 読みながらロイヤルミルクティーを味わったのでした(ラム酒入り)。至福。

 創作的小話。
 なかなか進められないけれど、書きたい気持ちが膨らんできたからそろそろ。
2013_03
21
(Thu)15:34

春休みがはじまった

 ほーちゃんの幼稚園も火曜日に終業式があり、年中さんの一年が無事に終了しました。
 新しいクラス名簿も配られ、四月からいよいよ年長さんになるわけです。ちなみに来年はほし組になるそうです。なんだか宝塚みたいだ(笑)。
 そんなわけで昨日から春休みに入ったほーちゃんも含めて家でのんびりしたり、さーちゃんと散歩したりしております。昨日はリニューアルした柏の葉のららぽーとに行ってぶらぶらしてました。明日は新三郷のららぽーとに母と一緒に行く予定。なんだかんだ休みの間は近所のヨーカドーやショッピングモールなどをぶらぶらしていることでしょう。花粉が飛んでるからなるべく公園は行きたくないけどそうも言っていられないかな~。

 ここ数日に読んだ本「赤×ピンク」
 角川文庫版。十年近く前にファミ通文庫で読んだけど、いま読むとこれはこれで堪えるものがありますなぁ……
 結婚って言葉が非現実的だったあの時より、女の子たちの姿が生々しく感じられた、気がする。

 一昨日読んだ本「花神遊戯伝 よろしく誓え、この異世界」
 とりあえずここでひとつの区切りがついたような感じ(いま最新刊読んでる)。
 一巻のときのような衝撃は落ち着いてきたものの、それでもまだまだいろんな伏線が隠れていそうで読んでて悶えてしまいまする。特に朝火さん(笑)。SでMなキャラ萌え。

 創作的小話。
 長編に向けて資料を探すも、マニアックすぎるのか本屋で見つからない(苦笑)。
 どーしょもなければファンタジー方面に逃げるかも(仮)。
2013_03
15
(Fri)17:25

花粉と煙霧と乳腺炎

 お久しぶりのブログになってしまいました(泣)。
 どうにもこの季節は花粉に悩まされ何もする気が起きなくなってしまいます……
 特に今年は酷いからねぇ、ようやく半分位スギの花粉が吹っ飛んでいったそうですが。
 ひどいといえば煙霧もびっくりでした。空が真っ黄色になってて恐ろしかった……
 そして自分的にいちばん酷かったのが乳腺炎です。あれは酷い。
 授乳中の女性にしかわからない話でしょうがあれは痛いです。
 あたひの場合、右側だけ突然腫れ上がってパンパンになっちゃって(しかも夕方から夜にかけて)。
 あれよあれよというまに熱が出て、夕方発症時は38度だったのに旦那が帰ってきたら40度超えまして。
 ……インフルエンザより熱上がっちゃったよ(笑)!
 慌ててロキソニン飲んで痛みを散らし、寝る前にはかったら39度台に落ち着きました(旦那には「それで下がったとはいわない」と呆れられましたが)。
 翌朝には無事に平熱に戻りましたが、一日で40度から一気に下落したこともあり身体のあちこちがいまだに本調子ではありませぬ。胸の痛みも落ち着いてはいるけど、油断したらまたなりそう(逃)。
 なにはともあれ、健康って大事だ~、と通年以上に痛感している今日この頃でありまふ。

 先週読んだ本「少女七竈と七人の可愛いそうな大人」
 文庫版で再読。なぜか急に「このまま春が来る前に読まねば」と手にとっていた一冊。
 実家で単行本を読んだ時より周囲に気を配って読めた感じがする(笑)。あと梅木さんのことがよくわかったかも(何)。

 先週末に読んだ本「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet」
 こちらも角川文庫版で再読。九年前の作品だと今さらのように思い知り時間の経過に愕然。
 たしかに最初にフジミス版で読んだとき、学生だったような@自分。
 なのに今読んだ方が泣けちゃうのはなんでなんだろう。年取ったなぁ。

 昨日読んだ本「推定少女」
 またまた角川文庫版の再読。やっぱり九年前の作品で、だけど色あせた感じは全然なくて。
 久しく忘れていた思春期特有の焦燥感を肌で感じたような気がする。むしろ自分がこれからそういう少女たちの母親になるんだな、なんてそう遠くない日のことを思い知るのだ。やっぱ年取っ(以下略)。

 創作的小話。
 体調が不良気味なのとほーちゃんが幼稚園もうすぐ春休みなのでしばらくお休みします。
 まぁ頭のなかであれこれ考えてはいるでしょーが。
 それより年長さんになる前にぞうきん縫わないと……!
2013_03
06
(Wed)16:19

少しずつ春

 気づけば二月が終わり、少しずつ暖かい陽気が増えてきた三月の今日この頃。
 近所の梅も白い花をつけはじめ、ほーちゃんが「桜だー!」と勘違いしている今日この頃であります。
 というか三月に入ってから急に花粉症の症状がひどくなったぞ(汗)。
 今年はほんとにひどそうなのでなるべくマスクつけて外出するようにしまふ。
 娘ふたりもアレルギーのきらいがあるし、旦那も目がかゆいと騒いでいるからしばらくは家族みんなで苦しむことでしょう。ティッシュの消費量が増える……

 先月読んだ本「ゴシック・ローズ 魔女の代償」
 新キャラの女の子が可愛くて意地悪なんだけど憎めなかったなァ。
 個人的に今回も霊感三姉妹と主人公とのやりとりがツボでした(笑)。

 今月に入って読んだ本「監禁」
「虜囚」
 先月二十日に創刊されたソーニャ文庫から目玉であろう作品を一気読み。歪んだ美しい愛の数々に期待してるよ~(こういうの大好き)。
 さてさて「監禁」「虜囚」。タイトルからして気合入ってるなぁと思わずにいられない(笑)。「監禁」では姉サイドの物語が、「虜囚」では弟くんのヤンデレがしっかり見られる作りになっております。
 禁断の姉弟愛、しかも壊れた弟くんの病みっぷりが素晴らしい。腹黒を通り越してる気がしないでもないけど……

 昨日までに読んだ本「赤いくつと悪魔姫」
「悪魔姫と黒やみ姫」
 創作仲間さんに一巻を譲ってもらい、その後古本屋で続刊を見つけたのでようやく読みました(遅)。
 初期のビズログって感じの現実と不思議が織り交じったノスタルジックな味わいのあるお話です。
 続きがでていればもっと主人公の謎めいた母親のこととか詳しくわかったんだろうけど、これはこれでいいような気がするな。もやもやした感じも味わいだろうから。

 創作的小話。
 長編(できればソーニャあたりを視野に入れて)に向けて資料を揃え直しているところ。
 モチーフがようやく見えてきたあたり。

 Web拍手お返事。
 先日の日記に拍手をありがとうございます!
 ようやく春めいてきましたね~。

 以下は先月の読書メーターまとめになります。
 少ない……

続きを読む »