2013_02
26
(Tue)13:56

つかの間の休息

 昨日から再びほーちゃんの一日保育が再開し、すこしばかしゆっくりできる時間が増えた……はず。
 昨日の夜はなかなか寝てくれなかった(というか何度も目を覚ましていた)さーちゃんも、いまはぐっすり昼寝中。
 せっかくなので旦那がもらってきた国産レモンを使ってケーキを焼いてみました。
 果汁をひとつまるごと絞り、皮もすりおろしてホットケーキミックスと卵とバターと砂糖などを混ぜてオーブンで焼くだけの簡単なお菓子です。このあいだはパウンド型ででぇい!と焼いて焼きたてを遊びに来ていたほーちゃんの幼稚園のお友達のおやつにしました。
 今回はカップでちまちま焼いたのですが、残念なことに生地が膨らみすぎてカップから溢れる事態に(汗)。まぁ、焼き具合は上々だし、基本的にママのおやつなので(笑)、見た目の残念さは無視しましょう。
 これで冷蔵庫に残るレモンはあとふたつだ(十個もらってきてそのうち二つがカビて使えず、残りはお菓子作りに大量投入)。案外レモン使ったレシピって限られちゃうものですね……

 先週読んだ本「恋するエクソシスト3」
 どんどん食堂がカオス化している(汗)。そんななか新しいキャラクターも加わって、それがまた濃厚だったりして(笑)、どんどん先が読めなくなっております。あと、金ちゃんと佐々子の友達以上な関係のやりとりに和みました。表紙になってたオーギュストさんも見えないところで頑張ってたと思います(ボソ)。

 昨日読んだ本「花宵の人形師 あるじ様の熱情」
 前世の因縁が明かされ、とりあえずいろんなことに一区切りがつく最終巻。
 いきなり舞台がフランスになって主人公の恋愛模様が加速しだしたり死神さんふたりの重たい空気に圧倒されたりもしましたが、最後落ち着くところに落ち着いてヨカッタね、でいいんじゃないでしょうか(投げやり)。
 もうちょっと踏み込んでセリーヌさんとルイスの恋の鞘当とか読みたかったなぁ。

 Web拍手お返事。
 先日の日記に拍手をありがとうございます。
 ようやくインフルエンザが落ち着いたと思ったら今度は花粉症が始まります(汗)。鼻がムズムズするー。

 創作的小話。
 本屋で新レーベルの文庫を発見してそこが原稿募集していることを知ってただいま出してみようかな、と考え中だったりします。平積みになってた本が宝石みたいに見えたんだよ~(ヲイ)。
 まぁ、長編なので書くとなるとかなり時間かかると思うけど……書きたいなぁ。
2013_02
21
(Thu)16:34

おとなの歯

 今朝、幼稚園に行く前にほーちゃんの前歯が抜けました。
 数日前から「歯が痛い~」と言っていたのでひどいようなら歯医者に連れて行かなきゃいけないかな、なんてことをぼんやり思っていたのですが、虫歯じゃなかった(笑)。
 そうか、もう乳歯から永久歯に生え変わる時期か!
 お友達のなかではもう三本くらい抜けている子もいるそうですが、それでも早いような気が……旦那も驚いてた(笑)。
 なにはともあれこどもの歯からおとなの歯へと変わるのであります。うひゃー。

 インフルエンザの最中に読んだ本「英国マザーグース物語 裏切りの貴公子」
 三連休に寝込んでいて熱が落ち着いたところで読み始めたら読み終える頃には熱が上がっていたという(笑)。
 それだけ面白かったんです(ぇ)! 貴公子が誰なのか読後に「ぉお」と思えるところがまた良いデス。
 早く続きが読みたいな~。

 昨日までに読んだ本「シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と灰の狼」
「シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と虹の後継者」
「シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と水の王様」
「シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と金の繭」
 バレンタインの時期になると妙に読みたくなる(笑)。
 そんなわけで銀砂糖妖精編と砂糖林檎編、最新刊まで一気に読んじゃいました。特に「水の王様」の表紙イラストが美しすぎます。物語もとっても繊細で美しい!
 最新刊ではまさかの急展開に目が点状態。次から次へと降りかかる困難だけど、これからも努力家の主人公をはじめ、人間味溢れる職人さん、妖精たちを見守っていきたいな。

 今日は幼稚園の個人面談でした。
 ほーちゃんはお友達のおうちに預けてて、もうちょっとしたらお迎えに行くところ。
 幼稚園の先生にはお姉ちゃんしてますね、と言われたけど……どうなんだろう(笑)。
 四月からいよいよ年長さんなのだ。早いなぁ。

 Web拍手お返事。
 先日の日記に一件拍手をいただきました~。
 ありがとうございます! インフルエンザようやく落ち着いてきましたがまだまだ油断は禁物ですね。
2013_02
19
(Tue)15:56

インフルエンザ襲来

 と、いうわけでまたまた間が空いてしまいました。
 節分が終わってからほーちゃんがインフルエンザのB型にかかりまして。
 幼稚園は約一週間の出席停止となりました。
 それからしばらくしないうちにあたひの方に罹患しまして。
 大人になって久々に39.5度なんて高熱を体験してしまった今日このごろです。
 ちょうど三連休にぶつかったこともあり、家にあった解熱鎮痛剤(ロキソニン)だけで格闘しました。
 というか三連休はずっと布団のなかにいたような(笑)。
 そんな母親のそばにいたさーちゃんも当然、罹患。
 だけどさーちゃんは予防接種していないにも関わらずさほどインフルエンザ症状に悩まされた感じはなく。
 ちょっと熱があがってだるそーにしてたくらい(オイ)。
 それで先々週からぐだぐだしていたこともあり。
 ようやく落ち着いたので先週末に実家に戻り、いつもの薬(アレルギー外来)をもらって来れたのでありました。
 ちなみに今週から幼稚園、個人面談がはじまったのでお弁当なしで早帰りです@ほーちゃん。
 ……あたひの自由はどこいった(泣)!?

 今日はようやくお雛様を出せました。
 外は小雪がちらついております。
 珍しくさーちゃんが二時間以上昼寝をしております。平和だ(笑)。

 そんなこんなで本もいろいろ読んだのですがとりあえず今日はCobalt3月号ヒトコト感想をば。
「贅沢な身の上 ときめきは月の砂漠を越えて!」……笑ってしまった。ときめき外交員、素敵。
「天を支える者 外伝 憧れは遠くに置きて抱くもの」……すごく久々~。でも本編未読だからよくわかんない(笑)。
「王立図書館の笑わない司書」……表情の読めない主人公って好きだなぁ。いろいろ設定が美味しい。
「亡霊図書館の公爵様」……このまま文庫化するんじゃないかって感じの展開。本が襲ってくる図書館って……
「冥界書楼ビブリオテカール ~禁書局妖書目録~」……タイトルと内容が合ってないような気がするのですが。
「公爵様のパティシエール 黄金のマドレーヌ」……自分も一緒にお菓子を作りたくなってしまった。
「薔薇色の化粧師」……いつもの作品より大人っぽい感じがするのは主人公が手に職を持っているからかな。
「天使の王冠はかたむかない 王女殿下は恋愛小説家!」……一人総選挙第一弾。タイトルがいいなー。
「砂漠の千一昼夜物語 ―幻の王子と悩殺王女―」……流行りのアラビアンファンタジー(?)、文章がこなれてて読みやすかったです。
「天使の弓は野ばらで射て」……王道っぽい可愛らしい作品。天使さまたちのキャラクターがまた面白い。
「園太の庭」……ちょっと排他的で懐かしくもあり切なさもある微BLっぽい感じが好き。

 Web拍手お返事。
 ブログ留守にしているあいだも拍手をありがとうございます~。
 以下、お返事です。

続きを読む »

2013_02
04
(Mon)13:19

節分に寿司

 昨日は旦那の実家に遊びに行き、夕方には回転寿司に連れて行ってもらったのでした。
 とはいえ、生ものが苦手なあたひはお寿司よりもうどんや肉寿司などを注文してましたが(笑)。
 節分の日で日曜日だったこともありお店は盛況でした。恵方巻きは食べなかったけど(そもそも関西の風習だからあたひらには縁がない)ほーちゃんも満足してたしまぁ良かったかな。
 豆まきは幼稚園でしたそうなので家ではしてません。ほーちゃんいわく「家に赤ちゃんや犬や猫がいる家には鬼が来ないから大丈夫だよ」とのことですが……聞いたことないんですけど(汗)。まぁいっか。

 さーちゃんはまだお寿司よりフライドポテトやうどんです。今日で一歳九ヶ月になりましたー。
 そろそろ喋ってもらいたいものですが喃語ばかりで相変わらず「まま」「まんま」「むね(おっぱいを要求する際に使用)」「ぱぱ?」くらいしか口にしません。パパは「ぱ、ぱ」だったり「ぱーぱー」だったり。
 とはいえ周りの人間が言ってることはちゃんと理解しているようで、ほーちゃんの幼稚園の送り迎えの時間になると自分からテレビの電源を消したり靴下を持って外に出たがったりします。
 来月辺りまた保健センター行って発達の検査受けないといけないんだけど、この調子なら大丈夫かなぁ……?

 創作的小話。
 書きかけの短編「覇王」があったので久しぶりに文書を開いてみた。クセがある物語で、プロットはできているんだけど登場人物たちがなかなか腰を上げてくれない(笑)。しばらくラブロマンス方面ばっかり浸ってたから良くも悪くも文章の硬さが目に付く……しっとりした話を書きたかったんだろうなぁとは思うけど逆に重くなかろうかと今更感じたり。
 ま、しばらくはのんびりこの子と向き合ってみようかと思ったのでありました。

 追記には先月の読書メーターを載せときます。
 久々にお菓子のレシピ本も買いました。バレンタインに向けて何か作りたいなぁ……

続きを読む »

2013_02
02
(Sat)23:51

燃え尽きて二月

 ……うわー、十日以上ブログご無沙汰にしてしまいました(泣)!
 すみませんお久しぶりです、幼稚園でインフルエンザの学級閉鎖があったり水疱瘡が流行っていたり我が家の無線ルーターのアダプターが壊れて先日までパソコンからネットができなかったとか色々あったのですがなんとか生きてますよ~。

 無線ルーターは五年以上使ってました(だって結婚して引っ越してくるときに旦那が実家から持ってきたんだぞ)。アダプターの根元がきれいに断線しました。ぷっつん。
 アダプターだけないんですかと電器屋にきいたらあっさり取り寄せですと言われ、新品買った方がいいよとおすすめされたので旦那と相談して新しい子を迎えたのでありました。
 有線だと危ないのだ。ただでさえさーちゃんいたずら真っ盛りなのに(汗)。

 ちなみに。ネットに不自由している間はここぞとばかりに小説書いてました(オイ)。
 その追い上げもあったからか、1/31消印有効のジュリエットさんの乙女ノベル新人賞、どうにか出せた感じです。ふー。

 そんなわけで読んだ本もざっくばらんにご紹介。
 ジュリエットの締切が迫ってたから妙にラブロマンスに傾いてました(わかりやす……)。

 先月読んだ本「花魁令嬢 華の秘密は情火に燃えて」
 一冊くらいジュリエット文庫読んどかないと、と思ってたらちょうど新刊が花魁モノで出てたという素敵な運命の一冊。
 花魁になったご令嬢の数奇な運命がまたたまりませぬ。こういう設定アリなんだ(何)。

 先月読んだ本「紅椿 束縛花嫁」
 こちらはティアラの最新刊。久々に発売日に食指が動いたよー。
 日本特有のSM文化が花開いた一冊です。ふたりのドラマに感動。それより麻縄登場頻度高すぎ。

 先週末読んだ本「王子と娼婦 Brilliant Lovers」
 こちらは積ん読になってたティアラさん。
 打って変わって活動的なヒロインと三十代の王子様の恋の駆け引き(違)。
 最初から最後までラブシーンたっぷりでありながらドラマティックな一冊でした。

 今週読んだ本「恋人たちのファンタジー・ヒストリカル 愛は英国妖精の呪いに導かれて」
 ヒーローの「愛し合っただけさ!」のヒトコトが素晴らしい(何)。理系ヒロインも新鮮。
 こうしてみるとロミジュリシチュエーションもラブコメ風になるんですね。

 昨日読んだ本「伯爵と妖精 祈りよアルビオンの高みに届け」
 完結まであと一冊というところでまさかの新キャラご登場。
 家族仲良く水入らずの時間が切なすぎる……

 いまは昨日買ってきた雑誌コバルト最新号を読んでます。
 たぶん一週間くらいで読み終わるだろうな……

 長くなったので創作的小話は追記にて(逃)。

続きを読む »